充実果樹園生活(定年就農)

来て!見て!食べて!!
つくば展開地ぶどう園(てんかいちぶどうえん)です

ぶどうジャム

2017-04-04 | 6次産業化
2015年産ブドウからはオリエンタルスターのジャムを作り、2016年産
ブドウからはシャインマスカットのジャムとチップ(スライスタイプの
干しぶどう)を作りました。皆様が作っているぶどうの加工品には目が
行きます。写真トップは後左が北海道ワインジャム、後ろ右が岡山の
ピオーネジャム、前が展開地ぶどう園のシャインマスカットジャムです。
後列のふたつのジャムにはペクチンが添加されています。ジャムがのって
いる雑誌は6チャンネルで第二回6次産業化サミットで事例報告をされた
ジャムズガーデンの松嶋さんが表紙でした。


サン・ダルフォーのフランスにある生産工場の受付の風景

1984年にフランスで創業したサン・ダルフォーは砂糖を使用せず
果物そのものの形を残したままジャムにする「プリザーブスタイル」
という製法をとっています。現社長のおばあさんがワイナリーを
営んでいたため豊富にあったぶどう果汁を砂糖の代わりに使用して
ジャムを作ることに成功しました。展開地ぶどう園のジャムは砂糖
だけを加えていますが、ぶどう果汁とぶどう果粒だけのぶどうジャム
を2017年には作ってみようと思っています。

サン・ダルフォーの写真は「ST.DALFOURの果実100%jジャムで作る
贅沢レシピ」ブティック・ムック1123 2014を転載しました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モズ、ジョウビタキの来訪 | トップ | モモの摘蕾 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6次産業化」カテゴリの最新記事