ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

中秋の名月が雲と遊んだ二十二分間のショー

2016-09-15 20:19:53 | 草花
水泳界で今度のオリンピック代表になった女子選手の中に今井月という選手がいました。
今年16歳になったばかりで、期待度の高い選手でしたが、メダルには届きませんでした。
この選手の名前の「月」は「るな」と読むそうです。

ところで「LUNA」はラテン語、スペイン語、イタリア語、英語などで月の女神、または月そのものを指すそうです。

十五夜の今日、新しく最大野党の代表になった女性は果たして党勢立て直しの「女神様」になれるのでしょうか。

今宵は中秋の名月であり、明るいうちから月の出を期待していましたが、あいにく東の空は雲が厚くて、名月観賞を諦めていました。
しかし、夕食中に天気予報で「中秋の名月が見え始めた・・・」と言っていたので扉を開けてみると、雲間に月が見え隠れしていました。

早々に夕食を切り上げて、カメラを持って二階に上がり、東の雨戸を開けて名月を眺めていました。
写真を撮ったりしながら費やした時間はたった22分間だけのことでしたが、雲間にあった月が、雲から離れて無碍の空間に出るまでの間をレポートします。

18時45分 ↓

見た始めはごく薄い雲の向こう側を南に泳いでいきます。



18時46分 ↓

雲がかかり始めました。これからしばらくの間は雲と盛んに戯れていきます。


18時47分 ↓




18時56分 ↓




18時59分 ↓

雲とのかくれんぼは最終局面となっています。


19時04分 ↓

雲の塊の隙間に出ました。そしてすぐに薄い雲の中を移動していきます。



19時06分 ↓

飛行機雲を横切って進みます。


19時07分 ↓

そしてこれから後は雲の無い大空を泳いでいきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/10日 夏の名残の花たちと... | トップ | 久しぶりに付近を歩いてきま... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2016-09-16 07:30:52
そちらでは十五夜が見られたのですね。東京は雲が厚く雨が時々降ったりして結局見られませんでした。せめて来月の十三夜の月を綺麗な空で見たいものです。こちらの写真で中秋の名月を拝見しましたので、片見月にはならないですね。
多摩ニュータウンの住人様へ (ぶちょうほう)
2016-09-16 08:24:55
多摩ニュータウンの住人様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
三河でも明るいうちは雲が厚くて、月見を諦めていましたが、暗くなってからは雲が途切れ始めてきて、19時を過ぎたあたりから、全体像が見え始め、それは夜中まで続いたようです。
21時過ぎにも中天で煌々と輝いていました。
御地では生憎だったようですが、次の十三夜ではきれいな月がみられるとよいですね。
名月 (かなこ)
2016-09-16 09:10:57
ぶちょうほぷさんおはようございます。
そちらでは名月が観られたのですね。
今朝ニュースで中国の満月の写真を観たのみでした。

見事な天体ショーでしたね。拍手です。
雲あり飛行機雲に横切られたり見応えありました。
満月やああ満月や満月やでした。

昨日は前日の畑仕事に朝から木をカットし午後は卓球だったのでお疲れ小町にて何もしませんでした。
今朝は元気になりました。
十五夜 (ノンコ)
2016-09-16 10:45:02
綺麗に見えましたね~
こちらは一日曇りだったんであきらめていましたが、寝る前に窓からのぞいたら、うす雲の陰に見えたので友人に電話!

夜中に目覚めた折、覗いたら高いところに雲一つない
名月! 今朝の天気予報で東京も3時まで見えていたといってました。
かなこ様へ (ぶちょうほう)
2016-09-16 11:06:19
かなこ様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
御地ではあいにくの空模様だったのですか?
でも中国地方ではちゃんと見られたのでしょうか。
昨日の天気は全国的に微妙だったようですね。

今年は中京圏には不思議と雨が少なくて、たくさん来襲した台風も、この地方だけは避けて通ったように感じていました。
そんな傾向は十五夜でも現れたようで、これは良いほうの効果でした。

それにしても始めのうちは雲が多くて、やきもきさせられました。
しかし、最後の写真を撮った後は、月は雲の無い空間を悠々と泳いでいきました。

庭仕事は意外と重労働ですね。
立ち木を切ってもそれを庭の中で燃やすことが出来ず、生ごみとして出さないといけなくなり、却ってそのための手間がかかるようになってしまいましたね。

御趣味の卓球も、庭仕事で使った筋肉のコリをまんべんなくもみほぐすのに役に立ちそうですね。
ノンコ様へ (ぶちょうほう)
2016-09-16 11:20:23
ノンコ様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
中京圏では幸いなことに、日没後に徐々に雲が切れてきて、19時頃より、ちゃんとした姿の満月を見ることが出来ました。
お陰様で、中秋の名月を心行くまで観賞することが出来ました。

御地でもヴェールのかかった名月でも、それを観賞出来て良かったですね。
そして、やはり夜半過ぎからは雲の無いところでの満月を見られたようでこれは嬉しいことでしたでしょうね。

埼玉県の熊谷市在住時に、この名月の時に限り、お供え物を盗んでも良い・・・・という風習があったことを懐かしく思い出します。
子供の夜遊びが許された数少ない晩でしたね。
名月 ()
2016-09-17 21:38:33
ネットは便利ですね。
こちら地方では雲が多くてはっきりとは見えませんでしたがこうやって綺麗なお月様を見せて頂けるのですから有り難いですね。
おまけに闇夜の飛行機雲まで月をバックに見えるのですから素晴らしいですね。
ちょっと無粋なバギーが綺麗な砂浜を御邪魔虫した感が有りますが、これもご愛嬌でレアケースで珍しいですね。
燦様へ (ぶちょうほう)
2016-09-18 08:22:45
燦様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
細長い日本列島のことですから、どこかで見られるものですね。
毎回、他所のどこかの条件の良いところのものを拝ませていただいてきましたが、それが今回は運よく我が地方で景色を提供できるようになってしまいました。
中秋の名月は19時07分以降はずっと雲のない空間で輝き続けていました。

飛行機雲は全く偶然の産物でしたが、中部国際空港、小牧空港、自衛隊の浜松基地などがある所為なのでしょうか、飛行機の姿だけはよく見かけます。

飛行機雲の軌跡はなるほどバギーの”ゲソ痕”にも見えますね。
上尾の住人 (古希を過ぎたジージ)
2016-09-20 11:14:50
先日は ずうずうしくも カメラの件を伺いましたが、丁寧に教えて頂いてありがとうございました。
私は 携帯用のカメラと小型のミラーレス・カメラとEOS・KISSのカメラを持っていますが 最近はEOSはほとんど使わず、もっぱらミラーレスと携帯用しか使っていません。
ぶちょうほうさんのブログの写真が良く撮れていたので伺った次第です。
しかし私にとっては宝の持ち腐れになりそうです。
今後もぶちょうほうさんの写真を期待しております。
古希を過ぎたジージ様へ (ぶちょうほう)
2016-10-08 14:31:31
上尾の住人様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
つい一時間ほど前に台風が北隣の豊田市を通過していった模様で、小生の住む刈谷市では朝から雨が降ったりやんだりしている中で、ごくたまに激しく降ったりしていました。
今は台風の揺り戻しなのでしょうか、横殴りの風に雨を伴っていて、窓ガラスが濡れています。
台風はこれから御地方の方に行きそうですが、お気を付けください。

カメラの件はどのメーカーのものも、それぞれ優れた機能を持っていますが、その中でもキャノンは一番の売れ筋なのではないでしょうか。
小生の場合は昔からニコンでしたので途中から乗り換えることが出来ませんでした。

ミラーレスは機体が軽くなるのでしょうね。
そのことは山に持って行く身にとってはとても魅力的なのですが、いつ山歩きを終了しようかという局面にある小生にとっては、もはや食指を動かすことは却下されてしまいます。
山の道具も相当時代遅れになり、古びていますが、これも上のような事情で更新するのに躊躇しています。

これからはスケールを小さく・狭くして、少しは時間をかけて写真を撮るようにしないといけないな・・・なんてことも考えています。

コメントを投稿