21世紀新訳・仏教経典(抄)

西川隆範編訳・桝田英伸監修

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この世の由来-世記経  ~人類の降臨 その1

2013-07-09 05:16:31 | 経典
仏陀は比丘たちに語り始める。
 
「〈光音天の下までの世界〉を焼き尽くす〈火災〉もついに終わり
〈失われた世界の天地〉がふたたび生成されようとしていたとき、
“とある生きもの”が
〈光音天〉での“幸せ”が尽き
“おこない”が尽き
“命”が尽きて、
〈光音天のひとつ下に新しく生まれたばかりの天国・空梵處(大梵天)〉に生まれた。

彼はこの世界の美しさに心を奪われ
“執着の心”を起こして、

 -ほかの者たちとともに、ここに生まれたいものだ。

と願ったのだった。
 

やがてほかの者たちも
“光音天での身体”が壊れ
“命”が尽きて
〈空梵處〉へと生まれた。


すると
先に〈空梵處〉に生まれた“彼の者”がこう告げた。

「私こそが〈空梵処の王〉だ。
〈大梵天王〉なのだ。
なぜなら私は
“おのずと存在している”のであり
“私を創造した者などいない”のだから。

私は
“この〈梵天以下の千の世界〉を自在に善くすることのできる者”であり
“万物を豊かに生み出すことのできる者”だ。
私は
“あらゆる生きものたちの父であり、母である”のだ」


あとから来た者たちはこう思った。

―あのお方こそが〈空梵処の王〉だ。
〈大梵天王〉なのだ。
あのお方は
“おのずと存在している”のであり
“私を創造した者などいない”のだから。

あのお方は
“この〈梵天以下の千の世界〉を自在に善くすることのできる者”であり
“万物を豊かに生み出すことのできる者”なのだ。
あのお方は
“あらゆる生きものたちの父であり、母である”のだ。
私たちは
あのお方にこそ従うべきだ―

と。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この世の由来-世記経  ~... | トップ | この世の由来-世記経  ~... »

コメントを投稿

経典」カテゴリの最新記事