お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

青磁象嵌の初期伊万里

2017-04-23 14:27:57 | 古いもの

 

三羽の鶴と雲が古風で愛らしいです。
鶴の目や羽先には黒っぽい染付がされ、最後に青磁釉がかけられています。
百間窯で焼かれたといわれています。
茶入れとして伝世してきましたが、香炉の転用だったかもしれません。
 
 「春の鎌倉古美術展」に持っていきます。
  2017年5月6日(土)、7日(日)
11時~17時30分
  西御門サローネ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐波理 鉢 | トップ | 春の鎌倉古美術展に持ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古いもの」カテゴリの最新記事