板東しょうごの「ふるさと三木に帰れる町に!」

一度三木から離れた若者が、ふるさとに帰ろうとしても、仕事がないから帰れない。若者がふるさと三木に帰ってこれる町にしたい!

6月議会閉会① ー 工事請負変更契約の締結について反対討論

2017-06-22 10:43:35 | 議会報告

6月議会が閉会しました。

工事請負変更契約の締結について反対討論を行いました。

ちょっとあっさりしすぎているようにも思います。今後の課題とさせていただきます。

討論原稿をアップします。


 

第33号議案工事請負変更契約に反対の立場で討論を行います。

 

仮称三木市立総合体育館建設工事の契約金額を14億2560万円から14億5051万200円と増額変更するものであります。

当初の契約より4376万円の増額と1884万円の減額を差し引いて2491万円の増額変更になったとのことです。

増額となった要因として①大屋根の構造変更②残土処分による駐車場の整備③仮設駐車場の整備④ステージの外構工事が上げられました。

 

これらの工事は、早い段階で変更が見込まれていましたが、金額が定まっていなかったので議会への説明が6月議会までなされなかったとの答弁がありました。

この答弁は最もらしい答弁ではありますが、もしこの答弁が認められるのであれば、金額が決まらなければ議会に説明をする必要がないことになります。

 

6月15日の総務環境常任委員会以降私のもとに市民の方からこの議案について意見が寄せられました。

市側の予定価格と落札価格の差がありその差を追加変更対応としているのではないか。

工事の追加変更について三社見積など査定方法が適切に行われているのか。

工事の打合せ記録に追加変更が必要であることが記載されているかの確認が必要ではないのか。

 

これらについて議会では確認がなされていません。市民のこうした指摘に議会として対応してくことが求められています。

  

議員各位におかれましては、既に工事が進んでいるから仕方がないと言って認めてしまっていいのかを今一度お考えいただきたいと思います。この点を指摘して反対討論とします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

質問通告〆切

2017-06-06 14:19:22 | 議会報告

今日12時で6月議会の質問通告の〆切となりました。

 

以下、通告した、質問内容です。

一般質問  

質問番号

 

質 問 事 項

質 問 の 要 旨 (詳しく記入)

答 弁 者

幹部慰労会問題について

井上副市長はいつ市長が嘘をついていることを知ったのか?

副市長

 

教育長・理事及び各部長はいつの段階で、倫理条例に抵触するのではないかと気づいたのか?

副市長

 

藪本元市長は閉会の挨拶の文書について記憶の範囲内で書いていると記者会見で言っている。閉会挨拶以降、関係職員への事実確認は行ったか?

副市長

 

なぜ、教育長・理事及び各部長は薮本元市長の嘘をつくことに従ったのか?

副市長

 

職員倫理審査会及び賞罰委員会を再度やり直す必要があると思いますが、新しい市長に対して井上副市長はどのように進言されますか?

副市長

 

教育長も嘘に加担した訳だが、どのように責任を取られようとしているのか?

教育長

 

教育委員会ではどのように説明されたのか?

教育長

 

質問番号

 

質 問 事 項

質 問 の 要 旨 (詳しく記入)

答 弁 者

上の丸保育所の耐震化問題について

これまでの市の立場として、耐震化工事は出来ることならしたかったが、出来なかったのか。それとも、耐震化工事をしたくなかったのか?

教育企画部長



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

市議会報告発行

2017-06-01 08:47:37 | 議会報告

市長がいきなり辞任して半月が経ちました。

新聞報道などで、薮本(元)市長が辞任して、再出馬することについて流れています。

関心の高い人は当然ご存知の方が殆どだと思います。

 

しかし、町に出て普段あまり政治の話をしない人に聞いてみると、市長がやめたことは聞いていても、再出馬を表明されていることはご存じない方が多いようです。

そして、皆さんが口をそろえて言われるのが

「まだ出んの?」

今回、共産党議員団の議会報告として皆様にお知らせするビラを作成しました。

ビラ配布のお手伝いいただける方募集中です!!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

薮本市長の辞職申し出について賛成討論

2017-05-26 09:49:54 | 議会報告

昨日臨時議会が行われて、薮本市長の辞任について全会一致で同意されました。

今朝の神戸新聞によると、再度立候補「意志変えず」とのことです。

https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201705/0010224738.shtml



ならば、三木市民とともにあらゆる力を尽くすまでです。

採決に先立ち、私は賛成討論を行いました。

討論の内容をアップします。


薮本市長の辞職申し出について賛成討論をします。

5月15日の臨時市議会の閉会の挨拶において、薮本市長は辞職を表明されました。

2015年11月18日に行われた、市幹部の慰労会問題に関して薮本市長が1年半にわたってウソの説明をしてきたとの説明がありました。

当然薮本市長は辞職すべきでありこの度の案件は大賛成です。

 

その上で、三木市議会の責任で100条委員会を設置してこの一連の問題を市民の前に全てを明らかにして解決すべきであります。

そして、薮本市長が信を問うと言っていますが、この問題を解決しないで信は問えない。だから次の市長選挙は薮本市長は出るべきではない。

この2点を指摘したいと思います。

 

1点目の三木市議会の責任で100条委員会を設置してこの一連の問題を市民の前に全てを明らかにして解決すべきという点ですが、1年半もの間、当局がウソをつき続けてきたのは、市長や部長の責任も当然ありますが、三木市議会が真相を明らかに出来なかったこと、この点もあるのではないでしょうか。

 

この間、ウソをつかずに市民のために働いてきた職員がこの事件によって市民との信頼を失ったと感じる人も多いようです。

市長をかばってウソをついた部長らにとって、ウソをついたことに対して責任をとるべきでしょう。

今後その尾を引きづることが無いようにすべてを明らかにさせなければなりません。

この仕事は、薮本市長や次の新しい市長の仕事でもありません。

今の三木市議会の仕事であります。

 

2点目は、次の市長選挙で薮本市長は出るべきではないということです。

薮本市長は、やり残したことがあるから「信を問う」と言っていますが、1年半もの間ウソをついてきたことを、先日の臨時議会の閉会の挨拶の時に表明し、その後の2時間の記者会見で記者からの質問に答えただけであります。

 多くの市民が疑問に思うことがあるし、記者の質問に対する答弁も納得できるものばかりではありません。すべてが明らかになっていないのに市民の信を問うことは出来ないのではないでしょうか。

 

 また、やり残したことがあると言われていますが、やり残したこととは、ごみ処理の民間委託、大型集客施設、緑が丘の街の再生などかと思います。

それらはすべて長期プロジェクトではありませんか。

これらの事業をやりとげるまで市長を続けると言われるのでしょうか。

 

私たち日本共産党と、薮本市長の描く一番素晴らしい三木市の将来像は残念ながら違うところが多いと思います。

しかし、市長の意志を引き継ぐ仲間はおられないのでしょうか。

薮本市長は、同志を集めて、地域政党をつくられました。

薮本市長は、11年と半年の間に市役所の中で人を育ててきたのではないのでしょうか。

市長の意志を引き継ぐ市の職員はいないのでしょうか?

 

やり残しことがあるというのであれば、次の人材に市長の夢を引き継ぐべきではないでしょうか。

 

嘘つき市長はもうゴメンというのが市民の大半の声であります。

 

この短期間の間に、薮本市長と対抗する市長候補を立てるというのは市民にとって大変なことであります。

そのことを承知で薮本市長は市長選挙の日程を考え、辞意表明と出馬表明もされたのだと思います。

 

道理がないと言っても、この後の採決の後、7月2日に市長選挙は行われことでしょう。

 

薮本市長はこの次の選挙に出馬すべきでないと考えます。

うそつき市長と言われても出馬するというのであれば、日本共産党は市民とともに力を合わせて市政の転換のためにあらゆる力を尽くすことを申し上げ討論とします。

 

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

議会報告会のご案内

2017-03-28 14:50:12 | 議会報告

3月議会が3月27日(月)に閉会しました。3月議会では補正予算が否決され、再議にて可決されました。来年度(H29年度)の当初予算の修正案が可決しました。

日本共産党は一般会計補正予算、一般会計当初予算、国民健康保険予算、介護保険予算、後期高齢者医療保険予算、福祉医療費助成条例の一部を改正する条例に反対しました。

3月議会で何が決められ、どのような議論になったのかについてご報告させて頂きます。 

 

日時 4月5日(水)19時30分~ 

場所 三木市文化会館 2階 第1練習室

※4月5日の曜日が間違っていましたので訂正します。(2017/3/30訂正)
 × 木
 〇 水 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加