想い出の時を刻む

趣味を楽しみながら、今日の思いや出来事を綴り、想い出として残していく日記

宝探しの名人

2017年04月18日 | 野鳥観察

 カラスのようですがカラスではなくカササギです。広い松林の中で一羽だけいました。

 暗い木陰ではよくカラスと見間違えてしまいますが、明るい太陽の陽射しに照らされると白黒の羽根の色が鮮明に写し出され、カラスとの違いがハッキリわかります。

 このカササギ、韓国では貴重な鳥として扱われています。それは皆様ご存知の高麗人参、その中でも最も価値のある自然の紅人参を深い山中で、見事に探し当ててくれる為と伝えられているからです。(事実のほどはよく知りませんが…)

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX9I-WKIT
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の使者 | トップ | シジュウカラ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL