岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

「MINO展 2017」開幕です!!

2017-02-13 12:08:40 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日の岐阜は、朝から青空が広がる冬晴れの一日となっています。

さて、全国各地で志野・織部・黄瀬戸など独自の美濃焼を制作する陶芸家に焦点を当てた文錦堂名物企画展「MINO展」
今年も「MINO展 2017」 【 ~19日()】と題して、先週末11日より始まりました!!
先の「酒器展」に続き初日にが降る生憎のスタートとなりましたが、連日県内外から多くの愛陶家の方々に足をお運び頂いております。
また、今日は現代陶芸美術館の高橋 秀治 館長にもご来廊賜りました。

それでは、現代陶芸をリードする人気陶芸家6名による六者六様に彩られた個性溢れる美濃焼の “競演” をお楽しみ下さい。

弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)にて、14日(火)20:00~出展作品を順次販売させて頂く予定です。





玄関正面のコーナーは、今出展作家最年少で2年ぶりに「MINO展」への出展となった深見 文紀さんの渾身の「志野」作品が並びます。
代表作「漫画織部」で今やすっかり超人気作家となられた深見さんですが、今展では満を持して「志野」という大きな壁に挑まれました。
絵画は、岐阜出身の長縄 士郎(1923- 日展参与)画伯による3号「舞妓」。



床の間を演出する作品は、鈴木 健さんの艶やかな緋色が美しい「志野花器」。 絵画は、長縄 士郎画伯による軸装「立雛」。



酒器は早々に完売となるなどお得意の絵付を活かした【深見志野】は、今展でも多くの来場者の目を惹きつけています。



続いて、「MINO展」ではすっかりお馴染みとなった鈴木 健さんと備前の金重 巖さんの作品が並びます。
健さんは「黄瀬戸黒」という独自の作品を、巖さんは「黄瀬戸」作品を発表され、大きな話題となっています。



最後は、日本陶芸界の鬼才 隠崎 隆一先生による【オリベ】作品を含めた圧巻の新作群が並び、存在感を放ちます。



明日は、画廊奥の会場風景をご紹介致します。乞うご期待!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DM掲載作品紹介/MINO展 2017... | トップ | 「MINO展 2017」会場奥風景。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。