お気楽でいいんだよ

Monster Mash キーボード担当 BUNのブログ

気軽に思いのままに

2016-10-29 17:30:51 | Weblog
レコードがあってCDがあって近頃はダウンロードが急速に広まって、これまではこうして個人が対価を払って楽曲を買い上げていたわけだけど、そこに姿を現したのが広告付き無料音楽ストリーミングサービス。これパッと見は民放テレビの番組とCMの関係性に似てる。Spotifyの無料プランで聴いてると曲の合間に定期的に広告が流れる。それが煩わしいかというと個人的には全く苦にならない。Spotifyとアーティストと広告主の間にどういった権利や金銭の流れがあるのか俺は知らない。ここからは想像だけど、曲の再生回数に比例してアーティスト側に広告料が支払われるのなら商売の在り方として大いにアリだなと思う。いろんなアイデアが考えられるだろう。例えば再生数の多い人気アーティストの広告費は割高の設定にされるとか、アーティストが特定の広告とタイアップとか、アーティストがSNS等を上手に活用すれば再生数アップにもつながるだろう。曲の買い上げではなく再生数がミソ。無料で未知の曲に気軽に思いのままに触れることが出来ることのインパクト。これからの新たな音楽ビジネスの在り方として様々な可能性や多様性に気づけていないアーティストやマネジメント会社は取り残されるのかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しいアルバムが | トップ | 音楽制作の »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL