中国単身赴任生活 東京浦島太郎編

10数年住んだ中国を離れて東京のサラリーマン。浦島太郎です。
今は、自転車、写真、ジュリエッタなどのブログです。

又佐渡へ行って来ました

2017-06-02 | 自転車


昨年は、さぼって130kmに出ましたが、今年は210kmにしてみました。

最近、なにやら忙しいのを口実に、長い距離を走っていなかったり、楽な世界ばかりに居住しておりましたが、行けばどうにでもなると、あの素晴らしい景色を楽しみに出かけました。



Z坂も、大野亀も良いんですが、個人的には田植え直後の棚田がすぐ道の横にあって、走りながら横を見ると田んぼの向こうに海が見える、という風景がなんとも言えずに大好きです。

そして何よりも、210km一日中走っていても、ほとんど車と信号に出会わないこと。



佐渡から帰ってくると、しばらくの間、横浜の道を走るのが改めて苦痛になります。

100m走って信号、スタートしたら又信号。

そしてその間ずっと車の横・・・


初めて210kmの一周を走った一昨年よりも、ずっとのんびりタイムでした。

途中からはASの足きりタイム気にしながらでしたが、加齢のせいですかね、暑さのせいですかね、まぁそんなことは良いんです。

だって楽しかったから。



今回の遠征は、毎年一緒の埼玉友人、小名浜から新潟まで自走して佐渡を走る超人、に加えてクラブのメンバー5名。

賑やかにしゃべりながら、景色を楽しみながら、向かい風を一緒に嫌がって、坂を一緒に苦しんで、でした。

翌日も、佐渡で初めての観光。

朱鷺センター行って、里山をのんびり走って。

最初は火曜日も休んでじっくり遊ぼうという話もありましたが、悲しいサラリーマン。

火曜日は、しっかり働いていました。



家を出る前に、最近変速の調子が悪くて、けっこうチェーンが落ちるのをいろいろいじっていましたが、自分なりの結論、多分ハンガーがゆがんでいる。

佐渡の会場で、キャノンデールのブースへ自転車を持ち込み、簡単にチェックして貰いましたが、案の定「あ、ゆがんでますね」。

夜まで待てば会場で交換してくれるという話でしたが、まあもう1日持つだろうと、楽観視。

当日は、3度もチェーン落ち。

フロントの変速は、なにやら怪しげな音がするので、ヒヤヒヤものでした。




帰って来て既に2週間になろうとしていますが、ついでに交換しようと思ってポチったチェーンが届いていませんので、まだそのままです。

今度の週末の夜にでも作業できるかなぁ。


昨年、プロの方に「1cm下げた方が良いよ」と言われて下げたサドルですが、見栄を張って最近少し又あげていました。

で、てきめんに尻痛。

ゴールしてから両津の宿へ帰るときに、10kmちょっとですが、ダンシングのまま帰りたくなる位でした。

つまらない見栄を張ってはいけませんね。

いいんです、同じ位の身長の若者よりも、サドルが3cm以上低くたって!

日本人の体格の進化の証拠です。


また来年もお世話になると思います。

同じように新幹線乗って、フェリーに乗って、朝早くからバスで出かけて。

楽しみましょう。 あの田んぼの横を気持ちよく。

来年は、中国時代の先輩も参加表明されていますので、おつきあいしてミニベロかブロンプトンで100kmコースかなぁ。

距離もバイクも気にしません。



どうですか、来年ご一緒に?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西伊豆スカイラインは最高! | トップ | サドルの高さで悶絶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自転車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。