ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

10/13日 恵那山を神坂峠から広河原経由で回遊 8分の8(最終記事):尾根道経由で神坂峠に戻り、神坂遺跡を見学。

2016-10-24 07:01:38 | 草花
恵那山山行シリーズの最後の記事となりました。

山を歩いても往きと復路を同じ道を帰る、いわゆる「ピストン」形式の行跡を、なるたけ採らないようにして、できるだけ周回軌道にするよう拘っています。
その結果、恵那山歩きでも、この周回の他に、前宮ルートを歩く時には黒井沢ルートから回り込んで戻ってくる周回方法も二度やっています。

これをやると、どちらの回り方でも、距離が伸びてしまい、いかに朝を早や発ちしても、家に戻る時間は遅くなってしまいます。

今回も、復路途中の交通渋滞に遭うのが嫌で、山行中にわざわざ寄り道して、時間を遅らせてみたり、到着後に変に入念なストレッチをして現地出発時間を遅らせたりします。
その結果、家に着いたのは午後八時を回っていました。

シリーズ最後のレポートとなります。

蛇峠山 ↓

今歩いてきた恵那山のように頭頂部の広くて丸い山が見えています。あれは恵那山の南東部にある蛇峠山でした。



ガス立ち篭める ↓

あたりにどんどんガスが立ち篭めてきました。このあたりから南アルプスが見えるはずで、それを楽しみにして歩いてきましたので、これはひどく気落ちさせられてしまいました。



横道に入る ↓

気落ちした結果、もう一度来た時に使った稜線の道に登り直し、ガスにどっぷりつかりながら歩こうと思いました。もしも運よくガスが晴れれば、南アルプスがバッチリ!・・・のはずですから。



寄り道 ↓

車道から外れて尾根に登りなおす道・・・・・寄り道を採ります。帰り道の交通渋滞を避けるという思惑もありますので、急ぐことはありません。



ガス ↓

登るにつれて盛大にガスが歓迎してくれます。



笹の道 ↓

朝は露を含んでズボンをびしょびしょにしてくれた笹の葉も、日差しの後の今なら何の心配もありません。



尾根上の小ピーク ↓

ここに着くと朝に使った道と合流します。やはり、ガスは晴れることなくあたりを薄暗く包んでいます。



稜線上のブナの木 ↓

朝、懐中電灯で照らして撮ったブナの木ですが、やはり今回もやや陰鬱な中で見ていきます。



黄葉 ↓

尾根付近の黄葉も、ガスの中で見ると、なかなか趣深いものがあります。



尾根の道

尾根の道もガスをお友達にして気楽に歩きます。



峠着 ↓

峠に戻って来ました。すぐそばに駐車場がありますので、荷物を車に置いてから、その近くにある神坂遺跡を見ておくことにしました。



遺跡へ行く道 ↓

車を駐めた反対側に遺跡があるようです。それもすぐそばというような距離のようです。ゆるい傾斜を登っていきます。



標柱 ↓

すぐにこの標に行きつきました。この場所が移籍の核心部分なのでしょうね。
あたりを散策してみます。



記念となるものを探して…↓




(案内書きを写し替え) ↓

上記のように書いてありました。
なお文中の”滑石「性」”とあるのは小生の写し間違いで”滑石「製」”が正しいのです。



ササユリ ↓

この地で咲くササユリは随分色の濃いものだったように他人様のブログで見た記憶があります。
今度はその花が咲くころに来てみたいものです。



トリカブト ↓

小生を待っていてくれたのは猛毒のあるトリカブト君でした。花を見せてくれるものなら毒があってもなくてもOK牧場です。



車を置いた場所 ↓

峠路の駐車場所に戻ります。



歩行数 ↓

大層な数字になりましたが、このうちの一万歩くらいは、アスファルト舗装の車道歩きですから、そう大したものではありません。でも相当草臥れました。
体力の復活まで、相当道は遠そうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/13日 恵那山を神坂峠から... | トップ | 10/20日 秋の山を歩く 雨生... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2016-10-24 08:07:02
お疲れさまでした。体力は少しずつ回復しているのではないでしょうか。やはりせっかくですから同じ道は通りたくないですよね。ガスが出たのは残念でした。
Unknown (平家蟹)
2016-10-24 09:27:27
体力がまだ十分回復してない中での3万7千歩ですか、凄いですね。
それも平地でなく山登りでしょ、ますます凄い。
私の場合今シーズン3万歩を超えたのは一度だけ、それも花を探しながらゆっくり歩いているし秋吉台では急な道はあまりないしね。
近頃山を登ってないので脚力が落ちているかなと感じてます。
でも登山よりは花を探すのが目的だから単純に山登りでは余計に疲れそうです。

前のコメントですが秋吉台でも野草の8割以上は林道や遊歩道沿いに生えるそうです。
空間があったほうが日当たりが良いだろうし風の流れも必要なのかもしれません。
昆虫にとっても見通しのきく場所のほうが訪問しやすいだろうし結果的に野草にとっても有利かもね。
多摩ニュータウンの住人様へ (ぶちょうほう)
2016-10-24 09:48:20
多摩ニュータウンの住人様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
体力の回復は、筋力に関して言えばまだまだですが、健康度は向上しています。

雨男ですので、ガスで済んだのは上出来だったかもしれません。
周回コースに拘る小生ですが、先日つまらぬピストンをやってしまったばかりなんです。
恵那山 (かなこ)
2016-10-24 09:57:21
ぶちょうほうさん今日は。
ブナ林はその内暖かい地方では消えると効きましたが恵那山でも頑張っていますね。
高縄山でも大木が頑張っています。
1度確かめに行きたいです。

神坂峠は東山道の要衝だったのですね。
余り知らない世界でしたがお勉強になりました。

ササユリ濃い色でしたでしょうか??
田舎では白かった記憶ですが??もう忘れました。

こんな場所にも野生のトリカブトがあったのですね。
ある意味びっくりでした。

37485歩の中東濃地方の空気を吸った気分に成りました。
お疲れ様でした。
そして有難うございました。
平家蟹様へ (ぶちょうほう)
2016-10-24 09:58:53
平家蟹様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
ぐずぐず歩きで、休み休みですから情けない次第です。
今回は最後のところでアスファルト道を一万歩ほど歩いていますので、それを差し引けば大した運動量ではないはずなのですが、疲れをため込んでしまいます。
こういうところが本調子ではない部分ですね。
歳を食べて、さしたる運動もしていないので筋力の衰えは如実に感じています。
今一番欲しいのは筋力と持久力ですね。

植物の生育条件については、山中よりも林道沿いの方がたくさんの種類の植物に出会えるのではないかと常々感じていましたが、やはりそういうことでしたか。
植物にとって日照条件と空気の通りは重要な要素なのでしょうね。
また、その反対の要素を好むものもあるようですが。
かなこ様へ (ぶちょうほう)
2016-10-24 10:12:39
かなこ様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
今朝はお早いお来しですね。
恵那山の今回歩いたところではブナの純林は見なくて、ほかの木に混じって、それもまばらにしか生えてはいなかったようでした。
しかし、まだ知らない場所があるかもしれませんね。

神坂峠がいつごろからどういう使われ方をしたのか、そのあたりについてはあの説明文からはよく判りませんね。
あの峠路は随分遠くて、山深いところですので、たいした隆昌はなかったような気もしました。

ササユリの花ですが、他人様のブログを見た限りでは深い色の花だったような気がしました。しかし、それが特別なものだったかもしれませんね。

トリカブトの咲いていたのは峠路のやや緩やかな斜面で、湿気の保たれやすい環境だったかもしれません。
トリカブトは気温の条件が合えばかなり強いのでしょうか。

恵那山は何度来ても素敵な山です。大好きな山の一つが、我が家からそれほど遠くないところにあり、うれしい限りです。
ササユリ (こりん)
2016-10-24 19:57:04
こんにちは
よく歩きましたね。まだ十分体力ありますよ。

富士見台高原のササユリは、数度見ていますが確かに濃い色でした。
数度とも同じような濃さのものがありましたので、その年が特別では無さそうです。
ぜひ来年見に行きましょう。
神坂神社からが楽しいですよ。(山野草も多い)
こりん様へ (ぶちょうほう)
2016-10-24 21:39:33
こりん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
ここのところ、体力とスピードを著しく低下させていることを自分が一番よく承知してしまっています。
哀しいことですが、人間はそうあるべき方向へ否応なしに向かっているようです。
しかし、余り極端に落ちているので、それだけは挽回しておかないと、”ご先祖様”に申し訳が立ちませんので、鋭意努力中です。

色の濃いササユリはこりんさんのページでインプットされたものでしたか。
毎年同じように咲くとなりますと、食指が働きますね。
でも、御坂神社からですと、恵那山は無理ですね。
大変お疲れさまです (山ちゃん)
2016-10-25 12:02:26
ぶちょうほうさん、こんにちは!
恵那山周回3万7千歩、大変お疲れさまでした。最後に5.5kmもの長~い車道歩きは応えますね。遠出の際は帰路の渋滞が困りますね。早く帰りたい気持ちを優先させがちですが、結果はそんなに変わらない事が多いですね。
山ちゃん様へ (ぶちょうほう)
2016-10-25 12:22:04
山ちゃん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
長い距離をダラダラと歩くのが半ば道楽となってしまいました。
これが一人の時なら、自分だけのことですからそれでも良いのですが、団体行動ですと問題ですね。

この最後の林道歩きは、広い道をたった一人で、好き勝手に歩けるので、疲れていることを除けば、結構ご機嫌な道なのです。
晴れてさえいれば、南アルプスの峰をバッチリ見渡せるスポットもあるのですから・・・・。

帰路の交通渋滞は苦の種ですね。
土日や祝日ですと、その時間帯も拡がりますのでなおさらです。
今回は平日であり、割合すっきりと通行できたように思いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。