岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

「NEW Generation展 2017」会場奥風景。

2017-06-13 16:38:22 | 工芸
皆様、こんにちは。

今日は、朝からご常連のお客様方が切れ目なく立ち寄ってくださり、コレクション談議に花が咲く大変賑やかな一日となりました。

さて、先週末から始まりました、文錦堂人気企画展「NEW Generation 展 2017」 【~18日()】。
今年もまた次代の陶芸界を担う楽しみなメンバーが揃い、六者六様の個性がぶつかり合う素晴らしい “競演” 内容となっています。

本日21:00~弊社ホームページ(http://www.bunkindo.com)でも、今出展作品を順次掲載させて頂く予定です。

それでは、昨日に引続き「NEW Generation 展 2017」の会場風景をご紹介致します。



先ずは、今展初登場となった備前の新星 市川 透さんの作品が並びます。
今展では、「私は未来を見る」という意味が込められた新シリーズ 【Will】が発表され、多くの来場者を魅了しています!!



 軸は、故 加藤 東一(1916 - 1996)画伯による画賛 「めくるめく」。 

続いて、昨年に引き続いての出展となった谷本 貴さんによる「伊賀」「楽」作品が並びます。
今展では、「茶器」「酒器」の他にも貴さんの遊び心が伝わるハート形をした「オブジェ」作品も併せて出展され話題を呼びました。



違い棚には、今出展作家の中で紅一点 吉村 茉莉さんによる「赤絵細描」作品が飾られ、華美な空間を演出します。
独特の感性で表現された色艶やかな茉莉さんの作品を求めて、多くのファンが殺到されました。



最後は、人気の「酒 器」コーナー。 今展でも六者六様の個性溢れる酒器が出展され、多くの酒器党の方々が悩まれていました・・・。



明日からは、多くのお客様方から大好評頂いております「私の一押し作品!!」を作家別にご紹介していきたいと思います。
乞うご期待!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「NEW Generation展 2017」開... | トップ | 私の一押し作品!!≪吉村 茉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。