Buppo Bear ブッポベア

ちびくま作りとぶっぽの日常

小さないのち

2017-07-09 | ねこ
書こうかとても悩んだけれど
書いておこう。

今日は1日出掛けていて
帰って来てマンションに入ろうとした時
少し向こうの道路の真ん中に何かが目にとまりました。

だいぶ暗くなっていたので
目を凝らしてしゃがんだりして
確認しようとしました。
近くで確認するのが怖かった。
街灯の明かりでシルエットが見えました。
多分、あの子だ・・・・
と、いやな予感は的中。

数日前にマンションの近くで1度だけ見かけた
真っ黒な子猫。
好奇心いっぱいといった感じで
近付くと元気よく急いで走って逃げていた。
あの子猫に違いない。
小さなシルエットが横たわっていました。

こんな時どうすればいいかわからず、
ネットでいろいろ調べた結果
ペットの供養をしてくれるところにたどり着き、
連絡して引き取ってもらう事にしました。
区役所に届けると、供養もしてもらえず
処分されるだけと書いてありました。

どうするのが正しいかわからないけれど
生きている姿を知っているから余計に
そのままにはできなくて
自己満足かもしれないけれど
ちゃんと供養してもらって
成仏できるといいな。。

日本もどこかの国のように
ペットショップは保護した動物を
引き取る場になればいいのに。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モア・アフターヌーンティー | トップ | うさぎ教室第3段 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tamago)
2017-07-15 23:46:09
見かけたことがある子なら、なおさら…私も素通りは出来なかったと思います。
とても悲しいことですね。最期はbuppoさんに供養をしてもらい、優しい心をかけてもらって、子猫も嬉しいかったのではないでしょうか。
大切にされる子がいる一方で、知らないところでこのような子たちも…せつないです。もし生まれ変われるなら、今度は幸せに…☆と願います。
tamagoさま (buppobear)
2017-07-17 15:18:30
あたたかいお言葉ありがとうございます。
できるだけ動物の事故とか無いようの願いますが、見ると本当にいたたまれません。
次の日の夜、遠くの道端に何かわからない物体がありましたが、怖くて見に行けなかったです・・
一人で見に行くにはなかなかの覚悟がいります。。
近所で一時、ボランティアで避妊手術をする活動がありましたが、なかなかすべての野良ちゃんは難しいですね。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。