あんちゃんの気まぐれ日記2

仕事で行った場所の紹介や今の気持ちを素直に書き込みます。○○○○と思っているのは、私だけでしょうか??

新潟でも自民党議員の当選が「振興策とリンク」?

2016年10月14日 | 政治
「翁長知事は社民や共産に担がれ泥沼」 自民・古屋氏

■古屋圭司・自民党選対委員長

 全国47都道府県がある。このうち、本当に県と国がピタッと連携してるところは、結果として事業が必ず前に進んでいる。そうではない例がある。沖縄県知事の翁長(雄志)さんは自民党の沖縄県連の幹事長だった。それが社民党や共産党に担がれて選挙に出た。彼は完全に泥沼に入ってしまったので、あの路線でいかざるを得ない。その結果、自民党の国会議員が小選挙区で勝てなくなった。県議会もどんどん自民党の数が減っていった。そして、国と県との信頼関係が完全に消え失せてしまった。そんなことが新潟であってはダメだ。(新潟県柏崎市で開かれた県知事選の応援演説で)


 鶴保庸介沖縄担当相が、沖縄での自民党議員の当選が「振興策とリンクしている」と発言していた。

今度は、古屋圭司自民党選対委員長が「本当に県と国がピタッと連携してるところは、結果として事業が必ず前に進んでいる。」が、国会議員や県議会の自民党議員が減れば、国と県の信頼関係が消え失せると言っている。

つまり、翁長雄志沖縄県知事が泥沼に入っているように、米山隆一候補が新潟県知事に当選でもしたら、同じ目に合わせてやると言っているようだ。

やっぱり、新潟でも自民党議員の当選が「振興策とリンク」しているのだ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞って何なの? | トップ | 映画『ジェイソン・ボーン』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む