あんちゃんの気まぐれ日記2

仕事で行った場所の紹介や今の気持ちを素直に書き込みます。○○○○と思っているのは、私だけでしょうか??

今日は、日本が世界中に恥を晒した日

2017年06月15日 | 政治
「成立良かった」「究極の強行」=与野党、徹夜で攻防―「共謀罪」法

 「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法成立をめぐり、与野党は徹夜で攻防を繰り広げた。与党は成立を評価する一方、野党は法廃止を目指す決意を訴えた。15日朝まで続いた駆け引きに、与野党議員には疲労の色もにじんだ。

 法成立を受け、自民党の松山政司参院国対委員長は記者団に「国民に理解をいただけるよう引き続き努力する」と述べた。委員会採決を省略する「中間報告」を行ったことについては「会期内に成立させるためには、この選択が適当だった」と強調した。

 公明党の山口那津男代表は記者団に「国際社会と連携してテロを防止できるという点で大変良かった。引き続き法の内容、趣旨を丁寧に説明する努力を続けたい」と語った。

 これに対し民進党の蓮舫代表は、与党の対応を「究極の強行採決だ」と厳しく批判。「強行で通ってしまったら終わりではない。ゼロに戻すというのは一つの目標だ」と述べ、「共謀罪」法廃止を目指す考えを示した。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「中間報告という異常な禁じ手を使っての採決強行に強く抗議したい」とし、「この日をスタートに、共謀罪法を廃止するための新たな戦いを全国で起こすことを呼び掛けたい」と力説した。

 与党の参院議員は口々に「眠い、眠い」と漏らした。野党幹部の一人は、15日未明の衆院本会議に出席した後、参院本会議も傍聴し、「くたびれた」と語った。 


「テロ等準備罪」が無ければ、東京オリンピックが開催出来ないとかTOC条約が締結出来なかったと、法案成立後も大嘘をつき続ける安倍晋三。

東京オリンピック招致では、福島第一原発事故の汚染水は完全にコントロールしていると嘘をつき、東京は世界で最も安全な都市だと言っていたのに・・・

TOC条約は、テロ防止とは全く関係が無いと国連の立法ガイド執筆者が明言しているし、特別報告者も「プライバシーを制約の恐れがある」と指摘している。

今日は、安倍晋三によって日本が世界中に恥を晒した日として歴史に残るだろう。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の攻防は終わった | トップ | 安産の神 播磨國「日岡神社」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-16 06:06:07
さあこの法案がどれほど酷いものなのか、野党の本音はこれからですね。どれだけ廃止、改正に執着するのかが見ものですね。成立してしまったから済んだこと、なんて扱いでは支持者たちは納得しないでしょう。
Unknown (Unknown)
2017-06-17 13:35:35
山本太郎さんが「恥を知れ!」とやったそうですね、あのセリフは山本さんが言っちゃダメですよね。言ってはいけない人の中でトップクラスだと思いますが、本人はそう思ってないんでしょうか?それともウケを狙ったんでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む