21世紀新訳・仏教経典(抄)

西川隆範編訳・桝田英伸監修

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自己について-法句経  その10

2010-12-26 20:32:03 | 経典
「世の汚れ」より (あなたは、やがて死王の支配下に入ろうとしている。) だからこそ、自分の拠りどころを築き上げなければならない。 今すぐに努力を始めなければならない。賢明でなければならない。 汚れを払い、罪を離れて、天の聖地へと至るがよい。 鉄から生じた錆は、鉄から出たものなのに、鉄そのものを損なう。 それと同じように、悪をなしたならば 自分の〈業(行為)〉がその罪人自身を“悪い所(地獄)” . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その9

2010-12-19 20:48:20 | 経典
「怒り」より 〈怒り〉を捨てよ。〈高慢さ〉を離れよ。 “あらゆる束縛”に打ち勝つがよい。 〈名と姿(それぞれの存在の区別)〉に振り回されることなく、“なにも所有しない者”となったならば、 もはや〈苦悩〉に追い回されることはない。 〈決して怒らないこと〉によって、〈怒り〉に打ち勝つがよい。 〈善いおこない〉によって、〈悪いおこない〉に打ち勝つがよい。 〈分かち与える心〉によって、〈物惜しみする . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その8

2010-12-12 20:38:43 | 経典
「喜び」より 恨みを抱き合う人々のなかにあって、我々(出家者)は恨まずに生きていこう。 憎しみを抱き合う人々のなかにあって、我々は憎まずに暮らしていこう。 我々はただ一つのとらわれをも所有しない。 〈大いなる喜び〉のなかに生きる。 “語ることばが光となり、喜びの想いを食事とするという〈光音天の神々〉”のように、 我々も“喜びを食する者”となろうではないか。 “打ち負かして得る勝利”からは . . . 本文を読む
コメント

成道会について

2010-12-08 09:20:52 | お知らせ
今日は成道会(じょうどうえ)です! そう、 お釈迦様のお覚りになられた日 ですね。 (くわしくは、既にこのブログで紹介していますね。 釈迦の悟り-律蔵・阿含経  ~菩提樹の下で) とっても、おめでたい日! なんてったって、 「仏教の始まった日」 なんですから。 これを、 “輪廻を繰り返しながら最終的な存在として仏となられた神霊存在の歴史” として捉えれば、 つまりは 「無事、娑婆世界に仏が . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その7

2010-12-05 20:24:24 | 経典
「この世」より “この世は泡沫(うたかた)のようだ”と見なしなさい。 “この世は陽炎(かげろう)のようだ”と見なしなさい。 このように、この世を見つめる人のことを 〈死者の王ヤマ〉は見ることができないのだ。 〈施しの心〉がない者は、神々の世界へと赴くことはない。 愚かな者たちは、人々に分かち与えることをよしとしない。 しかし心ある人は分かち合うことを喜ぶので、のちの世で幸福になることができる . . . 本文を読む
コメント