あんちゃんの気まぐれ日記2

仕事で行った場所の紹介や今の気持ちを素直に書き込みます。○○○○と思っているのは、私だけでしょうか??

誰の為に高速炉開発は必要不可欠なの?

2016年10月08日 | 政治
もんじゅ追及・総括せず 高速炉「推進」で政府会議始動

国費1兆円超を費やした高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)の廃炉を含め、高速炉開発の今後を考える政府の会議が7日、始まった。もんじゅの責任追及や総括がされないまま、開発推進を前提にした議論が進むことになる。海外との共同開発が有力な選択肢となりそうだ。

 会議名は「高速炉開発会議」で、大半は非公開。メンバーは、世耕弘成経済産業相、松野博一文部科学相、もんじゅを運営する日本原子力研究開発機構の児玉敏雄理事長、電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)、三菱重工業の宮永俊一社長の5人だ。

 議長の世耕氏は会議の冒頭に「高速炉開発は必要不可欠だ」と述べ、これまでの核燃料サイクル政策を変えるつもりはないことを強調した。


 福島第一原発の事故原因を究明出来てないのに、単なる新基準で原発再稼働に邁進し、今度は「もんじゅ」の追及・総括せずに、夢の「高速炉」の開発を推進すると言うが、既に破綻した「核燃料サイクル政策」にしがみ付いても未来などない。

誰の為に高速炉開発は必要不可欠なの?

またまた、「原子力ムラ」のメンバーが「原子力ムラ」の為に、出来もしない高速炉で金儲けに利用しようとしているだけである。

はっきり言って、もし「高速炉」が出来たとしても、その時日本は使い物になる原発は一基も存在していない。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありきたりでインパクトに欠... | トップ | 平和ボケVs国防のはやり病? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む