かえで君と私

私、夫ネイサン、長男カエデ、次男アボ(全て仮名)4人家族の生活@ホワイトロック、カナダ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

郷愁をさそう、鮭のいずし。

2005-02-25 10:34:11 | 料理 (お菓子以外)



先週末友達きょう公の家にいったとき、お土産に「いずし」をもらいました。いずしは北海道の料理で、飯ずしがなまったもの。鰊か鮭を麹や野菜とつけこんだ保存食です。鰊の場合、なぜか毎年中毒で亡くなる方がいるのですが、このいずし、北海道ではほぼ各家庭で漬けられ、それぞれ配り、味を比較研究しあいます。

北海道では冬の間飽きるほど食べられたのに、こっちに来てからは貴重品!うちの母は面倒なのでいずしを漬けてくれないので、よって私も作り方を知らず、誰かからもらう時しか食べられないのです。

私は鰊より鮭のいずしが好きで、きょう公のお母さんは鮭のいずしを漬けるのが天才的に上手、うちの家族は全員彼女のいずしの大ファン
多分いずしを作る時は新巻鮭を使うと思うのですが、その塩の加減や、唐辛子やしょうがを入れる味付けが絶品。普通、塩抜きするのですが、きょう公のお母さんは味が薄くなり、鮭の味が抜けるのを嫌い、そのままで、鮭の塩分で野菜も味がつくようにするそうです。

いずしの味は、少し発酵していてすっぱいのですが、ふなずしのような臭みはなくて、鮭のうまみが最高!トライした本州の方々もたいてい美味しいと言ってくれます。そして、多くの発酵食品がそうであるように、お酒によ~く合います。これに北海道のサッポロビール(本州と味が違う!)が出会うと、もうたまりません!早く飲みたい。。。昨日は雪も降って、いずしを食べながら少しホームシックになってしまいました。
というか、いずしを食べたら連鎖的に北海道の美味が思い出され、ああ、アレも食べたい、これも食べたい、状態に。



さて、普段美味しいものは争奪戦になる我が家ですが、旦那はなぜかあらゆる魚の中で、鮭だけが唯一どうやっても食べられない魚なのです。カナダ人なのに。なのでいずしは私が独り占め、ゆっくりいただきます。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親ばかっぷり | トップ | ハムとチーズの手作りせっけん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (toto)
2005-02-25 13:05:18
鮭の飯寿司だいすき! これしかし おいしそうですね! ちょいトロ部分ありそうな! 日本酒ほしくなします!
Unknown (Hana)
2005-02-25 14:38:40
そう、このしゃけ、脂乗ってておいしいんです!!熱燗にあいますね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む