buriのフリーランスな日々 

東京武蔵野、赤松や桜、ドングリの木々に囲まれて育ち、原宿で青春をすごした後、中国と深く関わったburiのメモブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウォン安で泣く留学生

2008年12月14日 | おもちゃ箱
友人のヨン様ファンが韓国に行きます
今年4回目だそうです。何しろ、今は円高ウォン安
ヨン様ファンにとっては絶対に逃せないチャンスです

逆に韓国からの留学生たちが日本での生活危機に襲われています
私たちの学校の学費は1年約100万円(弱)
それがウォン計算すると180万近くに跳ね上がっているのだそうです
自分たちの生活費はアルバイトや奨学金でまかなっても、学費は
両親に頼って仕送りしてもらっている学生が多いはずです
親孝行の韓国人学生たち
彼らの不安は大きくなるばかりです

実際に来年の3月、泣く泣く進級を断念する人が出てきそうな気配を感じます

私たちの学校の学生は、勉強はまあまあですが、気のいい爽やかな学生ばかりです
政府は「留学生30万人計画」を打ち出し、「アジア高度人材構想」などで、
優秀な留学生への支援を進めていますが
それはわずか全体の10%にも満たないエリートの人たちへの支援です

普通の普通の学生たち
この人たちが日本に親しみ、日本を理解し、少なくとも心地よい気持ちで
帰国してくれると、日本とアジアの関係も将来的には明るいのでは、と思うのですが

実際に私たちの科にも「前に踏み出す力、考え抜く力、チームワークで働く力」を
培ったユニークな学生たちがいます
決してエリートではないけれど、ぴかっと光る何かを持っている学生たちです

韓国のウォン安
どうにか韓国の学生たちをサポートできないのでしょうか?

(写真は学園の高層校舎、私たちの科はその隣のちょっぴり古くなった棟にあります)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一生のお願い券、その後 | トップ | MUJIにはまった! »
最近の画像もっと見る

おもちゃ箱」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。