ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

家庭菜園・・お腹いっぱい・・

2012-08-31 20:20:55 | Weblog
 8月もあと数時間で終わる。
明日から9月だと言うのに、我が家周辺も厳しい残暑が続いている。3日まで晴れマークだ。8月は雨も多く気温も高かったために
2番草の伸びもよく、全体量は確保されているのだが、来年の刈り取りに影響するため捨てるためでも刈り取らなくてはならない。
その作業も今日で終わった。

 これからは一雨ごとの涼しさを増し、少し気が早いが季節は寒さに向かって進んでいくことになる。
果たしてこれからの気温の変化は・・・。

 この時期はなんと言っても野菜の収穫が楽しい。
管理が行き届いていない、我が家の家庭菜園も収穫の秋を迎えている。トウモロコシもようやく食べれるようになった。

      

 キュウリはもう終わった。路地のトマトも赤身を帯びてきた。ピーマンもナスも沢山なっている。
2人で毎日食べるのにも大変・・・。そろそろお裾分けとでも・・。

 そんな家庭菜園に今夜はジンギスカンと豚串が加わった。
とてもおいしい。

                 

 忙しさにつられ、水不足であったり雑草まみれであったが、食べるときの喜びは絶品だ。
「いただきます」の気持ちを一杯表し、お腹いっぱいいただいた。              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初任者研修で「酪農理解」

2012-08-30 21:00:42 | Weblog
 今日はかねてから予定されていた宗谷教育局主催の宗谷管内の新任教員の初任者研修「地域研修」の酪農理解が開かれ
10時から2時までの講義と酪農体験などを行い私と妻が担当した。
まず、「酪農って~! なあ~~に~」とのタイトルで40分間、講義した。
当日の朝までパワーポイント修正などもあって十分な事は語れなかったが、身近な事柄についてのべた。

      
 
 今年は昨年より1名増えて14名の新しく先生になられた方が参加してくれた。
地域研修では、色々な職場での研修があると思うが、「酪農理解」を選択して参加してくれたことは、酪農家として喜びに
たえない。今年で4年目になるだろうか~~。

 講義の後は、直ぐに会場を私の牧場に移し搾乳体験やバター、アイス作り体験を行い、酪農の現状の認識を深めていただいた。
いつものように青空教室から始める。紙芝居も元気に登場・・。

      

 搾乳体験では、牛の大きさにどよめきもおきるくらいだった。

             

 子供の教育に当たる先生方に、搾乳や乳製品作り体験を通して、今後の教育活動に生かしていただくことの意義は大きい
ものがあると思う。
もちろんこうした体験をする人の多くは初めてのことであった。3人で力を併せて作ったアイス。牛乳や生クリームが
一番多く使われている乳製品作りの体験だった。コーンにつけて試食も行った。

             

 何年か前にこの研修に参加した先生は「この体験を子供達にもさせてあげたい」と言って酪農家の全くいない利尻町の高校から
学年ごと体験に参加してくれるようになって3年が経過した。
まさしく酪農理解の輪が広がっているのだと確信している。

 教育現場にあっては、様々な教育的課題があるように思う。こうした先生方の尽力に期待したいものだ。
長時間熱心に研修に参加していただきありがとうございました。

        

   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今ごろ、慌ててます~

2012-08-28 22:43:03 | Weblog
 暑い日が続いています。
この天気で、遅れている2番草の収穫に奔走しています。もう一息です。

 決して忙しさのせいではありませんが、3ケ月も前から予定されていた、2日後に迫ったある研修会に呼ばれていた準備を
慌てて目をこすりながらやっています。
事前に関係者からも情報もをいただいていました。データーをデジカメで写し、パワーポイントにおとす作業から始めました。

 パソコンを入れ替えて初めてのパワーポイント作り。妻の支援を受けながら、何とかスムーズに・・・・。
かなりのイライラがありましたがなんとか八つ当たりもせずに終えそうです。。

                   

 どうやらめどがたちました。

           

 いつもの癖で切羽詰まらないと手が動きません。昨夜取りかかろうと思いましたが、ついつい缶ビールに手が行き、「明日が
あるから・・」と・・

 明日も早朝から牧草畑。トラクターに乗りながら語りのストーリーを考えることに。
でも、最近のトラクターでの眠気はすごい。ストーリーを独り言しながら眠気をぶっ飛ばし、安全作業だ!!

 明日の夜もパワーポイント頑張ろう~~今ごろ、慌てていることを反省して・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ものわすれ」の多さに驚き

2012-08-27 20:46:32 | Weblog
 今日の我が家周辺も暑かった。
あまりりにも暑いので、流氷の上で流氷にかぶりついているものと雪の光景の写真をアップした。

            

            

 暑さのせいではないだろうが、最近、物忘れのすごさに驚いている。
お世話になったことのある人の名前もナカナカ出てこない。「あっ!わすれてた~!」という言葉が多すぎる。

 今朝も、あることを御願いしようと思っても、その御願いする人の名前が出てこないのだ。「誰だったっけ・・、あの人・・」。
同じ職場の人の名前はでてきても・・・肝心な人が出てこない・・。○○でもないし・・・○○でもないし・・・
何気なしに携帯のアドレス帳を見る。「おっ!!○○だ!!」

 なんだかこの先の人生に・・・。改めて歳の重みを感じてしまった。
私にとって「後でやることにしょう~」と言うことは禁句だ。おそらく涼しくっても同じだろう。

 しばらくの間、脳を活性化させて頑張って生きていこう~~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「酪農教育ファーム」の研修会

2012-08-25 20:09:07 | Weblog
                   

 帯広市で開かれた酪農ファーム研修会に昨日から、妻とともに参加してきた。
久しぶりに好転が続く天気予報だったために、遅れている2番草の刈り倒しをして、反転作業を研修生ちゃんに御願いしての
出張だった。

 5~6時間の道のり、沢山の仕事を急いで終わらせ、いそいで車を走らせた。
帯広近郊の仲間や前泊参加の仲間ととも、久しぶりの再会に乾杯。中に19日の100㌔マラソンに参加いただいたある小学校の先生も。
「またのもうね~!!」とエイドで声を掛けていただいたのに、こんなに早く飲めるとは・・・・。
様々なマラソンの事も話題に・・・。先生は26日の北海道マラソンにも・・。

          

 研修会では、十勝私立幼稚園の先生方の研修会に併せて、私たち酪農教育ファームの取り組みを紹介させていただいた。
帯広農業高校での搾乳体験などや廣瀬牧場でのアイス作り体験が行われた。

 私の持ち分は、残念ながら短時間であったが、酪農体験の中の「酪農家の話」として、酪農体験から得られる「食と命の大切さ」に
ついて語り、命をいただくの紙芝居を妻が聞かせた。

         
                         短時間だが熱弁中

         
                         紙芝居を紹介

 参加者の皆さんは真剣に話を聞いていただいた。時には目頭に手を当てる人も・・・。

                  

 続いて、子牛のほ乳や搾乳体験、牛のブラッシング体験も行った。
最後に参加された先生方の感想報告も行われ、多くの人が私どもの話や紙芝居について「子供達に食べ物の大切さやいただきますの
意味をキチッと伝えていきたいです」という感想が語られた。

 最後に司会者から、紙芝居の紹介もあって、今後ネット等での検索が多くあるのではないだろうか。
絵本を持っている人も何人かいたようで内容は知っていた方もいた。

 わずかな出番に1泊2日の日程を使ったが、酪農体験を通して「食や命の大切さ」を伝えられ、全く酪農を知らなかった先生方に
体験をしていただいたことは、酪農醸成につながっていくものと確信した。

 少しの日程を残して私ども2人は帰路に・・・。気になって携帯で予報予報を確認、またまた変わっているではないか。
降らない予報が明日の夕方から雨マークに・・・。

 ムカツキながら明日の作戦をねった。慌ただしく遠い「酪農教育ファーム」の研修会参加であった。
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100㌔マラソン「らく書きメッセージ」

2012-08-23 20:13:15 | Weblog
 今夜も北オホーツク100㌔マラソンの事だ。
「ランナーの皆さんは100㌔、50㌔もの距離、いったい何を考え走っているのだろう~」私たちはそんなこと思い、道ばたに
白いラップサイレージのロールを置いて、「らく書きメッセージ」を書いてもらった。

 ロールの上にボールペンを置いた。
苦しい思いで走っている中、沢山の方が足を止め、メッセージを書いてくれた。

             

             

 「完走まであと3分の1」とか、後続の仲間への励ましのコメントもあった。「豊寒別の皆さん、ごくろうさま」との事も。

             

 いばらぎの方のメーセージも目に入った。「がんぱっぺ~放射線なんかに負けないぞ~」

             

さまざまな思いを胸にしめて走っている様子もうかがえる。
コース下見の前日に、走るお父さんを励ますために書いた家族のメーセージもキッととどいたことでしよう。

 このロールの最後はビニールを切り捨て、牛に食べさすことになってしまうが、いつまでも残しておきたく写真に納めて
おいた。「自由にお書きください」という「らくがきメッセージ」の私どものちょっとした思いがランナーに通じ、足をとめて
いただいたことに感謝だ。

 そして、沢山のメーセージに感謝だ。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジンギスカン交流会

2012-08-22 21:00:54 | Weblog
 100㌔マラソン終了後に参加ランナー等とのジンギスか交流会を開いた。
この催しは、交流を通して地域活性化をはかることを狙いとして、とよかんべつ交流大学が企画したものだ。
かねてから、ランナー達に呼びかけていた。

 この日は8名のランナー等のご参加をいただいた。
丹羽大会実行委員長にも出席いただき親しく懇談していただいた。

            

 この日は、ジンギスカンに先立ち牧場に移動し搾乳体験をしていただいた。
いつものように、青空教室での紙芝居やほ乳体験、搾乳体験と続き皆さん、楽しそうに参加していた。「乳搾り、いちど体験したかったのです」と100㌔を走波した女性ちゃんはたのしそうだった。

 旧小学校でのジンギスカンでは、ランナーの皆さん一人一人に感想を含めた自己紹介をしていただいた。

            

 正解者にはシカの角が当たる、酪農クイズも行われ、5ホンの角がそれぞれの正解者に配られた。
酪農を理解していただき応援者になってもらう機会にもなったことでしよう。
また、グランド中央では、ラップサイレージのラップの巻き方の実演も行われ、楽しませた。

 参加いただいたランナーの方々から、お礼のメールも届き、交流できたことに感謝していた。
東京から参加いただいたMさんは「(搾乳体験での)パワーポイントや紙芝居も心にしっかりと残っています。いただいたシカの角も
自宅まで持ってきました」とメールが届きました。

 このささやかな都市と農村の小さな交流ではあったが、地域の人たちにとっても新たな出会いでもあり、良い刺激を受けることが
出来たのではないだろうか。

 

 


 

             
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

感動をありがとう

2012-08-20 20:01:27 | Weblog
 北オホーツク100㌔マラソン大会は終わった。
私もボランティアとして宿泊の受け入れとして、沢山のランナーの方々との出会いと交流を行うことが出来た。

 走ったことのない私には、過酷なレースの事など全く分からないが、必死にゴールを目指して自分の限界に挑戦してい
る姿には感動を覚えるものだ。

 私たちはそんなランナーを見送る言葉として「感動をありがとう」との横断幕を掲げた。そして「来年もまた会いまし
ょう」と・・・・。

             

 そして、迎える言葉に「完走めざしてゴーゴー!!」と・・・。
一生懸命に頑張って走っているランナーに「がんばって~~」との応援の言葉は適切かどうかは分からなかったが、私も
随分と「がんばれ~」と叫んだ。

            

 コースの多くは農村地帯を走った。
町の基幹産業の酪農に触れていただくことも交流の大切な事との思いから、「子牛のほ乳体験」のコーナーももうけた。
何人かのランナーの方も体験やふれあいに参加いただいた。

           

 こうしたささやかな「もてなし」がランナーの心に届き、次なる交流や再会、そしてさらなる新しき人との出会いにつな
がれば、交流を通しての地域の活性化に発展していくことだろう。

 私たちの声なきメッセージに「励まされました」というランナーの声を、聞くことが出来た。
そんな声こそが「私たちにとっての感動」でもある。

                   

 町の一大イベントである、この100㌔マラソンに少しでも関わった全ての人たちの尽力こそが力だ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

「北海道の牛乳はおいしいね~~」と・・・。

2012-08-18 21:03:47 | Weblog
 明日の、北オホーツク100㌔マラソンの号砲を前に全国各地から、次々とランナーや応援する人たちが集まってきました。
さすが我が家付近の道も、ランナー達のコースの下見や関係者の準備などでの車の往来も激しく、マラソン一色と言った感じ
でもあるが、私は2番草の仕上げや刈り取りもキチッとこなした。

 我が家に宿泊したランナーの皆さんも元気いっぱいだ。
夕食時には、「とてもおいしい」と何倍もおかわりして飲んでいただいた牛乳。

                 

 「朝搾ったものを低温殺菌したものです」と牛乳の話に得意になっての説明にリキが入りました。
「北海道の牛乳はおいしいですね~」との言葉になんだか勇気づけられますし大きな役目を果たしたような感じもします。

 東京の人、奈良の人、京都の人、札幌の人・・同じ目的を持って集まった人たち・・・
夕食時にはそれぞれ地域を超えてマラソンの話に花が咲きます。

                

 飲んだ牛乳を力に元気に走っていただきたいものだ。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩夏

2012-08-17 20:34:10 | Weblog
 お盆が過ぎるといつもの年のように、めっきりと朝夕が涼しくなる。
今朝も12度で見上げる空は晴天だ。日中はぐんぐん気温が上がる。初秋に向かって季節はゆっくりと歩き始めている。
まさしく晩夏の旬だ。

 長続きしない天候で2番草の収穫が遅れている。
困ったものだ。今日は、短時間だったが一昨日の激しい雨に当たった草の反転作業を行った。
オホーツク海の見える場所での作業だ。
明日も曇り明後日は雨の予報。これでは刈り倒すことも出来ない。



             

 いよいよ明後日は、100㌔マラソンの号砲。ランナー達や関係者は浜頓別に集まり始めた。
今夜の我が家のファームインも満杯だ。明日はさらに・・・・。
夕方、100㌔を走るという兵庫県の家族が搾乳体験にやってきた。

                     

 おそるおそる牛に触っていた子供達もすっかり慣れてくれた。「いい話を聞けました」とぽつりと漏らしてくれたお父さんの話から
なんだか、また酪農の応援者を作ったような気分になった。 

 牧草をやりながら、20日まで多忙な日が続きそうだが、こっている肩にシップ貼って頑張ろう!!
     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加