Love Lab レトリーバー

黄ラブ・バディ(12歳)と黒ラブ・コパン(10歳半)。すっかりシニアになりましたが、 まだまだ看板犬頑張ってます。

なんだったんだK

2016-10-08 23:26:00 | お家で
8月、バディの定期的な肝臓の数値チェックのついでに

コパンも血液検査をしてもらったら、意外なものが出ました。


K(カリウム) 5・4 ちょい基準値越え。


まあ1回の検査(しかもちょい越え)でとやかく言えないから、

1ヶ月後にもう一度検査してみることに。





カリウムが高いってなんぞや?

頑張って調べてみたのですが、難しい。

カリウムの取りすぎで排出が追いつかない。

なんらかの異常で排出ができない。

あるいは細胞からカリウム出してる?





カリウムを多く含む食べ物を調べてみると

なんとそれまでフードにトッピングしていた鶏のささみやレタス、きゅうりが入っているではありませんか!

まあその他にもたくさんあったんですけどね。

多少カリウムが多く入ってきても、腎臓がちゃんと排出してくれるはず。

カリウムはナトリウムを排出するのに必要。

う~ん、どうしたもんかの~。





はっ‼

フードの中にはカリウムも入っているんだから、その上にカリウム盛っちゃってるんじゃないの?

というわけで、次の血液検査までトッピングをやめてみることに。

そうしましたらね、見事 5・0に下がりました~♪

更に昨日の検査では 4・9!





トッピングのせいだったのか夏の暑さのせいだったのか

結局のところよくわからなかったのですが、まあ良しとなりました。

今後もちょいちょい監視は必要ですけどね。

あのまま高くなっていったら、バディと同じ心臓のお薬を考えないといけなかったかも…なのです。

良かった。 良かった。





にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ 実は経過観察が必要なのはこれだけではないのです~~!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イボ星人 | トップ | 躾、まちがえました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む