ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

回想の山路 1992年7/11~7/12日 北岳で見たキタダケソウ、ミヤマハナシノブ、アツモリソウ、キバナアツモリソウなど。

2017-01-25 16:48:05 | 草花
南アルプスの北岳には5度行っていますが、1992年の(未だ梅雨が明けていなかった時だと思いますが)、この時は3度目で、ここにだけ咲くキタダケソウを見ようと思って入りました。
歩き始めは生憎の雨で、傘を差して山道を歩きました。
その雨は標高2800メートル付近までずっと降っていたように記憶しています。
翌日も、雨こそ降りませんでしたが、たいして良い天気ではなくて、山岳景観の点では満足できるものではありませんでした。
しかし、狙っていたキタダケソウには逢うことが出来、その他の希少ランにも運よく出逢えて、とても得難い経験のできた山行となりました。

実行図 ↓


鳥瞰図 ↓


断面図 ↓




広河原の吊り橋 ↓

野呂川に架かるこの吊り橋を渡って北岳に取付きます。



ミヤマハナシノブ ↓





ミヤマハナシノブは北岳を代表する(高山)植物ですが、この植物の分布域は狭くて、北アルプスの後立山連峰清水岳(しょうずだけ)および南アルプス(北岳、鳳凰山)のみに隔離分布するものだそうです。
澄んだ青い色が美しいですね。



ガスが立ち篭める ↓

往きは大樺沢を使わずに、白根御池小屋から稜線まで600mほどを一気に上がっていきます。
その間に植物相はどんどん高山モードになって来ます。
雨が落ちてこなくなりましたが、今度はガスが立ち篭めています。



残雪を越えて ↓

雪が残っていますが、そこにもガスが居ついています。



北岳の肩 ↓

今宵の宿を乞う北岳の肩に着きました。小屋で宿泊の手続きをした後、北岳の山頂に向かいます。



北岳の山頂間近 ↓

北岳の山頂は、大きな岩山といった感じです。



北岳山頂 ↓

日本で二番目に高い山ということですので、やはり人を惹きつける魅力がありますね。
この後、キタダケソウを見るために、稜線の南側に下りて行きます。



間ノ岳方面 ↓

雨がやんでも雲(やガス)は切れずに、僅かに切れ間からは間ノ岳方面への眺めが得られました。



キタダケソウ ↓







キタダケソウは北岳山荘へ向かうトラバース道の脇で、狭い場所にて咲いていました。
この花の姿を見たくてここに来ましたので、相当拘り、翌朝も見に来ています。



北岳肩の小屋 ↓

一晩お世話になった小屋を、北岳頂上の往復の際に上から撮りました。



残雪 ↓

下山は”草すべり”というところを使って大樺沢に向かって600mほどのいっき下りとなります。



ハクサンチドリ ↓

早くも咲き出したハクサンチドリを見ていきます。



アツモリソウ ↓





登山者が一人、写真を撮っていましたので、近づくとこの花でした。
アツモリソウを見たのはこの時が初めてのことでした。



キバナノアツモリソウ ↓





大樺沢に沿って下る中で、ちょっと閃いて分岐した道に入りました。
するとそこで、キバナノアツモリソウと出遭うことが出来、大喜びとなりました。



大樺沢の残雪 ↓

また雪渓に戻り、ここでアイゼンを装着して、雪の上を下ることにしました。





ノビネチドリ ↓

雪渓が終わり、大樺沢沿いの石の多い道を下って行きます。
久しぶりでノビネチドリを愛でることが出来ました。



吊り橋に戻る ↓

出発地点に近づきました。



振り返る”山と渓谷” ↓

お世話になった山と大樺沢を振り返ります。
大樺沢上部の雪は見えていますが、北岳の山頂部分は雲に隠されています。
未だ梅雨は明けていなかったのでしょうね。



農鳥岳 ↓

帰りの車の中から農鳥岳が見えてきたので、車を止めて写真を撮りました。
この山行では貴重な山岳景観となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回想の山路 1992年9/12~9/1... | トップ | 1/26日 久しぶりに良い日の... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高山植物 (こりん)
2017-01-25 22:25:43
こんばんはぶちょうほう様
沢山の山野草の花に出会えましたね。
最高の季節だったのでしょう。展望があれば最高ですが、なかなか上手くはいきませんね。
これ以外にも花が多く歩くのも撮影に忙しくゆっくりになったでしょうか。
ビデオですがカメラも持って行ったのでしょうか?
アルバムを見て懐かしく記憶を辿っているのでしょう。
こりん様へ (ぶちょうほう)
2017-01-26 08:47:18
こりん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
北岳は高山植物の多いところですが、まだ雪が残っていたりして、高山帯においては山肌は夏の前という感じで、高山植物が咲きそろうのはもうすこしだけ後のようでしたが、亜高山帯では早い花が咲いてきていました。

この時は梅雨明け前だったと思いますので、晴天ではないのは織り込み済みの筈ですが、やはり天気が良くないと、気分爽快というわけにはいきませんね。

ビデオカメラを持ち歩くときは普通のカメラは持てませんでした。
この頃ですと銀塩フィルムカメラでしたが、それを持ち歩くことはありませんでした。
どちらかに絞らないととても対応しきれないと感じました。
希少な花 (山ちゃん)
2017-01-27 09:39:21
ぶちょうほうさん、こんにちは!
キタダケソウ、いい花姿をしていますね。梅雨の頃に咲くので未だに実物を見た事がありません。やはり、雨を覚悟で出掛けないとダメなようですね。この付近には白花タカネビランジも咲くはずですが、時期がずれていたのでしょうか?
それにもまして、アツモリソウに逢えたとは素晴らしいですね。以前はこのように咲く所もあったのでしょうね。
キバナノアツモリソウのおまけ付きには吃驚仰天です。
山ちゃん様へ (ぶちょうほう)
2017-01-27 10:23:33
山ちゃん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
キタダケソウは梅雨の末期に咲くようですね。
もう一度キタダケソウを見に来たことがありますが、その時は2002年の6月29日のことでした。
残念ながら、6/29日の時にはいくら探しても、アツモリソウもキバナノアツモリソウにも出会えませんでした。
ああいう場所まで、盗りに来る業者がいるのでしょうね。
タカネビランジの白花ですか、本家本元の南アルプスのことですから、白い花も出てくるのでしょうね。
でも花の時期は8月頃ではないでしょうか。

ともかく、大樺沢というところは植物相の豊かなところですね。
残念なのは広河原までマイカーで乗り入れが出来なくなり、そのために行動に随分制約が出来てしまったことですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。