お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

宮本恒平の油絵

2017-07-16 10:35:59 | 古いもの


フランスの田舎の風景と思われる1923(大正12)年作の絵です。
不思議なゆるさと心地よさが伝わってきます。
この時代(大正~昭和初)の洋画は、描き手の切実さがあふれるのですが、それとはちょっと違った面白さがあるのです。
恒平(1890-1965)は、経済的に恵まれていて生涯気ままに絵を描きつづけた人。
作品はあまり残っていません。

 (45×52センチ 額無し)
  <売約済みになりました>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 合鹿椀 | トップ | 李朝染付壷 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。