闘え!文庫魂

空手を愛する熱い仲間たち
金沢文庫木元道場生におくるメッセージ

全日本大会応援ありがとうございました。

2016年10月24日 | 仲間たちへ
全日本大会応援ありがとうございました。

神奈川大会で優勝し、入門3年目に憧れの全日本大会に出場させていただいてから、第48回大会まで長きに渡り全日本大会に出場させていただきました。

一般無差別の全日本大会という、大舞台で戦わせていただけること自体光栄なことであり、毎回その日を迎えるまで積み重ねる稽古、時間や色々な出来事や葛藤の全てが宝となっているように思います。

先生は実は今でも「空手は好きだけどこわい」のだそうです。

試合も素手素足で思いっきりぶつかり合える場であり、かけがえのないものだけど、先生にとっては一瞬たりとも気の抜けない恐ろしいものだそうです。

でもだからこそ、限界に挑戦し、口がきけなくなるほど追い込むことができるし、自分と向き合い、自分の弱さを知り、まだまだできることを探せるし、全日本に出場される名だたる強豪選手を想定し、研究し、沢山の事を学ばせてもらえるのだと思います。(時には知りすぎて魅了されてしまうほど)

今では、ユースの選手も本当に強くなっていて、ベテラン選手やトップ選手の皆さんのさらなる技術向上も素晴らしく、全日本に向けて身体を作り、肌身でそれを感じることのできる経験は、日々の苦しい稽古にすら代え難いものだったのだと思います。

そして、何より、稽古生のみんなの多くが試合に挑戦してくれるようになったり、日々の稽古により真剣に、懸命に取り組んでくれたり、道場の外でも大変だったり、辛い出来事があっても歯を食いしばり頑張って踏みとどまってくれていることが先生の背中をずっと押してくれていたような気がします。

今まで本当にありがとう!!
沢山の応援やご協力、サポートありがとうございました!!

日本一はただ一人。毎回多くの選手がなみだをのむ。それぞれに支部や仲間の期待を一身に受け、背負うものがあり、選手お一人お一人の一年間の集大成がぶつかり合う素晴らしい大会なんだそうです。

これからも文庫のみんなが全日本大会に挑戦してくれるようになったら嬉しいです。
みんなだったらもっともっと強くなれるはずです。やる気がある人には全力でお手伝いするそうですよ。(本当はそっちの方が好きかも?)

これまでいただいた経験を皆さんに伝えていくことが恩返しでもあると思いますし、先生自身も空手に対する挑戦と情熱を失わず、まだまだみんなと稽古を続けていくと思います。

稽古待っています。
押忍

先生にとっては稽古の一瞬、一瞬が、私にとっては、眠れぬ夜やちょうど追い込みの時期の金木犀の香り…今年は違って感じました。ゼッケンチェックの時、「完璧です!!」と言っていただけたそうです。とても嬉しかったです。(*^^*)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサキちゃん敢闘賞受賞!! | トップ | 29日(土)は午後休館、30日(日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仲間たちへ」カテゴリの最新記事