21世紀新訳・仏教経典(抄)

西川隆範編訳・桝田英伸監修

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自己について-法句経  その6

2010-11-28 19:53:39 | 経典
「自分」より 自分を愛しいものと知るなら、丁寧に自己を守らなければならない。 賢者ならば、夜の三分の一だけでも、慎んで目覚めていなくてはならない。 まず自分を正しくととのえ、それから他人を教え導くようにすべきである。 そのようにする賢明な人は、わずらい悩むことがない。 自己こそ自分の主人である。一体ほかの誰が、自分の主人となりうるというのか。 自己をよくととのえたならば、得がたい主人を得 . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その5

2010-11-21 20:59:53 | 経典
「暴力」より 生きとし生ける者はみな、幸せを求めている。自分の幸せを求めるために暴力で生きものを害する者は、のちの世で幸せを得られない。 . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その4

2010-11-14 19:07:47 | 経典
「千よりも、百よりも」より 愚かさに迷い、心乱れている人が百年生きるよりも、 智慧があって思いの静かな人が一日生きる方がすぐれている。 . . . 本文を読む
コメント

自己について-法句経  その3

2010-11-07 19:57:23 | 経典
「賢者」より 運河を作る人は水を導くことを考え、矢を作る人は曲がった矢を矯めて真っ直ぐにし、大工は木を良い木材へと整える。 同様に、賢者は自己を導き、真っ直ぐにして整えるのだ。 . . . 本文を読む
コメント