ぶんぶんトークの会 ~横浜市栄区で脱原発に向けてあらゆる方法を勉強し話し合い行動する会~

本郷台駅前の「ぷらっと栄」(横浜銀行3F)で毎月第3日曜日15:00から定例会を開いています。お気軽にご参加下さい。

2017原発ゼロをめざして

2017-06-22 18:08:30 | ニュース
韓国は脱原発、日本は原発回帰 なぜ自公政権は事故から学ばない?

6月19日、安倍晋三首相が通常国会閉会を受けての記者会見で「率直に反省した」との見出しがメディア各紙のトップを飾りました。
国会閉会にともない各報道機関が実施した世論調査で内閣支持率が軒並み10%前後も急降下したことを重く受け止め、とりあえず低姿勢で23日告示の東京都議選など当面する政治課題への悪影響を避けるため、のようです。

でも実は東京新聞1面のトップは安倍首相の会見記事ではなく、韓国の文(むん)大統領による「脱原発宣言」。
李(い)・朴(ぱく)両政権下で続いた原発依存政策を転換し、まず釜山郊外にある韓国初の古里(こり)原発1号機の運転終了にともなう廃炉へと大統領選の公約を実行する方針を大きく取り上げたのです。

横見出しは「福島事故教訓に政策転換」。
原子炉24基を有する隣国が福島事故を教訓に再生エネ推進へと大きく舵を切ろうと言うのですが、カンジンの日本では事故の反省や教訓などどこ吹く風と、安倍政権は原発を基幹エネルギーと位置づけ再稼働への歩みを加速させつつあるのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ぶんぶん日曜サロン」直前情報 | トップ | ぶんぶん通信(7月例会案内) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。