想い出の時を刻む

趣味を楽しみながら、今日の思いや出来事を綴り、想い出として残していく日記

ご馳走

2016年10月29日 | 野鳥観察

 収穫の秋を迎え、人里に植えられた柿の木にも沢山の実が熟れていました。そんな柿の木の姿は秋の風情を醸し出してくれて、見ているだけでも魅力的でした。そして艶やかな色をした、熟れた柿の実は見ているだけでも美味しそうで、直ぐに手を伸ばして、獲って食べてみたい衝動に駆られたりもしました。

 今日はそんな柿の木に、かわいいメジロたちが集まり、熟した実を食べている姿を発見しました。いつもなら忙しく動き回るメジロたちも、熟れた柿の実が余程おいしかったのか、近づく人も気にせず、顔をうずめるようにして必死に食べていました。

 そんなメジロの姿を見ていると、可愛い野鳥たちも、実りの秋の美味しいご馳走には目がないようでした。

▼通りすがりの猫も羨ましそうに上を眺めていました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羨ましい仲の良さ | トップ | 工場地帯の夕暮れ »

コメントを投稿

野鳥観察」カテゴリの最新記事