テレビのツボ

テレビ番組の中の面白試聴ポイント(ツボ)を探し出し、それらを面白おかしく紹介するブログですε=┏(; ̄▽ ̄)┛

キャラが激変した高嶋政伸

2013-07-13 17:47:06 | 連続ドラマ




7月11日から始まったテレ朝の連続ドラマDOCTORS 2〜最強の名医。 前回のシリーズ1に続き、理想に燃える天才外科医 相良浩介(沢村一樹)が堕落しきった病院へ赴任し、周囲との軋轢も辞さず改革に取り組むというストーリー展開はそのままに、相良VS森山の対立は更に先鋭化してゆくような気配を見せている。

今回のツボは準主役に当たるその森山卓(高嶋政伸)。堂上総合病院の院長である堂上たまき(野際陽子)の甥で、次期院長と目される外科医なのだが、高嶋演じる森山のキャラ設定が凄まじいまでに極端だ。傲慢で自らの非は絶対に認めない。相良への嫉妬を剥き出しにしている上、子供っぽくてわがままという、どうしようもない問題人物として描かれている。
演技も分かりやすい、というか大袈裟。相良と対する時は三白眼で睨みつけ、歯を剥いて暴言を浴びせかける。トップ画像で並べたのはその時のシーンで、左側の『HOTEL』シリーズ1の際に見せていた明るく爽やかな好青年 赤川一平の面影などかけらもない😓

激変したのはキャラだけではない。体型も様変わりしていて、まさしく激太り状態。爽やかで仲間思い、引き締まった体型の青年が前向きに仕事に取り組むという役柄から、でっぷり太った中年男が嫉妬に狂って仲間の足を引っ張るという、何もかも真逆の役柄へと変わり果てている。
おば役が野際だからだろうか、興奮すると唇を歪めて「んんん〜!」と気持ち悪い唸り声を上げる演出まで加わっている。これはどう見ても、かつて社会現象にまでなったTBSドラマ『ずっとあなたが好きだった』で、野際の超マザコン息子"冬彦さん"を演じた佐野史郎の特徴的な演出と同類だ。
これらを好意的に解釈すれば、高嶋が役者として新境地を開拓したのだなと思えなくもない。誰からも好かれる好青年の役ばかりでは演技の奥行きは深まらない。癖の強い悪役や、歪んだキャラの役柄も演じこなせてこそ名優といえるからだ。
体型が変わったのも"デニーロ・アプローチ"(名優ロバート・デニーロが役柄に合わせて筋肉質になったり、肥満になったりと自在に体型を変えたので、真に迫る役作りのため肉体まで変えてしまうプロ根性の代名詞として使われる表現)の一環だとしたら、むしろ大したものだ。

が、そのような見方をするのには、どうしても引っ掛かる「ある出来事」があった。さんざん芸能マスコミで報じられたので皆さんご存知のことと思うが、かつての妻 美元との離婚騒動だ。高嶋と美元の離婚危機が初めて報じられたのは結婚してから3年後の2011年7月で、『DOCTORS』のOAが始まったのはその三ヶ月後の10月。運悪く離婚危機報道と番組宣伝の時期がちょうど重なってしまったため、テレ朝の各番組へ高嶋が番宣のために出演した時は、スタジオ内にピリピリした「夫婦の話題に触れてはいけない」感が満ち溢れていたものだ😁

離婚危機報道においては、美元はわがままで金遣いが荒く、高嶋に暴力まで振るうトンデモない性悪女だ、などと報じられたが、なかでも不気味だったのは、高嶋が一人でホテルに泊まった際、美元に宿泊先は内緒にしていたにも関わらずホテルの部屋まで突き止められ、密かに忍び込んでベッドに座り、寝てる高嶋の手を握っていたというもの。夫婦仲が冷え切っていたこの頃にそんなストーカー紛いの行為をしていたのが事実だとすれば、ちょっと理解不能ではある😱




美元のそれらの行為によって歪められたのか、はたまた元々、高嶋にそのような性格が潜んでいたのかは分からないが、高嶋の方にも森山卓を地で行くような言動がYouTubeで暴露されてしまった! 赤川一平のイメージしか知らない人がもし聞いたとしたら腰を抜かしかねないほど、別人としか思えない高嶋がそこにはいる。有名な動画(音声のみだが…)で無数にコピーされているので知ってる人も多いと思う。





「バカ女が! 死んじまえ、テメエなんか!!」との高嶋の罵声で始まる録音記録は、そのあと美元が高嶋の顔を殴りつけたようで、それに対して高嶋が激昂。今度は美元をボコボコにするという壮絶な修羅場へと発展している。
いくら睡眠導入剤を飲んでいて普段とは違う精神状態で、しかも美元がわざと怒るように仕向けてる様子がありありとはいえ、あまりにショッキングな内容だ。画像として貼られているのが披露宴の席上での満面の笑顔だから、録音内容との落差でなおさら痛ましい。この録音が暴露されたことで、高嶋の爽やかイメージは完全に崩壊してしまった。状況から見て美元が暴露したとしか思えないから、その点から考えても美元の恐ろしさは底知れない😱

一連の離婚スキャンダルがあったがため、高嶋は否応なく爽やかキャラから歪んだキャラへの転換を迫られたのではないだろうか? 美元とのトラブルが俳優としての路線まで歪ませたのだとしたら、高嶋にとってはこの上なく不幸な縁だったというしかない。

二人の離婚危機が報じられる前年、後々の修羅場を予見させるような番組に高嶋は出演している。『デッドライジング2』というゾンビを倒しまくるTVゲームの宣伝番組で、ゲーム中の表情や台詞といい、ゲーム後の感想といい、あとから見ると何とも意味深なのだ。百聞は一見に如かずなので、そのYouTube動画もアップしておいた。

高嶋政伸がHOTELでDR 2をやってみた


どうだろう? 目を異様に輝かせながら迫り来るゾンビを次から次へと倒し、巻き舌で「ほーら、ほらほら!」と呟く様など、どこか暴力を振るう高嶋の姿とダブってしまう。あくまでゲーム中の姿ではあるが、ゲームには本性が投影されるともいう。温厚そのものに見える高嶋にも、深層心理においては少なからず攻撃的な面があるのかも知れない。
8:30辺りからの告白には正直ゾッとしてしてしまった。20年来ゾンビに追いかけ回される悪夢を見続けているというのだから! 「その悪夢を体現したようなゲームでしたね」なんて語っているが、その悪夢を体現したのは他ならぬ美元との結婚ではなかったのか? そう考えると、長年見続けた悪夢はまさに予知夢だったともいえよう。
この頃はまだ世間に二人の不仲は全く報じられてはいなかったが、高嶋の言によると新婚当初から争いが絶えなかったそうだから、実生活の鬱憤をゲームにぶつけていた可能性も否定できない。結婚してから美元のゾンビのような本性に気付いて「しまった!」というのが本音だったろう。




高嶋は番組冒頭で、「ゾンビ映画にゾンビとして出るのが夢」とも語っているので、元妻の美元と同じく、画像加工して顔をゾンビみたいにしてあげようと思う。元の画像はもちろん『DOCTORS 2』で見せた【黒・高嶋政伸】の顔。このままでも充分にゾンビみたいな悪相だから、加工すると更に凶悪極まりない人相になる😱


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 矢口真里 ベッドの上でも 裸舞... | トップ | これぞバラエティの真髄! 見事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。