君、マンボたまふことなかれ

ジャズじゃ、ロックじゃ、サルサじゃ、ソウルじゃ、ファンクじゃ、歌謡曲じゃ、ジャージャー。

Tal Farlow『Tal』(1956)

2007-05-04 10:34:59 | Jazz / Cross Over
晴れた気持ちの良い休日の午前中には、ゴツ過ぎない、こんなジャズが良いですなぁ。

タル・ファーロウ(Tal Farlow)
『Tal』(1956)

"ジャズ・ギター"って、ワタシはあんまり聴いてないのですが、ジャズ・ギターの中で一番好きなアルバムがコレです。スウィング感とグルーヴ感の混じり具合が実に気持ち良いデスぜ。

このアルバム、楽器編成はギター・トリオですが、古いフォーマットのトリオなんスよね。
つまり、ギター、ピアノ、ベース。
ドラムなし。
普通、「打楽器がいないから、パンチは弱い」と、そうなりそうですが、このトリオにはそんな考えは通用しないんスなぁ。
スゲェ、スピード感があって、極めて爽快な音楽になってマスぜ。

そもそも、タル・ファーロウのギターのスピード感って、質量があって、スピードがあって、更に小回りが利くって感じですからね、ウニモグとフェラーリ599とスズキ・アルトのイイトコ取りって感じ。
ソロだけでなく、バッキングに廻った時のカッティング(コンピングじゃないんデス)のスピード感も最高だし、ホントにグイグイと来ます。

ピアノのエディ・コスタ(Eddie Costa)による中低音での蹴り上げも、実に効いて、強烈なグルーヴを作ってくれてます。「Yesterdays」「Chuckles」で聴かせる、低域ブン回しのソロも強烈だし、このヒト、実にカッコいいピアノ弾きですなぁ。

と、そんな感じで、キビキビとしたトコが、このアルバムの最大の魅力だと思うんですけど、1曲目の「Isn't It Romantic?」の、ゆったりした味も、相当に美味。バラード曲「You Don't Know What Love Is」も聴かせるし、どこを聴いても見事な、円熟したスバラシイ作品だと思います。

↓「Chuckles」試聴クダサレ。

Tal Farlow - Tal Farlow's Finest Hour - Chuckles



←ヨロシクお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ←こちらもヨロシクお願いします
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コマメに食えば更に22.5km行... | トップ | Joe Bataan『Subway Joe』(1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ワゴンRエアロ (ワゴンRエアロ)
こんにちは。 始めまして(^^) 私もブログやっていまして、ちょうど関連の話題だったのでTBしました。 ブログにも紹介させて頂きました☆ もしよかったら私のブログにもTBよろしくお願いします。