ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

ラーメンドライブ

2016-01-31 13:50:18 | Weblog
 久しぶりに「美味しい」とのうわさのラーメンドライブに出かけてきた。
午前中、少しだけ屋根の雪おろしで汗をかき、ラーメン入るお腹の場所を準備した。

 食べるものは決まっていても、一応メニューを眺め、お腹を食べて気持にさせて満足してもらう。
お店も満室状態。
今回のラーメンは「広東麺」だ。注文後の出来上がりも珍しく早い。
美しいお嬢様の運んで暮れる広東麺は格別だろう~~。見ただけでもお腹が・・・・・。

         

                           

 そして、美しいお嬢様の「ごゆっくり召し上がって下さい~~」の微笑みは一層に食をすすませてくれた。
アツアツで、とにかく美味しい。

       

          

 消費税込みの一食1000円の広東麺。
美味しさと安さで会計した妻もカメラ目線に・・・か。
お腹の満足度はA級くらすだ。雪おろしですいていたお腹も満腹状態で・・・ごちそうさまでした~~。

         

 昨夕の輝く満点星空から想像した冷え込み、午後6時過ぎの-17度は、深夜の2時に雪降りに変わりグッと暖かく・・。
早朝の気温は-12度に。出勤で外にでた一声て「あ た た か い 」の言葉だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷え込み

2016-01-30 14:19:35 | Weblog
 今朝も冷え込んだ我が家周辺。
マイナス19度だった。記憶にあるこの10年間での我が家の庭先での最低気温は-24度の時があった。近隣の町からすると
暖かい方だが…・。それにしても今朝も寒かった。

 午前7時過ぎに京都のお嬢様が、仕事の手を休めタオルで実験を・・・?
水でしぼったタオルを数回回すと直ぐに立ってしまった。実験成功・・? 2年目での初体験である。
その分、手は真っ赤になり冷たさそうである。

          

                                  

          

          

 午前5時36分の出勤時の雪を踏みしめる音が一段と寒さを実感させる。鼻の中が詰まりそうな・・・。
生まれたときからこの地に住んでいても、暖かさが恋しい。
暖気が屋根裏に逃げる屋根は太い氷柱が立ち並ぶ。

                                

 こんなに冷え込んだ朝は、たいてい快晴になる。
素晴らしい青空だ。しかし、午後には雲が・・・そして夕方からは再び青空が広がりはじめた。

                             
   
        

 今夜も冷えそうだ。
夜空に輝く満点の星。明日の朝の日本一気温の低い所は、今日に続いて近隣の町になりそうなあぁ~、中頓別町か枝幸町歌登か・・?
職場カラの帰路途中で見た、6時15分の我が家の庭先ではすでに-17度になっていた。
         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2つの椅子

2016-01-29 14:47:51 | Weblog
 今朝も厳しい冷え込みだった。
隣町ではマイナス23度とか。我が家の庭先でも15度。老いた指先きのためか軍手をはいての作業でも冷たさが身にしみる。

 出張での会議や研修には年明けから何度かあったが、町内での会議は今日が最初。
2つの椅子に座り会議のリードとまとめに何だかとても疲れた。ここでも老いだろうか~~。

         

 引かれたレールの上を走らせることは苦労もいらないだろう~~。
しかし、将来も見つめながら広い視野に立ちつつ、大局的な見地で物事を考えることの大切さも実感した時でもあった。

        

 午後1時少し前に我が家に戻るなりの「つかれたなあぁ~」の一言に「上手くいかなかったの・・・」の妻の返事が、激励にも聞こえ
つつ、老いに一層拍車がかかったような・・・。
事前打ち合わせの大切さを実感した明けて最初の会議であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日まいにち・・・

2016-01-28 20:27:44 | Weblog
 毎日まいにち雪が降る。
今朝も外へでると10㎝程の積雪。日中も10㎝程もつもっただろう~~。気温も低く終日マイナス10度前後だった我が家周辺。

 年末に掛けては少雪で気温も高く、過ごしやすい日々だった記憶がアル。
年が明けてから雪の降る日が多い。我が家の除雪車も良く動く。

                              

 もういつもの量になっただろう~~。
まだ1月だから・・これからも・・・網走では流氷初日を観測したとか~。昨年よりも10日以上遅いとか~。
やがて私達の周辺のオホーツク海にも・・その時には一段と厳しい寒さが・・。

         

 雪に足をとられ、転ばないようにがんばろう~~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育旅行の受け入れ・・を

2016-01-27 19:25:02 | Weblog
 北海道内各地では、グリーンツーリズムに取り組む人たちが中心なって、高校生の農業体験での教育旅行(修学旅行)の受け入れを行って
いる町村が多くある。
私達も数戸の酪農家で過去に、1度だけ滋賀県の生徒を二十名程受け入れた経緯がある。

 昨日、教育旅行体験受け入れバックアップ事業に取り組んでいる北海道庁の担当者の、山田さんと安田さんが宗谷管内各町村に入り
同事業の主旨の説明や実態調査に訪れたために「ぶんちゃんの里」の責任者として私も参加してきた。
他に浜頓別町のグリーンツーリズム協議会の役員や事務局も参加した。

                              

       

                              

 山田さんとは以前からの知り合いがあって、グリーンツーリズムやこうした話しを聞く機会が多くあった。
26年度に本州方面からの高校生の農業体験での農家民宿希望は、25000名程あって、受け入れているのは14000名程度で他の
11000名は断っている実態だったという。

 そこで「宗谷管内デモ受け入れ体制を構築・・・」と言う狙いが・・。
課題も多くあることだが、大いに検討に値することである。町内の酪農家では酪農体験生などを受け入れている方もいる。
時間はかかるであろうが、是非とも専門家等の意見も聞きながら、アクセスやコース、受け入れの土台作り、学校の期待に答えられる教育
効果の高いプログラム作りを行うべきだと思う。

         

         

 浜頓別町には、グリーツーリズムや酪農体験生を受け入れる組織があり、実績もある。
事業推進担当者の更なる活躍を期待したい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7時48分発で帰宅

2016-01-26 19:54:37 | Weblog
 昨朝からの出札出張。
今朝は7時48分発のスーパー宗谷1号で12時に帰宅。午後からの役場での会議にでる。終わって直ぐに牛のお世話。夕食時には何だ
かお腹にリキが入らない。研修疲れと飲み疲れが合併したのか・・・。

 昨朝は出張の際のいつもの時間、午前4時起床、午前5時前には厳寒の中を職場へ。
そして午前7時半には車で1時間走る。そして、音威子府駅からスーパー宗谷2号に乗車。

                             

 昼食後、研修開会まで時間があったのでお世話になっている関係機関を湯浅補佐と二人で訪問。
北濃中央会、日本農業新聞、北海道開発公社、北海道農業会議へと・・。お茶や牛乳をいただきながら談笑。
日本農業新聞では全ての人と初対面。名刺交換を・・。

                            

 そして、熱心に2時間弱の研修。
草地の国営事業に係わる研修だ。当たり前の事だが、目もばっちりだった。

       

       

 予定の研修も全て終わり、更に研修成果を深めるために情報交換会。
ここでの意義も大きい。近頃の度々の盃に私も少しだけ疲れぎみも・・・しかし、すこしたつと元気に・・。

           

 進行担当のYさんも元気に。
他の人のグラスと皿とメニューにばかりに視線が・・・しっかりと役目を果たす。

                                

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酪農体験ツアー終わった

2016-01-24 19:42:13 | Weblog
 7泊8日の酪農体験ツアーが今夜で終わった。
働く現場で人々との触れ合いを通して自分の生き方の見聞やその地への就職などの推進を狙いとした就業体験で酪農の体験を希望し
茨城県から来ていた19歳の乙女は7日間を元気に過ごした。

 今夕の仕事の後に、体験報告会に使う動画の撮影のインタビューにこたえた。
「浜頓別町とはどんな町ですか」「小川牧場の特徴は何ですか~」それぞれ1分いないの答え・・。
「ビールの前に終わらせなさい」の妻の言葉に口の滑りも重く・・・でも直ぐに終了。

         

                                   

 この体験期間のまとめは、こじんまりと関係機関も含めて昨夜実施。
「いたせりつくせり」のやり方は若者には「甘えの原料しか生まない」事も肝にめいじらがら・・・時には厳しい助言も・・。

                                 

          

 ホテルや福祉施設など16箇所を準備してある就業体験出来る所から私の酪農体験を選択してくれたことに感謝して、将来の酪農就業
希望の願いがかなえられるように、受け入れ者としてプレッシャーを感じながらの7日間でもあった。
元気に目標に向かって頑張ってもらいたいものだ。
まずは私達も本事業の1回目の役目を果たした。次は来月末の東京からの乙女だ。



        

 明日からは今年2回目の出札出張だ
厳寒の中、午前4時起きで仕事を終わらせお出かけだ。

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17時間の正月休み

2016-01-23 21:27:53 | Weblog
 新しい年が明けて早いもので23日が過ぎた。
私達二人ににとって今年初めてのお出かけは稚内市であった。出張の終わった午後4時から17時間だけのお正月休みである。
普段から仕事上でお世話になっている方と盃を交わす事を兼ねての休みで楽しいひとときであった。
稚内市内の336室で迎えた朝だ。

           

                             

 久しぶりに「地球が回り出した深夜」で千鳥足で慌てて336号室へ。
それにしても良く飲んだものだと・・・。ビールに焼酎に日本酒にウイスキーに・・・と。話しも各方面に・・。
知り合いと出会うことも・・。

         

 色々な話しの話題も新鮮なものからねちっこいものまで・・。
たまらなくメールの送信か検索か・・。のぞき込まれているのも知らずに夢中になる岳の意義はあったのかどうかは定かではない。
隣で熱心に歌っているのに・・・・と思わず~~。

           


 17時間の、とてものんびり出来た正月休み。
午前11時過ぎ、わずか1日ぶりに出張と正月休みを終えて帰宅。
午後2時過ぎ、ようやく体調は万全方向に向かう。わずかの時間で蓄えたエネルギーでガンバロウ~~。

 そうそう・・・昨日の出張は農業者年金の研修会であった。
2人の講師の方の話に熱心に耳を傾けた。

            
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛吹雪の後の我が家周辺

2016-01-21 19:32:57 | Weblog
 18日の夕方から北海道内各地で猛烈な吹雪や大雪に見回れた事がニュースなどで知らされた。
道東やオホーツク海側などの降雪はすごいものだ。被害にあわれたみなさんに心からお見舞い申し上げます。

 幸いにして我が家周辺は、強い風に見回れたものの降雪はなく、むしろ所によっては風で雪を運び出してくれたところも・・・。
その分、風によって運ばれてくる雪が積雪となって道をふさぎ、住宅周辺でご苦労された方も・・・。

 浜頓別町の周辺町村の降雪は多いところもあったようだ。
少し位置がずれただけでこんなに降雪量が違う事に驚く。

 今日、D型ハウスに上って雪おろしをしてみたがたいした量ではなかった。D型ハウスの上から周辺を見渡してみても、普段とは
変わらない光景だ。

        

        

        

 子牛達も元気に過ごしている。

                             

 屋根の上は見晴らしが良い。
フト顔をあげると老婆が車から降りてきたのが見えた。遠くからみる姿からは雪投げの労働もないためか、元気いっぱいのように見える。

                             

 明日は年が明けて2回目の出張で稚内行きだ。
役目を終えての午後6時からは短時間のお正月休みを予定している。飲み過ぎ注意でがんばろう~~。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「元気いっぱい」です

2016-01-20 20:08:21 | Weblog
 18日に宗谷総合振興局の就業体験ツアー事業で酪農体験に参加した茨木県からの19歳ちゃんは、浜頓別町に到着するなり
ホワイトアウトに遭遇。
その吹雪ももろともせずに昨日から酪農体験に突入。「元気いっぱい」だ。さすが、午前5時の起床はつらそうである。

             

 いくら動物や酪農好きとあっても、本格的な作業は初めての経験らしく、元気は良いものの体にこたえるらしい。
「3~4日目が第1次のつらいピークが訪れます」との話しに顔がゆがむ。
私達の一つ一つの話しにも熱心に耳を傾ける。

           

 吹雪のために家に閉じこもって、仕事も休んでいた京都のお嬢様とは夕方からの仕事が初対面。
ボチボチと語り合っていた。
まだなれあっていないようだが、そのうちに・・・。今夜は初顔合わせで夕食を共に・・・。

          

 短い体験期間だが、何もない静かな山奥での酪農体験、厳寒の北海道最北での酪農家の生活体験を楽しんでもらいたいものだ。
そして、町やそこに住む人たちに触れ、これからの生き方や働き方の参考にしてもらいたいものだ。

    
         
コメント
この記事をはてなブックマークに追加