お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

永楽保全 伊賀うつし

2017-05-17 13:49:08 | 古いもの


  

江戸後期の京焼の面白さを知ったのは、ここ数年のことです。
保全の写しものは、華美な世界に収まりきれないところが好きでしたが、
この伊賀のうつしには、驚きました。
骨太で彫刻的で、これほど造形力のある人だったとは。
支援者であった、三井か鴻池所蔵の古伊賀水指しをうつしたと思われますが、質の高い現代彫刻を見ている感覚に陥ります。
伊賀の土が使われていて、精作にしか押されなかったという「河濱支流」の丸印があります。
江戸時代の元箱があり、底には文政元年(1818年)の年号が入っているので、保全青年期(23歳頃)の作だということがわかります。保全の経歴や伝承には、意外なほど不明な点が多いので、貴重な事例かと思われます。

 (高さ29センチ、口径9,5センチ、底径11センチ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大隅剛さんの展示会始まる | トップ | 縄文時代の石器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。