乳がんさんこんにちは

四十路主婦、乳がんと向かい合う日々を綴ります。

食生活を変える

2017-07-15 18:01:27 | 日記
ガン体質を改善する上で欠かせない事として、食生活の見直しがあります。

今までも普通に健康的な食事を心がけていたつもりですが、更に努力が必要ということで…
たまに食べていたジャンクフードともお別れかな。



色々な本を読んで玄米菜食も考えましたが、もともと体力のない私がやると体質改善の前にバテてしまいそうな気がしてやる前に断念しました


『「がん」では死なない「がん患者」(東口高志 著)』によると、がん患者の多くはがんで亡くなるのではなく、栄養障害から免疫力が低下し、感染症によって亡くなってしまうとのこと。


体を弱らせない様に栄養バランスを考えた食事を摂り、更にサプリメントをプラスするという方法が私には合ってる様に思いました





「ガンは栄養療法で治る (パトリック・クイリン著)」
では、具体的にどういう食事やサプリメントを摂れば良いのかが細かく書かれており大変勉強になります。

ものすごい情報量で食生活のバイブルになり得る良い本なのに、絶版で手に入りにくいのが残念



今日はこの本のp.136「最適な栄養への簡便な方法」より一部をご紹介します




・その食物の自然な状態にできるだけ近い姿で食べる。


・偏らず色んな種類の食べ物を食べる。


・少量の食事を回数多く食べる。


・脂肪、砂糖、塩、コレステロール、カフェイン、アルコール、食品添加物などの多いもの、加工済みの弁当などは不健康な食べ物なので、できるだけ摂らないようにする。


・生命を与えるような食べ物をできるだけ多く摂る。生野菜、全粒の穀物、豆類、果物、脂肪の少ない肉(七面鳥、魚、鶏肉)、それにきれいな水などを多く摂る。
低脂肪の乳酪製品、とくにヨーグルトは牛乳アレルギーや乳糖に不耐性でない人にはいい食品である。


・体重の量ではなくその質を重視する。
カロリー摂取を消費カロリーとバランスが取れるようにすれば、体脂肪の比率もよくなる。


・たんぱく質は十分に摂る。
体重1kgあたり1〜2gのたんぱく質を摂るようにする。体重60kgの人なら1日60〜120gのたんぱく質を摂ることが、免疫機能を健全に働かせるのに必要である。
たんぱく質の過剰には副作用があるが、たんぱく質不足はガン患者には危険なものである。


・サプリメントを加える。
いい食品の代わりにサプリメントをというのではない。いい食品に加えてサプリメントを補うのだ。
栄養はフォークとスプーンで摂る。最適な栄養を摂るために、錠剤や粉末に過大な期待をかけてはいけない。
サプリメントはビタミン、ミネラルといった微量栄養素を補うが、これによって食物から摂る大量栄養素のでんぷん質、脂肪、たんぱく質、繊維、水のより大きな影響力を逆転できるものではない。
ガンとの戦いで一番重要なのは、やはり食べ物である。


・食品店の周囲のものを買う。
食品店の周囲に新鮮な果物や野菜、パン、魚、鶏、乳酪製品などがある。
食品店の暗い内部に入って行くにつれて、並んでいる食品の栄養的な質は低下し、値段は高くなっているものである。


・腐ったり芽を出さないものは買わない。
店頭で百万年も腐らないようなものは、体に栄養を与えるものではない。


・皿が洗いやすいような食べ物を。
消化しにくかったり、健康的でない食べ物は、皿やポットを汚して洗いにくいものである。擬乳、たとえばチーズフォンデュみたいなものは後で皿がなかなかきれいに洗いにくいが、これは胃にとってもやはり同じように消化しにくいものである。
油で揚げたもの、油っこいもの、こげた食べ物などもやはり同様である。












皆さんが幸せでありますように
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめんね 乳がんさん | トップ | 何でもないようなこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。