コトバヲツグムモノ

「口を噤む」のか「言葉を紡ぐ」のか…さてどちらの転がっていくのか、リスタートしてみましょう。

親子コミュニケーションのちょっとした心がけ 24

2008-08-29 01:05:27 | 親子コミュニケーション

今日は軽~く。

先日、お世話になっている保育園の先生が出産された事を聞いた。
ちょっと予定より遅れたようだが、その分しっかりと育って出てきたようだ。

その先生は、とにかく笑顔が素敵だ。
元来の性格もあるのかもしれないが、いつも笑顔を絶やさない。
もちろん、保育士という仕事なので、仕事として常に子どもに笑顔で接する意識はされているのだろう。
しかし、やはり無理して笑顔を作っている先生と、自然な笑顔とでは差がある気がする。

とはいえ、たとえ腹の中でどういう思いであろうが、笑顔で接してもらうと嬉しいものだ。
それはきっと子どもにとっても同じことだろう。

某ファーストフードメニューに「スマイル 0円」というのがある(今もあるかどうかは知らない)
そう、私が笑顔でいるのにお金は要らない。

子どもと接するとき、笑顔でいてやりたい。
もちろん、常にそうあるのは至難の技だが、忘れていると思い出したとき、その瞬間から始めればいい。

Keep On Smilin'

親子コミュニケーション 23 「子どもの話したいこと」
親子コミュニケーション 22 「聞いてもらえる体制作り」
親子コミュニケーション 21 「私メッセージ」
親子コミュニケーション 20 「11~19のまとめ」
親子コミュニケーション 10 「1~9のまとめ」

『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人事ではない…の本当の意味 | トップ | 「わたし」メッセージの大事さ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL