お江戸をブラモリタ♪

東京の奥に隠れた「お江戸」を探しに、街を歩きます。
目標はひと月2ブラ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《京都番外編》本能寺跡

2016-12-31 18:11:38 | 歴史散歩
先週末から自宅のある京都に帰ってます。(川崎には単身赴任なのです)

せっかく京都に帰ってるので普段行かないところに行ってみようと、昨今歴史の謎解きとして話題になっている本能寺(正確には本能寺跡&現在の本能寺)を訪れました。

2年前まで20年も京都に住んでいたにもかかわらず、恥ずかしながら本能寺には一度も足を踏み入れたことがなく、毎日通勤で通り過ぎるだけの存在でした。信長時代の本能寺がどこにあるかも今日まで知らなかったのです。

というわけで、まずは「本能寺の変」の起きた本能寺跡へ。

場所は堀川四条近く、小川通蛸薬師にあります。



その地は今は大きな老人介護施設の建物があり、ここが信長終焉の地とは想像つきません。



説明書きによると「能」という字は『ひ(火)』が重なってるのであえて字を変えてるそうで、確かに能の字は違ってました。

また敷地の一角は消防分団の建物になっていて、本能寺の変の火災との連想を掻き立てられ、ちょっとアイロニーじみてます。


そこから歩いて約30分。今度は現在の本能寺へ。
ここには信長、同じく本能寺の変で命を落とした人達の墓があり、大晦日の夕方でも見学に来る人は絶えませんでした。







10月に始めたこのブログ、2016年の締めくくりは京都の信長ゆかりの地となりました。
来年もぼちぼちブラモリタしたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小石川 その2 | トップ | 道三堀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL