作れ言うから作ってみた。
チラシの裏です。
※記事の内容はイメージです。
※反日に用はないです。
ぶにょぶにょなるままに



日本大迫先制弾もドロー、次戦勝利でW杯出場が決定

<W杯アジア最終予選:イラク1-1日本>◇B組◇13日◇イラン・PASスタジアム


 B組首位の日本代表(FIFAランク45位)が、イラク(同120位)に1-1で引き分け。勝ち点17でB組首位。

 試合は前半8分、FW本田の右CKからニアサイドのFW大迫がバックヘッドで合わせ先制。追いつきたいイラクは同18分、左サイドからファーサイドにクロス。FWアラーがくさびとなり落とした球をMFマハディが頭で合わせるがクロスバーの上に超えてしまいゴールならず。その後は両チーム無得点で日本が1点リードで前半を折り返した。

 後半に入ってともに決定機を作れなかったが、同10分、12分と日本はゴール前にボールを運ぶがシュート打てず。イラクは同28分、ゴール前の混戦から最後はMFマハディが押し込み同点に追いついた。その後は、得点に両チーム結びつかず、1-1で引き分けた。

 勝ち点を17とし首位に立つ日本は、8月31日のオーストラリア戦で勝利すればB組2位以内が確定し、6大会連続6度目のW杯本大会出場が決まる。引き分け以下なら9月5日の最終戦のサウジアラビア戦に持ち越しとなる。

日本大迫先制弾もドロー、次戦勝利でW杯出場が決定 - 日本代表 日刊スポーツ

おいおい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 正式に ぶり »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。