岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

私の一押し作品!!≪鬼ヶ島作品/矢吹芳寛・大前悟 二人展より≫

2017-03-19 11:42:29 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日も岐阜は朝からあたたかな陽気に包まれ、春の訪れを感じる1日となっています。

さて、11日から開催致しておりました「ー古の景色を求めてー 矢吹芳寛・大前 悟 二人展」も、本日無事に最終日を迎えました。
会期中は、若き二人の俊英による競演を一目見ようと、県内外から多くの愛好家の方々が足を運んで下さいました。
改めて、素晴らしい新作群をご出展下さいました矢吹・大前先生、そしてご来廊賜りました多くの皆様方に厚く御礼申し上げます。

それでは、今日も「矢吹芳寛・大前 悟 二人展」 から「私の一押し作品!!」と題して、選りすぐりの出展作品をご紹介致します。
今日ご紹介する作品は、大前さんの「鬼ヶ島」作品です。

お客様から「鬼ヶ島とはどういう意味ですか?」と、よく尋ねられます。
大前さんの定義では、淡路島の原料のみを用いて制作した作品には「鬼ヶ島」と名付けているとのことです。
古来より淡路島には【鬼ヶ島伝説】があり、鬼が石を投げて出来たのが淡路島、その址のくぼみが琵琶湖なんだそうです・・・。

先ずは、大前さんが制作に最も力を注ぐ「井戸」作品から。 釉が幾筋も流れる景色や、荒々しい梅華皮など見応え十分です。



   大前 悟 作 「鬼ヶ島井戸茶碗」 H 8.5×D15.0cm・・・・・¥108,000-



   大前 悟 作 「鬼ヶ島井戸盃」 H 4.8×D 8.0cm・・・・・(売約済

続いて、骨董に深い見識を持つ大前さんならではの古格漂う「無地刷毛目」作品も。



   大前 悟 作 「鬼ヶ島無地刷毛目注壺」 H 9.0×D10.6cm・・・・・(売約済



   大前 悟 作 「鬼ヶ島無地刷毛目ぐい呑」 H 5.8×D 6.8cm・・・¥16,200-

最後は、「白黒(不二山写)」作品共に新たに発表され、鉄が錆びたような独特の趣で話題を呼んだ「錆黒」作品も。



   大前 悟 作 「鬼ヶ島錆黒水差し」 H14.7×D 8.8cm・・・(売約済



   大前 悟 作 「鬼ヶ島錆黒六角盃」 H 5.0×D 6.8cm・・・・・(売約済

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の一押し作品!!≪黒作品/... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。