脳幹梗塞

今年の2月8日出張先で脳幹梗塞になる
現在自宅でリハビリ中

『真理の探究』 45 原理原則の基本と本質 ウソ トーク 整理整頓 安心安全

2016-11-20 09:56:23 | Weblog
・基本と本質の正しい事を
  多くの人々は冷静/理性を無くして
   感情で正しく無い事にしてしまう
   感情を優先させて揉める/問題/トラブルのは
    当然の成り行きで有る
   感情を優先させると
    同じ様な事を繰り返して後悔するが
     また同じ様な事を繰り返す
    認識の欠如
・あれも欲しい/これも欲しいは派手贅沢に成り
  必要な事モノとは違う
   必要な事モノを考えて
    足るを知れば質素で有る事で十分で有る事が理解出来る
  必要以上はムダにする事無く
   余り/余分は余裕/予備/予防/安全率/リスクマネジメントから
    必要な時に必要に成る事から
     蓄える事/ムダにし無い
      安全に投資する事が出来る
   余裕/余分で無い
    ギリギリ/切羽詰まっての投資はムダな危険を伴う
    投資は余分/余裕が有る時に運用するモノで有る
・何と無くでは有るが
  考えて居る事が顔の表情に現れる
   まだ分類/パターン化/分析するだけの
    決定打が見え無いが
     人の顔を見て居ると違いが有る
  考えて居る事/感情が
   顔の表情/輪郭を創って居ると思われる
  人間観察のウォッチングをして居ると
   面白く/楽しい時間が創れる/過ごせる
  人生の過ごし方が
   顔の表情/顔の彫りを創って居る
   子供の顔の表情には
    人生がまだ無く素直で/無邪気で
     何の彫りも無い
    子供の顔の彫りは
     人生の中で彫りが刻まれる
   彫りの無い大人は
    彫りを刻む程に人生を歩んで来ない来て居ないと思われる
    最近の大人は人生観が無く
     顔の表情/彫りが少なく顔に人生観を物語って居ない?
・方向性は与えられるが
  結果は与える事が出来なく
   結果が見て居るか見て居ないかでは
    遣り方が違い同じ様な結果でも結果に違いが出る
・気にはするが気に掛け過ぎては行けない
  気にし無い事も問題で有る
   気にし無い事は緊張感が薄れる/無く成る
  気にする事で
   無頓着では無く僅な変化に気付く事が出来る
   気付く事が出来れば
    何もし無いでは無く次の手を打つ事が出来る
  フットワークを良くするには
   気にする程度の緊張感が必要
  世の中何が起きるかは不明瞭/不明確で有るので
   反応が良いフットワークが必要に成る
  計画性が無い思い付きの行動には
   遣り様が無い/対策が打て無い
   思い付きに対策を打つには
    計画性と時間が必要に成る
  思い付きには時間が無く
   基本的には打つ対策をする事が出来ない
  思い付きでは後先/前後の関係/辻褄が合わなく/計画性が無く
   追従する事が出来ない
   思い付きでは
    話しに成らない事が堂々と罷り通る事に成る
・感情で右往左往するのでは無く
  知性/理性で冷静に振る舞う事が必要
・モノ忘れと認知症の違い
  モノ忘れは忘れて居る事を覚えて居る自覚が有る
   認知症は忘れて居る事を忘れて居る自覚が無い
  認知症の問題は本人の意識の中に
   自覚が無い事で有る
   認知症は病気!
  何事も意識が無く自覚が無い事は問題で有る
   自覚出来ない事は脳の活動が停止して居る?
   自覚症状が有る内はまだ何とか成るが
    自覚症状が無く成ると問題で有る
     自覚症状が無いと改善が出来ない?
      改善するのは他人では無く自分自身で有る
  何事も無意識では無く
   意識し自覚して遣る事が必要
  良し悪しは遣った事の結果で有る
   遣らなければ結果は出無い
   結果の良し悪しでは無く
    遣る事に意味が有り
     結果の良し悪しで次に遣る事が決まる
   結果の良し悪しに自覚出来ない事に問題が有る
    結果の良し悪しが自覚出来ない事は
     次に遣る事が見え無い事に成る
  不確定要素が多いとカオスと言うが
   不確定要素が分かれば秩序と規則性が見える/分かる/気付ける
  何かを遣る時には意識する/自覚する事が重要で大切な事
   結果が見え無い無意識では絶対に遣らない事が必要
  他人からの情報で
   自分が自覚出来無い事には注意が必要
・思いは結果として現れて
  結果から思いを想像する事が出来る
   何も遣らなければ結果が出無く
    思いを知る事が出来ない
   結果が出る前の
    前以て人の思い/考えを知る事は出来ない
  言葉/話しは結果では無く
   本当の/本来の思い/考えを知る術では無い
   結果から思い/考えを知る事が出来る術が有る
・子供は自覚が無い/足り無く
  本質では無い形に囚われる見栄/格好良さに
   秘せられる/誘われる/走る事で
    生きる道を見違えて/間違えて見境が無く成る
   本質は形の中には無い
  本質を見極めた事で形に現れるが
   本質は形の中には無い
   形を真似るだけでは
    本質に近付け無い
  本質を見極めた事での
   結果で形として現れるが形は一定では無い
   形だけを真似る事はムダな事で有る事が
    自覚出来ない子供には理解が出来ない?
  子供は近くに有るモノを見境無く真似る事が多い
   子供は管理/監視の対象で有る
   子供の自由は自由で無く
    自由を学ぶ為には枠を創る必要が有る
・基本と本質は
  誰が言った/言って居るでは無く
   基本と本質は自分で気が付く事が必要
   人々の言葉/自分の経験の中に
    基本と本質が含まれて居る
   人/他人から教わる/与えられるモノでは無く
    自分で気が付く事/気が付くモノで有る
  自分で気が付く為には
   自分で遣る事/遣れる事を遣る必要が有る
   他人が遣った事では気が付く事が出来ない
    他人が遣った事は他人が気が付くだけで有る
   他人が気付いた事は
    気付いた条件/環境が違い
     他人に伝える事が出来ない/他人には理解され無い/出来ない
・一つの事が遣れないと
  自信が付かなく/気力が失せて
   他の事が遣れ無く成る事が有る
  他事には手を出さないで
   一つの事の集中して片付けて
    自信を付けて遣る気を維持する事が重要
    一度に遣るのでは無く
     優先順位を決めて一つずつ片付ける事が必要
   出来た事を積み上げる事で自信が出来て遣る気が増す
・トークはトークの内容/意味/意味合いでは無く
  トークを楽しむ為の時間潰しの為の
   トークに成る可能性が高い
  トークで時間潰しを楽しんで居るに過ぎ無く
   トークの内容/意味/意味合いを
    追及すべき対象では無い事を確認して
     トークする必要が有る
     ドラマのトークは心の言葉を喋って居る
   時間潰しのムダをムダにして居るトークで有る
    ムダなトークを時間潰しのムダにし無い為に
     当事者(一人称/二人称)では無く
      三人称で当事者の表情/仕草/行動パターンの
       変化の人間観察を楽しむ
    当事者では無く三人称で観察すると
     当事者の思い/気持ちが見えて来る
  ムダを先を見越して
   今現在の目の前の事もムダをムダにし無い
・菩薩の慈悲は(苦を取り除き楽を与える)
  苦は取り除くが楽は与え無い事が必要!
   楽を与えてしまうと
    楽を学び図に乗り/堕落/手を抜く/誤魔化す/逃げる事を
     学び実践する事に成る
   苦を取り除く事は
    ムダ/余分を減らす事が出来る
    成長するには苦は苦として学ぶ必要が有るが
     過剰な苦は成長を妨げてムダ/余分で必要が無い
    苦を学ぶ事で楽を知る事が出来る
     楽を知っても楽に走ら無い事が必要
   必要以上を求め無い足るを知る事が重要な事で有る
    足るを知る事が苦でも無く/楽でも無く
     平凡/程々が実践が出来る
     平凡/程々の難しさを学び知る事が必要で有る
・働かざる者食うべからず
  家庭家族/会社/国の繁栄が有って
   結果として働ける/食う事が出来る
  国民を働かせて国の繁栄
   会社は社員を働かせて会社の繁栄
    家庭は家族を教育/育てて/働かせて家庭の繁栄
  国/会社/家庭は繁栄する為には
   人々が働ける(働かせる)環境を整える事が必要
  国は税金を徴収を
   (税金で国は存続/税金が無いと国が崩壊する)
   会社は利益のピンハネして税金/給料を
    (利益確保して会社の永続/存続)
    家庭は給料から税金/お小遣いが必要
     (給料を得て家庭の確保/存続)
  国/会社/家庭は
   環境を整える/運用/運営する為に費用が必要と成る
   何もし無くて/何も遣らなくては食う事は出来なく
    共存共栄の結果として『働かざる者食うべからず』に成る
    共存共栄の基本はギブ&テイク
    『先に与える(提供)事で後から与えられる(貰う)』
      先に与えられて後から与えるでは無い事を理解すべき
  自分の過去/現在/未来の
   生活/共存共栄の環境を整えるには『税金』が必要!
   税金を支払うのは現在の自分が出来る
    未来の自分が共存共栄をする為で有る
  現在の自分が
   未来の自分の為には『保険』が必要!
   保険は現在の自分が出来る
    未来の個人の自分の為のリスクマネジメントで有る
・言動は時/場所/立場を選ぶ
  基本的には時/場所/立場を選らば無い事は無い
   言動/遣る事は無意識では無く
    意識し考えて言動を行う必要が有る
・目的の基本を忘れるから
  本末転倒で問題に成る/起こす
   目的も条件の影響を受けるが
    基本は基本で忘れては成らない
   条件の影響を交渉する事で
    条件を変える事で基本を守る事が出来る
   条件/遣り方は変えられるが
    目的の基本を変えてしまえば
     目的の意味が消えてしまい目的が崩壊する
   遣る/遣って居る事に意味が無く成り
    目的の存在感が無く成る
  意味/存在感が無いなら目的を持って遣る必要が無い
   目的は意味/意味合いから
    基本理念が出来て存在観が創られる
・結果を出さ無い事には次の結果が見え無い
  遣って結果を出すから
   次の事が遣れて次の結果が見える
  考えて居て何も遣らないと結果を見る事は出来ない
   悩む前に遣って見て結果を出して反応を見る事が必要
    閉じ籠もって居るのでは無く
     外に出てモノ/人と接する事で常に変化が有り結果が出て
      接する事でモヤモヤの悩みが薄れてゆく
   結果の出ない人と関わり合うから悩む事に成る
・自分の自由に成らないと
  力任せに遣る事は方向性を間違えて
   良い結果が得られ無い/得られ無く成る
  力任せの無理強いする事は何の効果も出無い
   無理強いして遣った事は意味が無く成る
  力任せに遣ると違う方向に余分な力が入って
   違う結果に成ってしまう
  思い通りの結果/方向性を得るには
   力任せ/無理強いでは無く
    余裕を持った力加減が必要と成る
・整理整頓の後片付けをする事は
  次の準備/段取りをした事に成る
   整理整頓の後片付けが出来て居ないと
    次に遣る時に必要なモノを探す事に成り
     準備段取りが遅れる/遅く成る
  人を制する/自分の為には
   先を見越して遅れる事無く先へ先へと手を打つ事が必要
   リスクマネジメントも同様にリスクと成る事には
    危険回避の為に先へ先へと
     計画/準備/予防策のマネジメントをする事が必要
    必要な事の必要以上に成らない様に
     無理/ムダ/余分にする事無く足るを知る事が必要
     『過ぎたるは及ばざるがごとし』を理解する事が必要
      無理をするから逃げられ無い危険が寄って来る
・素直に解釈するのでは無く
  穿った解釈をして基本と本質をネジ曲げてしまい
   遣れる事が遣れ無く成ると他人の所為責任にしてしまう
  素直に解釈して居れば遣れて問題無く結果が出せた事
   素直に成れないのは
    我が/自我/感情に左右されて
     穿った解釈をしてしまう事
・必要な時は必要で
  必要で無い時は必要では無い
   片付ける中で整理整頓をするとは
    整理する事で必要で無い余分/ムダなモノは捨てる処分するで
    整頓をする事で必要な時に必要なモノが見えて居て
     直ぐに取り出せる状態にする事で有る
      誰が観ても何処に何が有るかを見える様にする事
  見え無い/分から無い事から
   必要以上の無理/余分/ムダ/派手/贅沢に成る
   整理整頓が出来れば見えて/分かって
    必要以上の無理/余分/ムダ/派手/贅沢は無く成り
     質素にする事で余裕が出来る
    必要以上は無理して余分/ムダ/派手/贅沢に成り
     余裕が無く成る
   見えて分かって居ても遣れ無い事が多々有る
    整理整頓の後片付けが出来なければ
     遣れ無い事が増える
  遣る事/遣れる事を遣るには
   整理整頓する事が含まれる
   整理整頓は難しく無く
    必要か/必要で無いかを
     意識/自覚する事が出来れば
      整理整頓をする/遣る事が出来る
   自覚が無く/無意識に成ると
    無理して余分/ムダ/派手/贅沢をしてしまう
  多くの人々知ら無い/見え無い/分から無い事を
   良い事にして善意の第三者に成って
    言い訳をして逃げる/誤魔化す/手を抜く/開き直る
   遣る事/遣れる事を遣って居れば
    言い訳して逃げる/誤魔化す/手を抜く/開き直る必要が無く成る
  後片付けをし無い/整理整頓をし無いで
   自分で見え無くして居る事に気付け無い事が問題で有る
   意識し自覚して自分で遣る事/遣れる事が有るハズで有る
   必要以上の無理して余分/ムダ/派手/贅沢な
    遣れ無い事を遣って無意識に過ごさない事が必要
・コストを落とす事に拘れば
  品質を落とさざるを得なく成る
   品質に拘ればコストは落とす事が出来なく成る
  コストと品質は避ける事が出来ない
   どうする事も出来ない両天秤で有る
  コストが落とす/落ちる事は
   目に見え無い所/誰も知ら無い所で
    誰が努力したと何と言っても
     品質が落ちて居る/落とされて居る事実が
      両天秤で有る事から起きて居る
  選ばれるのはコストとか品質なのかどちらなのか?
   選ぶ側の選択基準で決まる
   選ぶ側の選択基準は時代の影響を受ける
   時代の選択基準をイノベーションの創造をする
   選ぶ側と時代の選択基準は一定/同じでは無く
    一定/同じでは飽きる事から
     常に変化/変わる事を求める
・ウソを付く事は何時か事実が分かりバレる
  ウソを付く事は事実と反する事を言う事で有る
   ウソを付く事に対する罪悪感/嫌悪感が無い/欠如して居る
  ウソを付く事で自分の中では何時の間にか
   ウソをが現実の事実に刷り変わって居る
   ウソを付く事は本人が自覚し無い一種の病気?
  本人が自覚したウソは
   本人が何時事実がバレるかハラハラドキドキで有る
  ウソを付き始めるとウソがバレ無い様に
   ウソの上塗りを始める事で
    ウソの収拾が出来なく成り大事に成る/大きな問題に成る事が
     分から無く成って居る/分から無く成って行く
   自分の中では事実/真実で有る?
  ウソは全ては自分の心の中に有る問題で有る
   他人の所為にするが事実は自分の心の中で有る
    他人の廻りを切り開くのは自分の心で有る
   心を養い心を鍛える必要が有る
   自分が遣る事/遣れる事を逃げる/誤魔化す/手を抜く事無く
    遣る事で不安が無く成り自信を付ける事で心が鍛えられる
    不安が消えて自信が付けば
     廻りの他人の影響を受け無くなり
      素直でウソを付く必要が無くなる
    素直に成ればウソを付く事で
     自分の首が絞められる事が理解出来る
・笑う事が出来る人は感情の開放が出来る
  笑う事が出来無い人は感情の開放が出来無い
   笑うとは意識した笑顔/笑いで無く
    無意識での大笑い/バカ笑い(ゲラゲラ/ワッハハ)を言う
  笑う事が出来無いのは知性/理性などで
   意識が強すぎて感情が制御されて
    感情が押さえ込まれて居る
  笑う事が出来る人は感情に流され易い
   感情に流されると二面性が出る
  同じ様で有って違う事で個性と成る
   同じ様で有って違う事が必要
   同じにしてしまうと個性が無くなる
   同じ様にする事は基本と本質の部分で
    どうでも良い事は違う必要が有る
  基本と本質の部分には歩き方に現れる事が有り
   歩くは同じ様な行動で有るが
    歩き方で病気に成る/病気が見える事が有る
    歩き方に身体の内部の状況/条件が表に現れる
  無意識な行動が内部の状況を表出させる
   人の行動を観る事で人の内部が見える
    外部を観察する事で人は別々/個性/違うと言うが
     同じ様に分類/行動パターンが出来る
   観察して居ると
    意識した行動はギコチ無い行動が表に現れる
    無意識の自然な行動は
     感情も含めて分類/パターン化出来る
・目的が違えば遣り方も違い/変わる
  当初の目的が違い遣り方が変わらなければ問題に成る
   遣り方も順番/順序/手順を無視すると
    遣る事が遣れ無く成る/出来なく成る
  目的と条件が決まればほぼ遣り方は決まって居る
   思い付きで遣る事は遣る事/遣れる事では無い
   遣る事/遣れる事を遣るには計画的に遣る事で有る
  思い付きは不安無く/危険回避する事無く/危険を省みず
   思い切り突っ込む
   思い付きは廻りを気遣う挙動が見受けられ無い
  思い付きでは無く
   計画的で有れば次に遣る後先/前後の関係で
    次に遣る挙動が現れる
  女性の判断は右脳左脳が同時に働き思い付きに成り易い
   女性の判断は右脳左脳が同時に働き
    自分の判断が最も正しいとして思い付きに成り易い
  男性は右脳と左脳が別々に働く為に
   判断する時に思い付きに成り難い
   男性は右脳と左脳が別々の為に事を成す為には
    思い付きでは無く計画的で計画性が必要と成る
・甘いとは
  見方/捉え方/考え方/判断の仕方の
   条件/方向性/立場が多方面/多面的で無い事を意味する
   多方面/多面的に捉えて/見て/考えて
    決めた判断が甘くは成らない
  子供達の判断行動は知識/経験が乏しく甘く成るのは仕方が無いが
   大の大人達が勝手な行動の判断が甘いのは問題で有る
   勉強をしろとは言わ無いが
    多いに学び/学習する事が必要
   行動判断が甘いのは
    目の前で起きて居る事を意識し無いで
     無意識に見過ごして居る
    意識する事が出来れば学び/学習する事が出来る
  甘い/浅はか/考えが足り無い/飽きる/諦めるは
   流行り廃りに影響する
  意識し無いと思い付きの甘い判断行動に成る
   思い付きは甘い考えで
    自分が次に何を遣るかを計画的に考えて居ない事が有る
    思い付きは甘い考えに成らない為には
     計画的に計画して遣る必要が有る
    思い付きで甘く成って目先の事にだけ目が行って
     全体/全体像が見えて居ないと
      自分が何を遣って居るかが理解出来ない
・全ての判断基準は価値観では無く
  甘く無く/足るを知った必要か?必要で無いか?で有る
   残りはどうでも良い事で
    ムダをムダにし無い判断をする事が必要
   甘い判断基準に成ると
    どうでも良い事/ムダな事が増えて
     無理/ムダ/余分/派手/贅沢に成る
・遣る時は目的を持って遣る事が必要
  目的も無く何と無く遣るからムダに成る
   ムダにし無い為には目的を持って遣る事が必要
  余裕が無い時は極力ムダを省く必要が有る
   多くの人々は余裕が無いにも関わらず
    目的を持た無いで遣るからムダを創る
  切り詰める事もコストダウンでは有るが
   切り詰め過ぎるとお客様が逃げる
   必要で無い経費を掛け無い事がコストダウンに繋がる
  目的を履き違える/解釈を間違う/勘違いすると
   初期の主旨が何処かへ行ってしまう
   /目的の意味/意味合いが無く成る
  目的を持た無いから次に遣る事が見え無い分から無い
   目的を持っても遣ら無ければ
    結果は出ない/目的を達成する事は出来ない
   遣る事で良くも悪くも結果が出る/出せる
    遣った結果の良し悪しで次に遣る事が決まる
    何も遣ら無ければ次に遣る事が見えて来ない/決まら無い
・遣る事/遣り始める事は問題が少ないが
  維持管理/継続/永続する事は難しい/問題が多い
   思い付きで遣る事は遣れる
   計画をするは遣る前に準備/段取りをする中で
    維持管理する事を含める事が必要
   遣りっ放しでは
    維持管理/継続/永続する事が出来なく自滅の道を辿る
・安易/簡単/便利/楽に走ると
  結果的に持続性/耐久性が無く不便に繋がる
   電子機器は安易/簡単/便利/楽で有る
   電子機器は基板の問題(30~50年)で修理が出来なく成り
    結果として電子機器は交換する事に成り
     質素では無く派手/贅沢/無理/ムダ/余分に成る
  耐久器材/消費材は50~100年サイクルが必要!
   人間の寿命:50~80年? →世代を引く継ぐ
・閉じ籠もって悩んで居ても解決は出来無い
  外に出て自然の空気を
   自然界の景色/人々の行き交う様を見て居ると
    悩んで居る事が必要で無い/バカバカしく成る/ムダと思える
  自分だけが悩んで居て止まって居ても
   自然界の景色/人々の行き交う様は
    自分とは関係無く変わって居る/変わって行く
  悩む事無く変化して成長する事が必要
・同じテーマ/モノ/事を見て居ても
  興味関心が有るテーマ/モノ/事で
   見るテーマ/モノ/事が違い
    評価が同じでは無く違う事に成る
  一緒に遣る/チームを組む時は
   同じテーマ/モノ/事/方向性が見える
    共通認識化/共有化する事が必要
  何事も集団で遣る時は
   遣る事の理念を伝えて/教育して
    共通認識化/共有化する事が
     最初の業務で有る
   最初に共通認識化/共有化をし無い為に
   バラバラに成って理念に反する行動/行為が行われる
・何かを遣る時は
  最初は自分の思い気持ちが最初で
   相手の思い気持ちはその次で有る
  最初に相手の思い気持ちに成ると
   遣る事が嫌々に成る
  自分の思い気持ちが最初ならば
   嫌々では無く遣る気の気力が維持出来る
  おもてなし/もてなすは
   相手の思い/気持ち/立場に成る事で
    相手の思い/気持ち/立場に寄り添う事で
     自分の思い気持ちでは無い
   自分の思い気持ちで先行して遣るから
    相手には遣って遣って居るで
     自分の思い気持ちのゴリ押しに成る事で
      おもてなしでは無く成る
・自分が感動出来無ければ
  人々を感動させる事は出来ない
   自分の遣る事/遣れる事を遣って
    持てる力の最善を尽くす事で
     自他共に感動を与えて求める結果が出せる
・固い/硬い/頑丈/丈夫で有る事が良いのでは無い
  柔能く剛を制す
   しなやかさ/柔軟性が剛に対抗出来る
   固い/硬い/頑丈/丈夫は対抗出来なく成ると
    破壊する時は脆く成る/弱く成る
  しなやかさ/柔軟性は反発する事無く
   受け流す事が出来る
  しなやかさは多方面/多面的に
   知る/理解して居ないと出来ない事
  『実る程に頭垂れる稲穂かな』が理解出来ないと分かり難い
    稲穂は柔軟性が有るから実が実っても折れないで立って居られる
     過重な稲穂は稲穂の重さで稲が折れてしまう
      稲と稲穂のバランスが必要
  人間の心も頑張って突っ張って居ると
   弱く/脆く成る
  人間の心もしなやかな柔軟性が必要
   柔軟性を手に入れるには
    認め納得して受け容れる余裕/余力/包容力が必要
    『来るモノは拒まず去るモノは追わず』も
     余裕/余力/包容力で有る
      突っ張るだけが力では無い
       認め納得して受け容れるも柔軟な力で有る
・男の子は物事を知ら無いと幼稚で有り判断が甘いと言われる?
  女の子は物事を知ら無いと無邪気と成り許される?
・敵も味方も追うでは無く囲い込む事が必要
  追うでは目が行き届か無く成り
   何を遣るかが分から無く成る
  囲い込む事で目が行き届く事に成る
   監視が出来る
・遣り方/考え方の違いで
  同じ様な結果に成っても
   結果の意味/意味合いが違う事に成る
  同じ遣り方/考え方で有っても
   結果は違うが意味/意味合いが同じ様に成る
  方向性を同じくするには
   追う追い込むのでは無く囲い込む事が必要
・出来る事は出来る様にしてしか出来ない
  出来る様にして遣る事が必要
   出来ると思う事はまだ出来ない事で有る
   出来る様にして遣るとは準備/段取りをして遣る事で有る
  出来ると思う事が出来ないのは
   出来ない人間に遣らすから出来ないので有る
   出来ると思う事は準備/段取りをしてから
    遣らす事が必要
  出来ない事を無理/無理強い/強引に遣らしても
   出来ない事は結果として出来ないので有る
   出来る人間に出来る様に準備/段取りをさせて
    遣らせる事で求める結果が出る
     準備段取りは人では無く必ず自分で遣らす
・隠せば隠す程に見たく成る
  (盗撮/盗聴/エロ写真・・;病的習慣/癖と成る)
  見てしまえば何でも無く成る
   見てしまえば見たく無く成る
  隠せば/見せ無ければ見たく成る事を
   煽る事に成るのが人間心理で有る(教育方法の検討)
    隠すのでは無く的確に見せる事が必要
  素直に従う人間と反動で反対の行動をする人間が居る
   天の邪鬼?
   大きく分類して最低限二種類の人間が居る
・焦る/慌てる/時間的余裕が無く
  何かを遣れば強引に成り/無理強いに成り
   結果は良く成らず何か別の問題が起きて
    次から次へと問題が増えて遣る事が増える
  時間的余裕が創れる様に
   準備/段取りをして遣る事で
    問題と成る事を増やさ無いで遣る事が最善の方策で有る
  焦る/慌てるで時間的余裕が無い中で遣ると
   問題が増えて山積みと成り忙しく成る
   忙しさを自分が創って居るに過ぎ無い
  忙しいは他人の問題では無く
   自分の時間的使い方が間違って居る
   自分で時間の使い方を取捨選択して行えば
    余裕が持てて忙しく成る事は無い
    取捨選択するは自分に必要か?必要で無いか?で
     優先順位を決める事で有る
    世の中には自分にはどうでも良い事が多数氾濫して居て
     自分で無意識で居ると必要で無い事に
      手を出して忙しくして居る!
      忙しくし無い為には意識して目的を創る事が必要
     無理してムダ/余分な事を遣っている事に
      多くの人々の誰もが気付いて居ない?
  条件が整えられ無く
   遣る事/遣れる事が分かって居て
    遣れ無い事ほど苛つく事は無い!
   準備/段取りで条件が整えられ無いと
    遣りたい事が遣れない
   遣れる事が分かって居なければ
    諦めるなりで別の方法/遣り方が考えられる
・図星/自分が気にして居る問題/事を指摘される事は
  苛立つ/怒り出す
   問題点の指摘を受ける事は
    問題が外部にも知れ分かって居ることなので
     自分へのアドバイスとして苛立つ/怒るのでは無く
      自分の為を思うので有れば
       素直に認めて受け容れる事が必要
   問題点を改善出来る事とは別の問題で有る
    指摘された問題点は無意識では無く自分の為には
     意識する事で改善に繋げる事が出来る
・我先にの自我が先行するから
  公私混同と私利私欲に走る事に成る
   廻り/全体が見えて/全体が把握する事が
    出来れば個の公私混同と私利私欲の
     自我に走る事は無く成る
  個の自我に走るは
   廻り/全体が見えて居ない/全体を把握して居ないから
    出来てしまう事/遣れてしまう事で有る
  個に走れば社会から罰せられる
   社会は全体の中に個が存在する
    個が社会全体を守って居る
    社会には個の存在が必要不可欠で有る
    個に陥らない為には
     一面的に捉えるのでは無く
      多方面/多面的に捉える事が必要
・安心/安全は信頼の上に成り立って居る
  信頼が無いモノは安心/安全では無い
   信頼は品質の良し悪しが影響する
    品質が良い事は信頼に足りる/生まれる/創られる
  品質の良いモノが安心/安全と言える
   コストダウン/ディスカウントしては
    安心安全が守られ無い
   安心/安全は実質/本質が伴われない
    偽りの標語/口先の言葉でしか無く成る
  品質を証明して信頼を獲得して安心/安全を与える
・時が来る迄何時でも遣れる様に
  準備段取りを怠ら無い
   余計な事/余分な事/ムダな事を遣る事に成る
  考えて居る事/考えて居る速さ/早さ/スピードに
   身体が思う様に程に着いて来ない/追従して来ない
  常に身体を鍛えて何時でも対応出来る様に
   準備をして置く必要が有る
   バランスが取れて居て遣る事/遣れる事が
    遣れるので有る
   アンバランスでは遣りたい事が遣れ無く成る
・突飛な事/話題性の有る事は
  飽きられ/忘れられて長続きはし無い
   地味な事が話題には成らないが長続きする
  話題性を創ったら
   飽きられ/忘れられる様な事の無い様に
    次へと次へと変化をし安定し続ける事で
     長続きさせる事が必要
  突飛な事/話題性な事が
   突飛/話題性だけでは無い事を示して
    飽きさせ無い/諦めさせ無い事で
     長続きさせる事が必要
  突飛な事/話題性で
   惹き付けて品質を示して信頼されて
    安心/安全で飽きさせ無い/諦めさせ無い事で
     長続きさせ安定にする事が必要
・メインの仕事はメインの片一方だけでは遣れ無く
  支えが有るから遣れるので有る
   メインと支えが揃って居て遣れるので有る
   メインが良いのでは無く
    支えが揃って存在するから遣れる/出来る
  メインと支えは一対で
   どちらが欠けても遣れ無く成る
  メインが持て囃されるが支えが無ければ
   遣れ無い/出来ない事に成る
   メインには支えは必要不可欠で有る
   支えはバカにする/無視する事が出来ないモノで有る
  夫婦は一対で夫婦で有るどちらが欠けても夫婦では無い
   夫婦は一対で時にはメインで時には支えと成る
    夫唱婦随と婦唱夫随で有る
   夫婦はどちらも必要な男女/夫婦で有る
  全ての出来事物事には
   表側のメインと裏側の支えが一対として存在する
   メインを持て囃されるが支えが無ければ
    メインも存在が出来なく成る
   支え有ってのメインで有る
  メインは支えを無視する事が有るが
   メインで有る自分を活かす/生かす支えを大切にする必要が有る
   自分を活かす/生かすには
    他人を活かす/生かす事が必要で有る
   他人が存在して存在するから
    自分が存在する事が出来るので有る
    自分が存在する為には
     他人の存在が不可欠で有る
・忙しいを言い訳にして
  片付け無いで目に見えるモノを奥へ奥へと押し込んでしまい
   自分で見え無い化をして居る
   全ての責任は自分に有る事を理解すべき有る
  整理整頓で遣り終わった時点で
   片付ける事で見える化が出来て
    必要な時に必要なモノが取り出せる/使う事が出来る
  遣って居る時点の拡がる事/拡げる事は
   必要なモノが必要な時に直ぐ手が付けられる
   片付ける整理整頓する事は見える化で
    次への準備/段取りが済んだ事に成る
  全ては遣る事/遣れる事を遣る事は
   自分の為で有る事を理解すべきで有る
   自分の為に遣る事が出来ないから
    責任を取る事に成り
     自分の首を自分で締める事に成る
   自分の責任は他人が取る事は絶対に出来ない
    最後に自分に帰って来る
    情けは人の為ならずも同じ事で有る
    此の中に原理原則の基本と本質が見えて居る
  考えるだけで何も遣ら無ければ
   何も変わら無い/責任も生まれ無いが
    変化して成長する事も出来ない
  考えて何かを遣って
   変化して責任を取る事で人は成長する事が出来る
  流されても良い事と流されては行けない事が有る
   流されてしまうと
    拘り等の必要な事が無く成って
     全てがどうでも良い事に成ってしまう
・個と個が接する関わり合う事で人生を創る
  個の集まりが全体を創り歴史を創る
・見えるか見え無いかで
  見え無いと誘惑して誘って居る事に成って
   欲望を誘惑して危険で有る
  見せ無い成らば確実に見え無い様にする
   見せる成らば隠す様にし無いで
    確実に見える様にする
   余りにも隠さ無いで見せられると飽きて見たく無く成る
  見ると飽きる迄触りたく成る
   弄くり捲り遣りたく成る
   際限/切りが無く成る
  中途半端にするのでは無く
   最初から見せ無い事が最善で必要な事
   危機管理でリスクマネジメントをする
    枠の中で飽きる迄見せる/触らせる環境を創る
    押さえ込めば押さえ込む程に暴発するだけで有る
  危機管理/リスクマネジメント的には
   一気に開放するのでは無く少しずつ発散する事が必要
   安全弁を設けて徐々に発散解放する事が大切で必要な事
  安全弁で少しずつ吹かして
   鬱憤を溜め込まさない事が必要
   鬱憤は破裂すると思いも依らない方向に
    影響する/被害が及ぶ事に成る
   鬱憤は大量に溜め込むと暴発/爆発するので
    溜め込まないで少量の内に少しずつ吹かして
     発散解放する事が必要不可欠
  鬱憤を溜め込むと精神的に不安定に成る
・焦る/慌てる/切羽詰まって/ギリギリの行動では
  危険が伴う/危険が秘める
   リスクマネジメント的には
    何事も余裕を創って行動する事が必要
  必要以上の無理して派手/贅沢にする事無く
   質素にする事で余裕は自分で創るモノで有る
  必要な時に必要なモノが揃う事が余裕で有る
   焦る/慌てる/切羽詰まって/ギリギリ/派手/贅沢では
    必要なモノが必要な時に揃える事が出来なく成る
   無意識で考えて居ない/考えが及ば無い事が原因
・自我が強く自分の都合/思いが優先して
  後先/前後の関係を考え無い思い付きは
   出たとこ勝負で
    その時はその時で何とか成るの思いが性格的に有る
  余裕が有れば/出来れば
   考えて思い付きでは無く後先/前後の関係/状況から
    自分の優先順位を変えられる
   余裕が有れば我が我がで
    先頭に立つ必要は何処にも無い
  自意識/自我で先頭に立つ事で
   優越感が有る/優越感に浸れるが
    後先/前後の関係から外部からは
     撃たれる/標的に成る/蹴落とされるに過ぎ無い
      ムダな行動/行為で有る事が理解出来て居ない
  自意識/自我が強いと出たとこ勝負に出てしまう
   結果的には自分の為に成らない事を遣って居る
   多くの人々に言える事で有るが
    『情けは人の為ならず』が
     言葉では知って居て/分かって居ても
      行動/行為の実践が出来ない悲しさが有る
    全て人生は巡り巡る事が有る
  不確定性要素が存在するが
   カオスの初期値鋭敏性が存在する
   自分が創った初期値が
    巡り廻って自分の処に影響が拡大して帰って来る
・自分だけは違うは
  全体的には自分も皆も同じで有る
   自分が皆と違う成らば
    同じでは無く皆と違う事を遣る必要が有る
  知って居て/分かって居て
   実践の行動/行為が出来ない事は皆と同じで有る
  皆と違う為には
   必要な時に必要な事が遣れる様にして置く必要が有る
   全てに対応する事は出来ない為に
    優先順位を決める事が必要
    優先順位は拘りとして現れる
     執着する事は拘りでは無く
      自分の足を引っ張る事に成る
  基本/本質を捉えた拘りは
   変化する事が出来るが
    執着する事は変化する事が出来なく成る
    拘りは意識して居るが
     執着は無意識に成りやすい
   原理原則の基本と本質は変わら無いが
    基本と本質を理解して居ない人々には
     状況変化で表向きには変化した様に見える
  自分が遣れ無い事を遣れる人には
   目くじらを立てる/邪魔をする
  違う事を遣る時は
   目立た無いでスッート自然体で遣る事が必要
・素材を活かして調理/料理で有る
  人を活かして人を遣う/動かすで有る
   短所/欠点を指摘しては人を遣う/動かすでは無い
   人を遣う/動かす事は長所を活かす事で有る
  何事も自分の為に活かして初めて自分の為に成る
   調理/料理/活用/遣い方/動かし方/活かし方で
    自分の為に成るが
     活かし方が悪ければ自分の為には成らなく
      自分の足を引っ張る事に成る事を
       頭では知って居ても理解して居ない人々が多く居る
・ムダを承知でムダを遣り
  ムダをムダにし無い事が必要
   他人からはムダに見えてしまうが
    自分として考えたムダをムダにし無い事が必要
  多くの人々はムダをムダにして居るから見て居て
   イライラ苛つく/頭に来る
  基本的にはどうでも良い事はムダな事が多い
   先ずは最初は必要な事から遣り始めて
    どうでも良い事に手を出す
   どうでも良い事が必要な事に成り
    ムダでは無くなる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『真理の探究』 44 関わ... | トップ | 『真理の探究』 46 後先... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL