QT Lab.品質・技術研究室

技術者のための品質工学、品質管理、統計学、機械設計、信号処理を
解説します。

なにか、甘酸っぱい思い出

2017-04-20 21:07:17 | 日々徒然

じいさんになってしまった今、急に懐かしい思い出がッ!

2回まえのブログで、小学校に入る前から、よく映画館に通っていたことを
書きました。

当時、近所に何人かの友達がいました。
その子達ともいっしょに映画館にいきました。

そのなかに、大●●美子ちゃんという一歳年下の(すごい)美少女がいました。

『ガメラ』、『大魔神』、『ワタリ』、『ガメラ対バルゴン』、『大魔神怒る』、
『大魔神の逆襲』など大映系の映画を、よく一緒に見に行きました。
(東宝の『ゴジラ』系は男の子と一緒に行くことが多かったです)

1965年から1966年のころです。

『ガメラ』を一緒に見たとき、映画が始まるとすぐ、彼女、
「えぇ!白黒っ!」と、目を丸くして私のほうを見たのを今でも
おぼえています。

また、『ガメラ対バルゴン』でバルゴンが放射する虹色光線を
「きれいぃぃ!」といっていたことも・・・

どの映画かは覚えていませんが、はじめてふたりだけ(小学2年と1年)で
観に行ったとき(人生初デート)、予告編で『黄金の盗賊』という映画がながれました。

最近亡くなった松方弘樹さん主演の映画です。その予告編が、
けっこう、グロくて、●美子ちゃんは、私にしがみついてきました。

「大丈夫だよ、怖くないよ」といっても、予告編が終わるまで、
ずっとしがみついて(いてくれました)いました。

大●●美子ちゃん、今、どうしているのかなぁ?

彼女の弟(私の3つ下)とも仲がよかったのですが、彼は、高校1年の夏、
甲子園に出場しています。ショートレギュラー(全国レベルで抜群の守備といわれた)
でした。彼もどうしているのかな?

大●●美子ちゃんに対しては、かわいいなぁ(しかもとっても)という感情だけで
初恋のひと、という印象ではないのですが ・・・


これこそ、甘酸っぱい感情というものなのでしょうか。

いい年して!じじぃの分際で、きもいなぁ、と思われるかもしれませんが。
思い出してしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 才能がある人の才能とは | トップ | 無題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2017/04/25 (ガメラ医師のBlog)
 本日五本目の更新です。 一本目「 アグレッサー・ガメラ /04/25 」はこちら。 二本目「 等身大ガメラだらけ /04/25 」にはこちらから。 三本目「 ゲーム情報 /04/25 」は、こちらより......