お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

アイヌの人たちと行器(ほかい)

2016-10-14 13:13:51 | いろいろ


写真は、明治時代の絵葉書です。
「アイヌの祝宴」とあり、多分にヤラセの写真になっていますが、それでも彼らの誇りは伝わってきます。
いくつかの行器がありますが、中央のものが古手のように見えます。
イザベラ・バードの『新訳 日本奥地紀行』(東洋文庫)にも行器の記述があります。
彼女は1878年(明治11年)に、東京~北海道を旅してそれを記録しています。
平取のベンリというアイヌの家にたくさんの日本の骨董品があり、そのなかに
「24もの漆製の脚付きシントコ[行器]」があったことが書かれています。
これらの骨董品に、お金ならいくらでも出しますと言っても、低く歌うような声で「私たちの祖先に親切だった人々から贈られたものなのです。お売りするわけにはいきません」と答えたそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 室町時代の行器(ほかい) | トップ | 根来菓子盆 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。