脳幹梗塞

今年の2月8日出張先で脳幹梗塞になる
現在自宅でリハビリ中

『真理の探究』 40 男と女 夫婦 図に乗る 焦る慌てる 力 旬を食べる

2016-09-19 15:44:52 | Weblog
・誰一人男も女も独りでは歴史/時代を創っては居ない
  歴史/時代を創って居るのは
   最小集団で有る夫婦が歴史/時代を創って居る
   独りでは何時か自滅/消滅して
    歴史/時代は頓挫する結果と成る
  良くも悪くも歴史/時代は
   夫婦が創って居る事実/現実が有る
   自らの歴史/時代を創るのは独りでは無く
    男と女の互いに夫婦で有る事が必要
   自らの存在/歴史/時代を消し去るので有れば
    夫婦で共倒れし無い為に独りで消し去る事が必要
    歴史/時代を創らないので有れば
     持続/継続し無い歴史/時代が無ければ
      人生とは言え無く成る
  人生/時代/歴史は持続/継続して初めて言える事で有る
   生きた証が残ら無い事を意味する
  夫婦として良くも悪くも生きた証を残して
   持続/継続した人類の人生/時代/歴史を創り上げる
  夫婦と成る/創る
   切っ掛け/タイミング/チャンス/ターニングポイント/縁には
    決まりが無い
  夫婦は結ばれる時に結ばれる
   独りで生きる/生きられるで
    相手を頼る/任せる事が無いと結ばれ無い
   仕事は生きる為の目的では無い
    生きる目的は人類の人生/時代/歴史を創る為に生まれて来た
    生きる糧を得る為の仕事はその一部でしか無い
     仕事命は?
     生きた証は歴史/時代に影響を残す事で有る
  夫婦は一対で夫昌婦随/婦昌夫随の
   独りで決めるのでは無く二人で決める事が必要
    二人で子供を育てる/創り上げる
    互いに信じる/頼る事で新しい時代/歴史を構築する
  明確な目的を持って遣るから求める結果が得られるので有る
   何となくで遣って明確な目的を持た無いと
    結果は出るが求める様な結果には成らない
  明確な目的を持つと
   遣って居る間に/途中で確認/チェックして
    求める結果に導いて求める結果が出せる
   何となくでは途中での確認/チェックが出来ないから
    求める結果が出せ無い
    遣って居る間に必ず条件が変化する為に
     目的が明確で無いと変化に追従する
      臨機応変の対応が出来ない
  目的は一つでも遣り方/手段/方法は一つでは無い
   遣り方/手段/方法には条件が影響する
    基本と本質に気付いて分かって居れば
     応用問題を解く様に条件の変化に気付いて
      遣り方/手段/方法を変える事が出来る
・自由は獲得するモノで有って
  与えられるモノでは無い
   自由を与えられるから勘違い/間違いで
    図に乗る/調子に乗る/有頂天に成る
  自由の中に
   自分の都合/自分の思い通り/自分の好き勝手が有る
   自由が与えられると図に乗る自分本位に陥る
    甘やかす/放任主義も自由を与える事に成る
  叶えるでは無く
   誰かに依って叶えられるは
    満足する事で甘やかす事に成る
・図に乗る:類語/同義語
   ←自分の為に戒める必要が有る
  ・ 増長する
  ・ 付け上がる
  ・ 思い上がる
  ・ いい気になる
  ・ 図に乗る
  ・ 調子に乗る
  ・ 調子づく
  ・ 調子をこく
  ・ 驕る
  ・ 驕り高ぶる
  ・ 慢心する
  ・ 自惚れる
  ・ 高ぶる
  ・ 偉ぶる
  ・ 憚る
  ・ 高飛車に成る
  ・ 世にはばかる
  ・ 分をわきまえない
  ・ つけ上がる
  ・ 胡坐をかく
  ・ テングになる
  ・ 傲慢になる
  ・ 思いあがる
  ・ 先輩風を吹かせる
  ・ ふんぞり返る
  ・ 自分を過信する
  ・ 自信過剰になる
  ・ 自己過信する
  ・ うぬぼれる
  ・ 畏れを知らない
  ・ 神をも畏れぬ
  ・ うぬぼれが強い
  ・ 大物ぶる
  ・ 大きな顔をする
・流行りは流行り廃りが有り
  流行りは一時のモノで持続/継続する事が無い
   経済は一時のモノを頼っては浮き沈みが起きて
    経済に安定性が成り立たない
    流行の物は廃れる事を前提して取り組む事が必要
     ビジネスには出来るが
      安定性が無く仕事には出来ない
  経済は安定性の有るモノを選択すべきで有る
・事実/現実を評価する/認め納得し受け容れる時は
  先入観/固定観念を入れ無い事が必要
   先入観/固定観念を入れると
    勘違い/間違いを起こして反論/反発して
     受け容れる前に認め無く成る
  情報は全てを受け容れてから
   環境/状況/状態の条件で必要に応じて
    取捨選択する事で判断する事が必要
  全てを自分のモノとして受け容れる必要は無いが
   入り口で全ての情報を拒む必要は無い
   来るモノは拒まずで全ての情報を入手して
    去るモノは追わずで無理して深追いはし無い
  全ての情報を集める事で
   使える/使え無いの情報の
    取捨選択が出来る様に成る
   全ての情報を集める事で
    何時か/後から使える情報が有る
   情報は今直ぐに使える情報だけでは無い
   入って来る情報を排除すると
    使える情報も排除する事に成る
  情報を受け容れる為には全ての情報を収集する
・焦る/慌てると出来ない事が益々出来なく成る
  短所を直す事は焦る/慌てると同じで
   益々短所が直ら無く成る
   長所を伸ばす事で短所が減る
   出来ない事は出来る事を増やす事で
    出来ない事が減る
  出来る事を出来る様に遣って居ると
   出来ない事が出来る様に成る
   短所も同じ様に短所を無くす様に努めるのでは無く
    長所を伸ばす事で短所が短所で無く成る
  焦る/慌てるから出来る事も出来なく成るので有る
・部分的/一部を知って居る/分かって居る専門家は増えたが
  全体が見えて/分かって居て
   責任を取れる人が居なく成った
  部分的/一部しか知って居ない人は
   全体に対して責任が取れない/無責任に成る
   専門家で分散化した事で全体/本質が見え無く成り
    責任が取れなく無責任な人々が多く成った?
  *)現実に簡単な質問をしても全体が見えて居ないのか
     全体を捉えた明確な回答が出来無い人々に
      接する機会が増えた
    最近は意地悪な質問?
     部分的に見えて全体が見えて居ないから
      返事の回答は出来るが
       質問の答えの解答が出来ない
    (回答では無い解答が分かった質問を行う
      解答が分かって居ても
       回答から解答選ぶ選択権は私に有る!)
  分散化する事で無責任な人々を創ったのは
   政治家の施策/政策?
・人は自分の思いと気持ちを
  肯定して貰いたくて相談する
   私は相談を受けると
    状況/状態の条件の情報を確認して
     肯定も否定する事も無く
     事実/現実から見えて来た結果を伝えるから
      相談者が寄り付かない
  相談結果が方向性が示せるが
   相談者で解決する為に自らが行動/遣る必要が含まれる
   求める結果を得られる為には
    自分の思いと気持ちだけでは
     自分の思いと気持ちの結果が得られ無い
      事実と現実が相談した事で突き付けられる
   遣る事/遣れる事を遣れば
    自分の思いと気持ちが求める結果を得られるのに
     誰も遣りたく無く逃げるから
      求める結果が得られ無いに過ぎ無い
・限界に近付けば近付く程に技/技術/拘りが必要に成る
  素人が扱うモノには技/技術を必要とし無いし
   限界を知ら無い/分からない/理解出来無いから
    技/技術を必要としたモノを必要とし無い
   素人には優れた技/技術のモノは
    ムダで勿体なく宝の持ち腐れに成る
   素人に使わせるべきでは無い
  何事も結果を出す為には意味/意味合いを理解して
   拘って使いこなすレベルの技/技術が必要
  何時までも素人では
   自分の品質を高める/守る事は出来ない
・色々な事に手を出し過ぎるから
  忙しく/慌てる/焦るに成る
   自らが蒔いた種
  整理整頓をして質素に最低限必要な事に絞り込み
   遣る事/遣れる事を遣る事が必要
   手を拡げるから遣る事/遣れる事が
    納得出来る様に遣れ無く適当/中途半端に成る
    中途半端に遣るからシッペ返しに遭う
  本当に必要で無い事には敢えて手を出さ無い事も必要
   今の現状/状況/状態から
    必要か必要で無いかを
     始める前に見極める必要が有る
   現状/状況/状態で遣った事が確実に遣れ無く
    裏目に出る事が多々有る
・世の中/社会には誘惑が蔓延して居るが
  自分に必要な事を自覚して必要な事の遣る事/遣れる事が必要
   誘惑に負けて無理/ムダ/余分な事には手を出さ無い
   誘惑に負けるは
    自分を自覚して感情を管理/制御出来て居ない事に成る
  時間を持て余すと誘惑に負ける/陥り易く成る
   持て余す時間を創らない事が必要
・力が無い/力に余裕が無いと
  狙った所に力が発揮出来ない/発揮した力が砕け散る
   力が発揮出来ないと遣った事の効果狙った結果が出無い
   無理してムダな努力に成る
  何かを遣る時の為に
   力は蓄えて/余力/余裕を持った力が必要
   力に余裕が有ると狙った所に
    力が集中して狙った結果が出る
    /狙った事を蹴散らす事が出来る
  力は必要な時/いざと言う時に
   必要な力が発揮出来る様に
    常日頃からムダな時間を過ごす事無く
     力を鍛えて/蓄えて置く必要が有る
    力を鍛えるには瞬発力/持続力で
     目的が違う事で負荷の掛け方/遣り方が違う/変わる
     同じ方法/遣り方では鍛えた事に成らない
   無い力を急には発揮する事が出来ない
  在る/存在する/持って居る力以下しか
   力は発揮する事が出来ない
   多くの人々は勘違いして持って居ない以上の力を
    無理して遣るから求める結果が得られ無い
    自分の力を過信して無理してムダな事を遣って挫ける
  自分の事/自分の為にを考える成らば
   力は常日頃から鍛えて/蓄える事が必要
   他人の為に/他人と争う為に
    鍛えて/蓄える必要は無いが
     自分の為と他人の為に力を発揮する事は必要で有る
  力が無いのに出来無い/遣れ無い事に取り組んでも
   条件が整って居ないので出来ない/遣れないは
    自然で当然の成り行きで有る
    遣る前から結果は見えて居る
     もし万が一/偶然/突然を狙っても
      無い力では出来無い事は出来無い
・力に余裕/余力が有るから力加減が出来る
  力に余裕/余力が無いと力加減をして
   自分の都合/自分の思い通り/自分の好き勝手
    /自分の遣りたい様に遣れ無く成る
  余裕/余力では無い有り余り過ぎる力では
   力加減が難しく成る
  必要な時に必要な力が出せる事が必要
   余分/ムダ/不足する力では柔軟な力加減が出せ無い
    柔軟な力加減が出せる事が必要
  緊張する/慌てる/焦ると柔軟な力加減の力が
   使え無い/出せ無い
  力を蓄える/鍛えても
   必要な時に必要な力加減が出来る様に
    力の使い方を制御する事が必要
  力には力で返される
   力は見せひけらかすモノでは無い
    ひけらかす事は過信に陥る
    能ある鷹は爪を隠す
    必要な時に必要な力を発揮するだけで良い
     ムダに無理して力を発揮して力を消耗する事は無い
    必要な時に無理ムダ無く必要な力を発揮するのが
     最大の力加減である
     力には瞬発力と持続力(耐久力)がある
  遣る事/遣れる事を遣って居たから条件の中の
   若干の力不足でも万が一/偶然/突然が有り得るので有る
・愚か/魔が差した/気の迷い ←意識が消えて感情が暴走
  緊張感/集中力/気力が失せた結果
   時間を持て余すと気力が消失?
   気を集中して一生懸命の時は
    魔が差す/気の迷い/愚かな事を遣る事が無い
  過剰で無い適度の緊張感は常に持って居る事が必要
   気の使い方が全ての行動に影響する
    気を養い/気を高める為の鍛錬が必要
     溜めた気は丹田に治める事(意識化から無意識化へ)
     (気が頭に有ると気が敏感に反応してしまう:精神不安定)
     気を丹田に治めると無意識でも気は抜け無い
      無意識の気/無策の策/無欲の欲
      方向性が有り臨機応変の対応が出来る
       自然体での行動が可能に成る
    気とは意識で有り
     気を抜いた無意識に成ると
      感情に左右されてしまう
  全ては自分の為に
   妥協する事無く教わる/言われるでは遅く
    自分で気付く事が必要
    妥協すると気が抜けて気付無く成り
     無意識に陥ってしまう
  必ず僅かずつではあるが変化/変わって居る事に
   如何に気が付くかが必要(変わる事で結果が変わる)
    変わって居ないモノは無い
    言葉の遣い方の違いに気付いて貰いたい
・ディベートは
  言葉の勝ち負けを争う為にのモノで有る
   勝ち負けは実力が拮抗すると
    事実/真実とは別の所に誘い込み/誘導して
     勝ち負けの勝敗/勝負を決する事に成る
  ディベートの言葉の勝ち負けは事実/真実とは
   掛け離れたモノで有る
   言葉の使い方は練習を重ねた結果の
    言葉遊びとして理解するべきで有る
  事実/真実を議論する場には
   ディベートは事実/真実を消し去る為に
    ディベートは持ち出すべきでは無い
   言葉遊びが好きな人は事実/真実が理解出来無いと
    事実/真実依り直ぐにディベートを持ち出して
     勝ち負けに持ち込む
  事実/真実は勝ち負けでは無く
   事実/真実の共有/再確認の為に議論をするので有る
・美味しモノは美味しい時に食べる
  モノには旬がある
   完熟前/完熟/完熟後で味が変わり旬の時に食べる事が必要
   完熟が最も美味しい訳では無く
    モノに依って美味しい旬が違う
   それぞれの旬の美味しさが違う
  多くの人々は最も完熟が美味しいと思う事は勘違いで有る
   美味しさを確かめるには完熟前から食べ始める事が必要
   美味しく感じるのは人の味覚/食感で変わる
   毎年美味しさは同じでは無く
    出来た/創られた環境と条件では美味しさが変わる
  誰もが美味しいと言うのはウソで有り勘違い/間違い/錯覚
   誰もが感じるのは不味くは無いと感じて居る事で有る
    現代社会は不味いモノが少なく成って居る為に
     食べ過ぎて居る為に肥満が増えた?
     不味いモノが横行すれば肥満は減少する?
     値段が高いモノが美味しいのでは無く
      希少価値で値段が高いに過ぎ無く
       値段で不味いモノも存在する
   個人個人の味覚と食感は別々で有り
    美味しさも個人個人別々で違うハズで有る
   お世辞の美味しさが横行して居る
    お世辞で美味しいと言うのは
     創り手とモノに対しての侮辱である
・徒党を組んだ仲間/連んだ仲間/持たれ相の仲間/傷を舐め合う仲間は
  切羽詰まると足引っ張り何時でも裏切るが
   切磋琢磨の仲間は切羽詰まっても
    裏切る事は無い関係で有る
・出来ない事/遣れ無い事は遣れ無いので有る
  誰もが知って居る/分かり切って居るのに関わらず
   誰も遣らないから問題を引き起こす/創る
  知って/分かって/気付いて/行動する/遣って
   初めて問題は解決する/結果が出る/効果が出る
   知って居る/分かって居るだけでは結果は出せない
  他力に頼る/スガル?
   自力を発揮する/頼る/スガル?
・人は同じで有る必要が無く
  違うから存在する意味/付加価値が有る
   全てが自由で有る訳では無い
    守るべきモノはマナーとルールで有る
  人として生きるには
   譲るべき事は譲り/派手贅沢では無く
   /必要以上は求め無い質素で有るべきで有る
  自我を出し過ぎて自分を落とし滅入れてしまう行動では無く
   全ては自分の為に成るべき行動をすべきで有る
    他人・誰かに遣る/他人・誰かの為に遣る
     【ついで】に自分の為に成る事を遣る
    自分に遣る【ついで】に他人/誰かの為に成る事を遣る
   【ついで】に遣る事で無理/ムダ/余分にしない
   『教えるは二度学ぶ』
     誰かに教える事は無理/ムダ/余分では無く
      誰かの為だけでは無く再確認出来る
       自分の為で有る事実と現実が有る
  カセ/枠は自分で嵌める必要が有る
   他人に嵌められたカセ/枠は
    自分の自由/都合/融通が利かない
   自分で自分にカセ/枠を嵌めると
    他人から問題にされる事無く
     自分の自由/都合/融通を利かす事が出来る
   自分に課すカセ/枠は
    他人と接する/相対する時には
     最低限のマナーとルールで有る
    敵を創らない
     敵を敵にすると見え無い所で
      足を引張られる/邪魔をされる
・美味しい/旨いは目的では無く結果で有る
  食べる目的は
   身体維持/健康管理の為に
    栄養素成分を食べるので有る
  美味しい/旨いは結果で有り
   目的の為に食材を選んで食べる事で
    美味しく/旨くして食べるのは手段で有る
  美味しい/旨いが良いのでは無く
   美味しい/旨いは人に優しく無く/人を貶め入れる結果に成る
  肥満は他人の目の問題では無く
   自分の問題で有る
  自分の為に肥満を解消する為にダイエットが必要に成る
   ダイエットは自分の健康管理維持の為に必要
  肥満は美味しい/旨いで
   片寄った/偏った食事に問題が有る
  食事は栄養素成分のバランスと量を考えて
   必要量を食べる必要が有る
   食べ方は一汁三菜で
    必要な栄養素成分の含まれる食材を得られんで
     調理/料理して少量を一口ずつ食べる事が必要
  旨い/美味しいで
   栄養素成分のバランスが悪い食材を得られんで
    片寄って/偏って大量に食べる事で
     結果としてバランスが悪く健康で無い肥満に成る
・人は目的/目標と成る事/モノが有るから
  一生懸命/ガムシャラに成れる
   バーベルを持ち上げる時
    腹にバンドを締め付けると踏ん張れる
    踏ん張れる力は
     頭の気力だけでは無く腹の丹田に有り!
    力を発揮するには
     力は腹に納める事が必要:現実/事実
・誰もが基本と本質を知ら無い/分から無い理解出来ないから
  逃げる/誤魔化す/ズルをする事に成る
   遣れ無い事を無理して遣るのでは無く
    率先垂範でシンプル/簡単/単純な
     遣る事/遣れる事を遣る事が必要
・言葉の重み/意味合いを感じられるのは
  経験した人で有る
   知って居るだけでは言葉の重み/意味合いを
    知る/分かる/理解する/感じる事が難しい
・敵対する/敵を創るでは問題は解決/改善する事は出来ない
  敵対する/敵を創るは
   相手の感情を無視した自分の感情で有る
   自分の感情に踊らされる事無く
    相手の感情を考えて行動すれば
     敵対する/敵を創る事は無く成る
  相手が先に敵対したのでは無く
   自分が敵対したから敵を創ったに過ぎず
    問題を難しく/ややこしく自分でしたので有る
   原因は相手では無く自分で有る
  目配り/気配りが無いと
   自分では何でも無い事/言葉/行動が
    敵対する/敵を創る事に成る
・問題が自分の内で済む内は問題は問題に成らないが
  自分の内で済ま無く成るから
   結果的に問題が問題と成る
  問題と成らない遣る事/遣れる事を遣って居れば
   問題に成り難い
  試食する事で何も遣らないでは無く
   惰性/慢性に陥る事無く時代の流れを見て
    方向性を決めて居る事に成る
  遣って居る事の差/違いは僅かでしか無い
   扱って居るモノを信じ/信頼し/自信を持って
    感謝する事が必要
   信じ/信頼する価値が有るかは
    自分の五感を使って確認する
   他人誰かの受け売りはし無い事が必要
    全ては自分の為で有り自分で責任を持つ必要が有る
  誰かの為で有っても
   全ては自分の為で有る事を自覚する必要が有る
・三人称で人間観察をして居ると
  言って居る事と遣って居る事が違う人間が
   多々見受けられる
  無意識で自覚が無いのが
   他人事ながら悲しい事かな!
   他人事として見過ごす事無く
    反面教師で人の振り見て我が振り直す事が必要
  全て言って居る事と遣って居る事が
   同じには出来なくても出来るだけ差/違いは無くす
    減らす事が必要
  差/違いの大きさは信頼と信用に影響する
   信頼/信用され無い事は
    敵対する/敵を創る事に成る
  感情に左右される/踊らされる人は
   言って居る事と遣って居る事の差/違いが顕著に現れる
  感情に左右される/踊らされる人は
   言って居る時と遣って居る時の
    感情/思い/気持ちが変わる事で
     差/違いに現れる
  差/違いが有る事を指摘すると
   自分の問題で有るにも関わらず
    感情で怒り出す/怒って来る
   他人の問題依り自分の問題の時が
    自分を擁護する為に外に向かって一番怒る!
・自分を自覚出来て居ない人は
  自分の立ち位置・立場/身の丈・大きさ
  /どちらの方向を向いて居るかの方向性が
   見えて居ない/分かって居ない事から問題を起こすので有る
・人間観察をして居ると
  世の中の混乱を面白いと言えば面白いが
   自覚出来て居ない人々が混乱させて居る事を
    見る事は慈悲の心を持ってしても悲しい事で有る
  全てに置いて今更ながら
   自分の力の及ば無い不甲斐なさを悔やんでも解決/改善が出来ない
  他人は他人で他人事では有るが
   無視する事無く他人は把握/観察して置く事が必要
   他人事が回り回って自分の事に成る事が有る
  記憶は関連付けする事で記憶が出来る
   関連付けする事が出来ないと
    記憶する事は出来なく右から左に忘れる
・宗教は心の支えで有る/支えに成るモノで有る
  他人の創り出した宗教だけが宗教では無く
   自らが創り出した心の支えと成るモノも宗教で有る
    七難八苦
    継続は力
    敵を創らない
    手塩に掛ける
・勝ち負けに拘るから
  強い弱いが問題に成る
   自分の成長を促す切磋琢磨をすれば
    勝ち負けに関係が無く成り
     強い弱いの問題が無い
  自分の成長を促すには
   自分の遣る事/遣れる事を遣って
    遣れ無い事を遣らない事で有る
   強い弱いは関係無く無理する力の強い弱いでは無く
    自分が遣る事/遣れる事を遣って居るに過ぎ無く成る
   自分の都合に合わせて出せる力の強い弱いは必要で有る
  他人との勝ち負けをするから
   誤魔化す/ズルするで逃げるから
    心が強く無く弱く成るの問題が起きる/創られる
  自分が出来る事の遣る事/遣れる事を遣るには
   心の強さ弱さは関係が無い/必要が無い
   自分の興味関心目的を持って
    気力で遣る事を遣って居るに過ぎ無い
  競争/勝負/勝敗の勝ち負けを遣るから
   心の強さが必要で問題に成る
  成長を促す/高みを望む事での
   自分と自分で競うの切磋琢磨をする事で
    心の強さが自然に養われる/鍛えられる
  他人との勝ち負けを遣るから
   自分の都合が通せ無く成り
    逃げる事の無い心の強さが必要に成る/求められる
  自分の中での自分と自分が競うので有れば
   自分の都合に合わせられて
    心の強さが必要で無い/求められ無い
  切磋琢磨をするが自分の都合が良い時に
   自由に自分の成長を促す事が出来る
   自分の成長が見られ無いと
    新しい事が出来なく成る/遣れ無く成る
  自分が興味/関心/目的が持てれば
   他人に関係無く自然に切磋琢磨をして
    自分の成長/変化を促す
  心の強さは自信で有る
   自信が無いと心が挫けて心が弱く成る
   切磋琢磨して自信が着いてから
    他人との勝ち負けの競争/勝負/勝敗をする
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『真理の探究』 39 片面... | トップ | 『真理の探究』 41 始ま... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事