大家族・長期村の日々奮闘記

ぶなの森自然学校の子ども長期自然体験村の日々のできごと報告です。

冬のやんちゃっこキャンプ3日目

2016-12-28 17:54:13 | 2016冬のキャンプ

2日めの夜もしんしんと雪が振り、3日目となりました。

初日夜は寝るまで大変落ち着きが無かったですが、昨晩は疲れていたようで、あっという間に静かに。

朝も殆どの子が、ギリギリまで寝ていました。まだまだ寝たい雰囲気が伝わってきます。

しかしぶな森のおきて『誰かの役に立つこともやらねばならぬ』とあるとおり、また美味しく朝ごはんをいただくためにも「朝のお仕事」を頑張ってもらいます。

今日も「動物のお世話」と「除雪」をしてもらいました。昨日と逆の内容をしてもらったので、今日で2種類ともを体験。

また「除雪」では自然学校の他にも、地域のおじいさん&おばあさんの玄関先も行いました。

どうして?と思うかもしれませんが、こちらのお家は、自然学校や子どもの体験活動を応援してくださっている方。今回のキャンプだと白菜がそうでしたが、自然学校で食べている野菜も、こちらの方からいただき、使うことがあります。お互いに支え合う、田舎の暮らしです。

 

さて、食事ごとの3分間トークはみんな結構楽しみにしていた様子。朝食では校長のJettから、昔に雪崩に巻き込まれた体験が話されました。

3分間トークは「ごはんを食べながら、耳と、ちょっと目を向けて、スタッフのお話を気軽に聞く」というものですが、内容が内容だけに、みんな手を止め、息を呑んで聞き入っていました。

 

午前のプログラムは最後の雪遊び!

着替えての出発にも慣れたもの。昨日より10分以上手際がよく、早めに出発することが出来ました。到着手前でスタッフが道に迷い、5分程ロスしてしまったのはご愛嬌‥‥

 

さて、今日のフィールドは、寿都の町民スキー場。

車から降りて、荷物を分担して持って、坂を上がって行くと‥‥?

 

 

流石スキー場、とても広い!

 

 

自由遊びということで、早速ソリ遊びを中心に思い思いに遊び始めました。

 

        

 

昨日はすぐクラッシュしていたそりすべりですが、スキー場という環境、2日目の慣れということで、みんな結構上達していました。

立ち乗りも上手にできる子もちらほらと。

 

そしてもう一つ、山頂を目指す子達の挑戦がありました。

こちらのスキー場はリフトがなく、スキー場のてっぺんに行くには自力で登るしかありません。

下の方の傾斜は緩いのですが、上の方は30度を超えるほどのかなりの傾き。何度も、何度も休憩しながら登ります。

  

元々スキー場は寿都の中でも高いところになあるのですが、そこのさらにてっぺんということで、景色もかなりのもの。

頂からは寿都町のほぼ全てが視界に入り、数十キロ向こうの泊村すら見えます。草のある夏には見えない、今だけの景色です。

  

なお、下りはソリだとあまりに危険ということで、主に尻すべりで下っていきました。

それでも普通の場所のソリに近い速度。あっという間に下まで到着しました。

休憩のお茶も美味しい!

  

 

到着した頃は曇りでしたが、次第に晴れ間も見えてよりよい雰囲気の中、遊ぶことが出来ました。

現地にいた時間は1時間程度でしたが、充実の時間であったように思います。

 

 

さて自然学校に戻り、あったかい昼食、ラーメンです!

今回の参加者は、食事全体を通して食べる量は普通、むしろやや少なめでしたが、ラーメンはみんな大好きのようで、何度もおかわりをしていました。

1時間遊びきった後であったのも理由かもしれません。

 

 

なお最後の3分間トークは、まるまるから、出身地の津軽の方言についての紹介。

日本最短の質疑応答「どさ?」「ゆさ。」にはみんなびっくりしていました。

(「ど(こさ行く)さ?」「湯(行く)さ。」)

 

そして最後の最後、荷物片づけ・掃除と続きます。

「片づけであって、荷物詰め込みじゃないよ」とパッキングの方法も紹介しましたが、私、MJ巽は作業の場に携わっておらず、結局どのように片づけたか確認できていません。どうだったのかな‥

掃除に関しては見事なもので、寝ていた部屋もすっからかんに、キッチンなどもキレイにしてくれました。

 

そして閉村式。

Jettの挨拶の後、それぞれの子に修了証が配られ、今回の2泊3日の長期体験村が終了しました。

今回は20人、男女半々と色々ちょうどよく、子どもたち同士で教え合ったり注意し合ったり、関係性を組み立てている姿が見られました。

良いことばかりでもなく、途中ケンカになった、なりそうだったこともありました。しかし数刻、早ければ数分もするとふたりとも笑いあっている、そんな場もありました。この復元力は、おとなになると失ってしまいやすいもの。みんなの様々な柔軟性には改めて舌を巻きます。

我々スタッフも、たくさん遊んで、学ばせてもらいました。

またいつか、どこかで、会うことを楽しみにしています。

 

 

冬の長期村ディレクター MJたつみ こと巽創

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬のやんちゃっこキャンプ2日目 | トップ | 満喫!冬のぶな森生活 1日目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しそう!! (akisan)
2016-12-31 11:32:38
冬のやんちゃっこは20人もいたのですね。
春のキャンプが楽しみだなあ…
みいちゃんは冬装備を一切持っていないので、春キャンプの標準装備を教えてくださ~い!!
ありがとうございます (ちこ)
2016-12-31 12:18:15
>aki-san
そうなんです。うえちゃんが10名程の子ども達と一緒に来てくれ、にぎやかなやんちゃっこキャンプとなりました。
まずは年明けの冬キャンプですが、みいちゃんに会える春のキャンプも楽しみにしております。
また近くなりましたら、春キャンプの持ち物リスト(雪遊びの格好のイメージイラスト付き)をお送りしますので、よろしくお願いいたします。
みなさま良いお年をおむかえください。

コメントを投稿

2016冬のキャンプ」カテゴリの最新記事