ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

7/21日 木曽御嶽黒沢道 その4:九合目を過ぎて、今回の最高地点、二ノ池の上部まで行きます。

2017-07-27 07:05:43 | 草花
朝早く出たのが幸いして、森林限界から上の、日を遮るものの無いところを歩いても、灼け付くような暑さは感じないで歩いていられます。
もっとも時刻はまだ午前8時頃ですので、平地の酷暑の時期でもこの時間はまだ凌げますね。

九合目、九合五杓の山小屋を過ぎると広い山頂部の一角に乗り上げます。
今山行では二ノ池を見下ろせる場所で、日除けをしながら休憩して、下山することになっています。

行く手 ↓

午前7時3分。これからハイマツ帯とも分かれて、岩石ガラガラの道をひたすら上ることになります。



ヘリ ↓

午前7時6分。下の方から強いエンジン音が聞こえてきました。ヘリで荷揚げをしているようです。
この後何度もこの姿を見ることになりました。



霊神様 ↓

午前7時12分。登山道わきにはまだこういうものが出て来ます。



行く手 ↓

ハイマツの背丈もこんなに低くなってしまいました。今のうちは天気が安定しているから良いのですが、これで雷に出逢ったら大変ですね。
目指す山小屋はまだ小さく見えます。



九合目を見上げる ↓

午前7時41分。 霊神様のところから30分近く歩いていますので、山小屋も幾分かは近づいてきています。



岩が碑 ↓

今までの石碑とは一味違い、岩をそのまま使っています。
午前7時43分。



トイレの案内 ↓

こんな岩ゴロの道にトイレの案内が出ています。どんな施設かは確かめませんでしたが、これは有り難いですね。



九合目石室山荘 ↓

午前7時55分。 九合目の山小屋が眼前に来ました。八合目の女人堂を出てから、ここまで1時間15分も掛かっています。 この区間が一番キツく感じるところではないでしょうか。
小屋では屋根に布団を干し始めていました。



火山灰 ↓

これは噴火大災害時の名残でしょうね。



九合5杓を見上げる ↓

午前8時6分。 次の目標を九合五杓にして、見上げて気合いを入れ直します。



九合五杓の小屋 ↓

午前8時11分。 九合五杓の小屋には割合あっさりとつきました。以前は「覚明堂」として営業していましたが、噴火災害以後営業を取りやめたと思います。



九合五杓の霊所 ↓

ここでも霊所があります。登山道はその間を行きます。



山頂を案内 ↓

午前8時16分。 「頂上小屋迄 30分位」と書かれたのでしょうか。現在は立ち入り禁止区域ですので行けないのが残念です。




山頂(剣ヶ峰)への分岐点 ↓



午前8時18分。 剣ヶ峰への分岐点は立ち入り禁止措置が執られています。



二ノ池上部への道 ↓



やむを得ず二ノ池の上部に出る道を歩きます。 空の際を歩いている実感がわき上がります。



二ノ池を見下ろす ↓

午前8時27分。 二ノ池の上部に着きました。今回はここを限度として引き返すことにします。
正面に摩利支天山が見え、手前に地震観測施設でしょうか、そこに小規模の日陰があるので、そこに身を寄せることにしました。そこで休憩を取り、下山準備をします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/21日 木曽御嶽黒沢道 そ... | トップ | 7/21日 木曽御嶽黒沢道 そ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二の池 (山ちゃん)
2017-07-27 09:14:57
ぶちょうほうさん、こんにちは!
女人堂からの登りが、前方に小屋が見えているのに中々進まず一番きついですね。
石室山荘は布団を干しているほど客があるんですね。「覚明堂」の休業はやむを得ないでしょうね。
それにしても、二の池が火山灰で埋まったのか?昨年よりも小さく見えますね。新館の方が見えていませんが、クモマグサはどうなっているのでしょうね?
山ちゃん様へ (ぶちょうほう)
2017-07-27 09:35:21
山ちゃん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
この黒沢道では8合目から9合目、9合5杓の小屋までの登りが、一番の正念場ですね。
この区間が一番きつく感じるところだと再認識しました。
石室山荘では布団干しをしていて、屋根の色が布団色になっていました。

覚明堂は噴火当時は女性経営だったようですが、罹災後に廃業を決めたようですね。

二ノ池は確かに貯水量が少なくなったように感じました。
去年もそうでしたが、あそこまで下って行く気持ちは起きませんでした。
クモマグサの咲いていたあたりも、立入れるか微妙でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。