ブドウ作りの便り

岡山県特産のマスカットやピオーネを甘くて、大粒でより沢山収穫したいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本年の葡萄作りの反省(4)

2016-10-08 14:13:08 | 無農薬、無肥料栽培への挑戦

ダニ(カンザワハダニ)の天敵、スパイカルを購入し、葡萄園に取り着けました。

5月1日に枝に取り着けました。
おかげで、今年はダニの発生は、認められなかった。
私の葡萄園は、35〜36年前から草生栽培していました。
草生栽培にすると、自然にダニの天敵が、葡萄園に生息し、ダニの被害は発生していなかった。
草生栽培は、自然と共生し病害虫の発生が少なくなることに、気づいていなかった。
馬鹿なことに、5〜6年前スリプスの被害に困って、残効性の長いオルトランを散布した。
スリプスの被害は、無くなかったが、ダニなどの他の害虫の発生が多くなった。
自然のダニの天敵などを殺してしまった。
自然の偉大さに気付いていなかった。
馬鹿だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本年の葡萄作りの反省(3) | トップ | 本年の葡萄作りの反省(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

無農薬、無肥料栽培への挑戦」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。