部分痩せ脂肪溶解注射打ち放題とオゾン療法 文化村通りクリニック院長室 美容と健康のかかりつけ医

日々感じることを医療のジャンルにとらわれず
一般保険診療 オゾン療法 ニンニク・プラセンタツボ注射 アフターピル  

オゾン療法で睡眠薬、安定剤がいらなくなった

2017年07月15日 | 医学関連

 睡眠薬が増えていく!

寝られないから睡眠薬常用。

睡眠薬が1錠で効かないから増量。

睡眠薬一種類では効かなければ、複数の睡眠薬併用。

 

  日銀アベノミクスと同じく泥沼!

物価上昇率2%に達しないからといって、無期限に金融緩和をし続ける日銀の政策と同じですが

言うまでもなく、治療は期限とゴールを決めてするものです。

効かなければ他の治療法をトライするとか、治療の前提条件の見直し(原因、生活改善)が必要です。

(この時代に、一般家庭でエンゲル係数が上昇しているというのに、まだ物価上昇、円安誘導するとは!

 

 睡眠薬 安定剤減らせます!

他院から紹介状なしで

睡眠薬を出してほしいという患者さんが流れてきます。

自殺や事故があるといけないので、特に夜間は紹介状があっても受け入れを制限せざるを得ません。

あまりにも多数、多種類の薬が処方されていて驚きです。

  不眠にはオゾン

そのような患者さんには、薬の整理とオゾン療法を薦めています。

以前にもブログで書きましたように

不眠やうつに効果があります。

経験的に薬剤の減量も可能です。

 オゾン療法 やる気が出る よく眠れる、不眠が改善した

 快眠でいる方法は?

 

一般的には薬は単剤(一種類)、できる限り少なくというのが原則です。

ただ不眠などの患者さんは(当院だけか?)ご自身のこだわりが強く

無理に薬を減量、整理しようとすると、他院に行ってしまうだけなので

さじ加減というものの、患者さん相手は難しいものです。

  薬に頼りたくない

 いつまでも(薬は)続けられません!

しかしながら、睡眠薬や安定剤を自覚症状に合わせて飲んでいると

必ず効かなくなり、量が増えるだけなので

(特に女性は妊娠したらストップです!)

薬を止めたいと思うのであれば、是非ご相談ください。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男性向けの筋肉増強とダイエット | TOP | 講道館柔道八段おめでとうご... »
最近の画像もっと見る

Trackback

Trackback  Ping-URL