りんごちゃん 速達で~す!

愛犬・りんごの思い出と共に綴る日常と
2015年6月26日に保護をした
三毛猫あずきの成長記録です

真夏の無茶ぶり

2016-07-31 08:49:19 | 日常の「喜怒哀楽」
連日35度超えの北陸地方・・・じっとしてても汗が出るんだもん、こうなりゃ本格的に汗を掻きますか! 

先日のお休みにずっとやらなきゃ!と思っていた事を、やっと実行に移しました。

 冬用のお布団洗い~!



洗ったのはパパさんが使っているふわふわ・モコモコ・毛布要らずの掛布団です。

軽くて暖かくて寒がりパパさんのみならず、あずきちゃんも大好きなお布団ですが、これが大変な重労働だった 

まずは頬張った途端、お口が『す~』の形になるくらい酸っぱい梅干しを1個食べ、スポーツドリンク持参でお風呂場へ!

 イッチニ!イッチニ!

掛け声と共に浴槽の中でお布団を踏み洗いしますが、元気がいいのは掛け声だけ・・・ほんの数分で既にヘロヘロ~

汗だくどころかシャワーを浴びたような状態になり、実行した事を後悔しだす始末です。

 お母しゃん、ナニしてるニャン?


ありゃ、スリッパ片づければ良かったわ

洗いの次はすすぎです。自分が巻爪である事も忘れ、ひたすらイッチニ、イッチニの繰り返し。

ふぅ~なんとか柔軟剤入りの足踏みすすぎも終了しました。さて。ここで問題発生!

 それ、誰が洗濯機まで運ぶニャン?



水を含んだモコモコ布団がこんなに重いなんて・・・幸いこの日はパパさんも休みで家に居ました。

こういう時こそ使わない手は無い!「パパさ~ん、ヘルプヘルプ!」と叫び手伝わせたわよ。

そんなこんなでお布団洗いも無事終了。お蔭様で購入当時に近いふわモコになりました。

 りんごのシャンプー後みたいやな~

ヘルプ!の声にお風呂場に飛んで来たパパさんがね、そんな事を言うんだよ。

シャンプー担当はいつも私。終了後バスタオルに包んだりんごを、外まで運ぶのがパパさんの役目でした。

その時は必ずパンツ一丁の恥ずかしい恰好ですが、お布団洗いもパンツ一丁で頑張れば良かったかな~?

 今日はお外でシャンプー、しちゃう?


 ご遠慮、致しますデス!

 パンツ一丁で洗うのは、お布団よりワンコの方が楽しいと実感した一日です。

お風呂場の前で見守ってくれたあずきちゃんのお蔭で、熱中症にならずに済みました。

お礼にシャンプーしましょうか?って言ったら逃げてったわ。

7月最後の日曜日。この暑さの中、皆様も無理をしないよう。頑張り過ぎないように。
 

 年齢と体力を考えなさい! りんごより 

りんごへの応援、ヨロシク!

あずきへの応援、ヨロシク!
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

夏のお嬢ワンとお嬢ニャン♪

2016-07-30 08:36:36 | あずきちゃん日記
1978年に大ヒットをした『夏のお嬢さん』という曲は、今でも夏の定番としてカラオケで人気があるとかです。

『アイスクリーム ・ユースクリーム恋する季節~~~』と、はち切れんばかりの健康美で歌った榊原郁恵さんは

40年近く経った今でも周りの人からは「郁恵ちゃん」と呼ばれ、当時と変わらずお元気そうです。

しかし郁恵ちゃんを筆頭に、伊代ちゃんに真子ちゃん・・・あの頃のアイドルは何故、年を取らないんだ?

 夏のお嬢ニャン!



 うちのお嬢ニャンは、いささかお行儀がお悪いようです。これも親の躾の問題か?

熱帯夜でなかなか寝付けないある日、ふと私のブログ友達さんの事が頭をかすめました。

仲良くして頂いている友達のお宅のワンニャン・・・なんと8割が女子なんですよ。

私自身が女系家族の一員として育っていますし、尚更女子ワンニャンに縁があるのでしょうか?

夏のお嬢ニャン、その2


最近のあずきちゃんは、こんな写真ばっかりですね。

夏のお嬢ニャンは恥ずかしい恰好をしていますが、これでも一応甘えているつもりなんですよ。

ウニウニ~と身体をくねらせ、今日も親ばかな家族から「可愛い~」と大絶賛をされております。

おっと、忘れちゃいけない。夏のお嬢ワン!


 ペッペッ・・・しょっぱいお水、飲んじゃった

年を取っても「○○ちゃん」とちゃん付けで呼ばれるワンニャンは、私達の中でずっと赤ちゃんのままですネ。

 我が家の夏のお嬢ワン、お嬢ニャンは暑さに負けず元気に過ごしています。

しかし他の季節と比べると、お行儀が悪くブチャイクになる傾向にあるようです。

なんて言ってる私も、ちょっと動いただけで顔・・・違う、化粧が溶けとんでも無い姿に・・・

但し、私の場合は「夏のお嬢さん」では無く「夏のオバサン」なのであります。今日も暑いけど頑張ろ!
 

 夏のお母さんは悲惨・・・りんごより 

りんごへの応援、ヨロシク!

あずきへの応援、ヨロシク!
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

避暑地へGO!

2016-07-29 08:41:49 | りんごの思い出
ようやく関東甲信地方も梅雨明けをしましたね。平年より7日、昨年より18日も遅かったそうです。

夏の暑さを生業にされている皆さまには、開け(明け)ましておめでとうございます!かしら?

一足お先に梅雨明けをした北陸は、暑くて暑くて・・・ 口を開くたび『ダルゥ~』ばかりでした。

今朝の室温計は既に29度を指しています。夏は避暑地が恋しくなるのも当たり前だわ。

 避暑地、見つけたニャン!


箱の中は涼しいのかな~?

避暑地探しが得意な犬や猫!りんごの後を連いて行けば、比較的涼しい場所に到着もしましたが・・・

りんごの避暑地とあずきちゃんの避暑地は、少し違うような気がしています。

猫は犬より暑さに強いの?クーラー大好きのりんごとは逆に、あずきちゃんはエアコン部屋は素通りなの。

 ヨシ!今から避暑地にGOだ!


水の上で抱っこをすると、空中犬かきをしました。不思議ですね。

りんごが元気なら今日は絶対に海か川です!さあ~思い切りジャブジャブして下さいよ!

 りんごちゃん、進水式です。



昔も一度した、夏のお約束動画を本日は二本立て。古い画像なので、ブレブレですが良かったら観てネ。

 

基本的に濡れるのが嫌いなので、一刻も早く水から脱出したそうな感じです。

 ちゃっちゃと泳いで、終わりにしようっと!

 

 気温が高くなると人は水(避暑地)を求め、川や海に出かけます。

昨日りんごがよく遊んだ川では高校生が流され、九死に一生を得るという事故が起こりました。

熱中症による体調不良を訴える方も多く、朝から救急車がひっきりなしに走っていたし・・・

一番安全で手っ取り早い避暑地は、クーラーの効いた家や公共施設なのかもしれませんね。
 

 今日も暑くなりますワン! りんごより 

りんごへの応援、ヨロシク!

あずきへの応援、ヨロシク!
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

りんごとあずきから、暑中お見舞い♪

2016-07-28 08:47:54 | 日常の「喜怒哀楽」
暑中お見舞い申し上げます! 


皆さん、夏バテしないでね~ 犬の国のりんごより

関東地方よりも早く梅雨明けをした北陸ですが、こういう年は珍しいそうです。

富山の事はブログでも何度か書いていますし、北陸のイメージも何となく伝わっているかな~と思うのですが

 北陸って夏、暑いんだ!

昔、そういうお話を伺った事があり苦笑いどころか、大笑いをした事があるんですよ。

雪国の夏は軽井沢のような涼しげな印象・・・でしょうかね~ 雪は降るけど夏は当然暑いです。

3か月予報を見ると、どうやら猛暑・酷暑はビンゴの気配・・・秋の訪れは遅く、10月頃まで暑さが続くとか。

 あつは夏い~!


 「りんごちゃん、日本語間違ってる。夏は暑いだよ!」
 「足が熱い!って言いたかったの」


りんごが喜ぶかと海へ連れて行きましたが、焼けた砂浜で肉球を少しやけどをさせた、オバカな飼い主です。

 可愛いプレゼントが届きました。



ブログのお友達『yukikoさん』から暑中見舞いのお葉書と共に、ブラウス型のポケットティシュ入れを頂きました。

双子の姪の分までありがとうございます。来月は帰省予定もあるので、お土産にしますね。

季節の習わしを大事にされている人は尊敬しますし、オマケ的なちょこっとプレゼントも嬉しいです。

手芸に興味のある方、yukikoさんのレシピを参考にして下さい。(こちら)

あ~~~!私はまだ、暑中見舞いのハガキすら用意していない事に気づいた・・・

 暑中お見舞い申し上げますニャン!

     
猛暑、酷暑に負けるニャ~!あずきより

ブログをご覧頂いている皆様には、可愛いりんご&アズゴン写真で暑中見舞いとさせて頂きました。

 梅雨明けが遅れている関東地方でも、そろそろ暑さが本番になりそうですね。

人よりも地表から近いワンコ。りんごみたいに肉球をやけどさせないよう、気を付けて下さい。
 

 お散歩は涼しい時間帯ね。 りんごより 

本日富山は34度まで気温が上がるらしい・・・冬は寒くて夏は暑いって、損した気分だわ。

りんごへの応援、ヨロシク!

あずきへの応援、ヨロシク!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの巣立ち♪

2016-07-27 08:51:59 | りんごの思い出
夏の旅から一週間が経つのに、飽きずに奥飛騨番外編のようなお話。とある場所でツバメの巣をたくさん見ました。

まだまだ産毛が残る小さなヒナもいれば、こんなに大きくなって・・・巣、落ちないか?と心配になる子も居ます。

 キミ達は、そろそろ巣立ちだね!



鳥が苦手な方、ごめんなさいね。私も昔は鳥がダメでしたが、スズメのヒナを保護した経験から大好きになったんです。

ヒナの待つ巣まで交代でエサを運ぶお父さん鳥・お母さん鳥を見ていると、なぜか胸が熱くなります。

ん?どうした?パパさんの様子がおかしいぞ。ツバメの巣を見上げたまま、動きが止まったのです。

 この巣だけ、親鳥が来ないんだよ

他の巣は親鳥が来るたび、ピーピーうるさいくらいにぎやかですが、パパさんが言う巣には親鳥が来ないって言うの・・・

親鳥に何かあったのでは・・・と心配をするパパさんでした。

あっ、こんな事を書くと「優しい人ですね~」と好感度アップになりそうですけど、パパさんには苦い経験があるんです。

 バイクのマフラーの中に、ツバメの死骸があったわ


年代物でお恥ずかしい古いバイクです

ツバメは低空飛行をしますし、悪い偶然が重なりうっかりマフラーに入ってしまったようですね。

熱いマフラーの中で焼き鳥状態になったツバメ・・・お手入れの時にそれを見つけ、ショックが大きかったみたいなの。

親鳥に何かあったらヒナ達は巣立つどころか、生き延びる術も無くなります。

自然界では多々ある事でしょうが、日本中にある巣からみんな無事に巣立ちが出来ますように

捨て犬・三兄姉弟、幸せな巣立ちの瞬間!


たった一枚しか無い3匹揃っての写真です。

20年前、奇跡的に命を繋げた3匹は幸せな第二犬生を送る為に、それぞれの家に巣立って行きました。

 故人となったケンタ父さんも、お空で可愛いケンタと再会を果たした事でしょう。

30歳を目前にしたミューのお兄ちゃんには、動物好きのお子さんがいるかもしれませんね。

巣立ちは親にとって嬉しいような寂しいような、複雑な気分なのではないでしょうか・・・

パパさんが心配をしたツバメの巣ですが、親鳥がエサを運ぶのを確認して、私達はその場を離れたのです。
 

 また来年、日本においで! りんごより 

りんごへの応援、ヨロシク!

あずきへの応援、ヨロシク!
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加