お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

献上唐津茶碗

2017-06-09 13:58:06 | 古いもの



腰の張った安定感のある器形です。
全体に雲鶴文の印刻象嵌がありますが、使い込まれて馴染み、古格さえ感じます。
高台の削りは鋭く、灰釉を四角状に掛け残しています。
唐津、唐人町の御茶盌窯で焼かれたもので、江戸時代中期のものと思われます。
写真にあるように、何本かのニュウがあり、縁には修理があります。
古い漆の修理が一部浮いているところがありますが、使用には問題ありません。

 (口径11センチ、高さ9,2センチ、高台径5,4センチ)
<売約済みになりました>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤い招き猫 | トップ | 縄文時代のネックレス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古いもの」カテゴリの最新記事