作れ言うから作ってみた。
チラシの裏です。
※記事の内容はイメージです。
※反日に用はないです。
ぶにょぶにょなるままに



レアル敗れるも決勝進出 2連覇へユーベと対決

<欧州CL:Aマドリード2-1Rマドリード>◇準決勝◇10日◇マドリード


 スペイン対決の第2戦が行われ、2連覇を狙うレアル・マドリードは1-2でアトレチコ・マドリード敗れたが、2戦合計4-2で決勝進出を決めた。

 ホームでの第1戦を3-0で制していたRマドリードだったが、序盤からAマドリードの反撃を受け、前半12分、MFコケの右CKをニアでMFサウルに決められ、同16分にはDFバランがFWフェルナンドトレスを倒してPKを献上。これをFWグリーズマンに左足で決められ、2戦合計で3-2と1点差まで迫られた。

 しかし、同42分、スローインを左サイドで受けたFWベンゼマがペナルティーエリア手前の左奥で相手DF3人をかわしてドリブル突破し、マイナスのクロス。MFクロースの右足シュートは相手GKにはじかれたが、こぼれ球をMFイスコが右足で押し込んでアウェーゴールを奪うとともに、2戦合計4-2と突き放した。後半はRマドリードが主導権を握り、GKナバスの好セーブなどで無失点でしのいだ。

 ジダン監督は「試合開始から攻勢をかけられたが、最終的には自分たちのゲームにできた。後半は良かったね」と話した。

 6月3日に英国のカーディフで行われる決勝ではユベントス(イタリア)と顔を合わせる。Rマドリードとユベントスによる決勝は2度目で、1997〜98年シーズンの決勝では、Rマドリードが1-0で勝った。

レアル敗れるも決勝進出 2連覇へユーベと対決 - 欧州CL 日刊スポーツ

さあ決勝。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ぶふぉぶふぉーん 帰ってくる人 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。