Buddaの目指せ不労所得

最悪の状況から2008年を迎え、更に負けまくって2009年いや2010年に入った、Buddaの競馬&投資日記です(^^ゞ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NY (20101006)

2010-10-07 06:16:59 | 225パターン
◆ダウ平均:10967.65 +22.93 +0.21 %
◆NASDAQ:2380.66 -19.17 -0.80 %
◆S&P500:1159.97 -0.78 -0.07 %

「米国株式相場はまちまち。ダウ平均は続伸するも、IMFの見通しや米9月ADP全国雇用者数の結果が重しとなった。
 ダウ平均は買いが先行し、一時29.44ドル高の10974.16ドルまで上昇した。ただ、IMFが米国の2010年と2011年の成長率見通しを引き下げたほか、9月ADP全国雇用者数の結果が予想を下回ったことが重しとなり、伸び悩む動きに。前日終値を挟んで上下する推移を続けた。一方、NASDAQは反落。モルガン・スタンレーがアジアからの受注が減速しているとの見方を理由に、一部半導体企業の投資判断を引き下げたことが嫌気された。
 素材セクターは堅調。NY金先物価格が連日で史上最高値を更新している動きに連れた。また、エネルギーセクターも上昇。NY原油価格が戻り高値を更新した動きが追い風となった。
 個別では6−8月期決算を発表したモンサントは堅調。一方、アップルはモトローラが特許侵害で「iPad」の販売禁止を求めたことが嫌気される場面がみられるも、ベライゾンから11年1−3月に「iPhone」が販売されるとウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたことを受け小幅高となった。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先週の結果分析サマリー1004(2) | トップ | 7日のイベントスケジュール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。