ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

10/07日 黒沢口から歩く木曽御嶽 その3:女人堂から九合目を目指して岩尾根を登っていく

2016-10-11 07:26:04 | 草花
女人堂では、ここから三の池の方に迂回する道があり、そちらの方では、向かい合う山斜面のダケカンバ林の黄葉がとても美しく眺められる場所があります。
しかし、今年は黄葉する葉、そのものが強い風で落とされてしまったらしくて、多くを望めそうにありません。
ですから、そちらに行くのは後回しにして、まずは頂上方面を目指して真っ直ぐ登っていくことに決めました。
このルートでは高度を上げるにしたがって、中央アルプス、南アルプスの背後に富士山が見えてくるので、ガスが上がってくるまでにそこまで到達しようということになります。

ここで礼拝 ↓

ここで礼拝を済ましてから歩き出すことにします。



再び歩き始める ↓

時刻は午前6時50分頃ですが、上を目指してまた歩き出します。




ナナカマドの赤い実 ↓

道筋にナナカマドの真っ赤な実を見ます。



岩尾根に取付く ↓

女人堂から南進して小尾根に出るとそこにも霊廟があります。
ここから岩屑の小尾根道を西に進むことになります。



南アルプスの聖岳方面 ↓


カシバードで確認 ↓

雲海に浮かんで中央アルプスがあり、その背後に南アルプスの聖岳の方面が良く見えています。
しかし、どこまでも墨絵の世界ですね。


女人堂を振り返る ↓

女人堂が眼下になりました。



北アルプス ↓


カシバードで確認 ↓

北アルプスの方面も良く見えています。雲海はまだ残っています。



八ヶ岳と経ヶ岳 ↓


カシバードで確認 ↓

尾根の上を登っていきますので、眺望は申し分ありません。八ヶ岳は雲海の向こうでやや距離感があります。



鋸岳と甲斐駒ケ岳 ↓


カシバードで確認 ↓

南アルプスの北部方面を見ますと、茜の空に甲斐駒ヶ岳が綺麗な三角錐を見せています。



北アルプスと鉢盛山 ↓


カシバードで確認 ↓

北アルプスと鉢盛山の位置関係を確認しておきます。
こうして見ていると、鉢盛山にも一度は行ってみたいと思い始めました。



小尾根を歩く ↓

岩屑の小尾根道を登りますが、行く手が見えているので、気が急きがちです。



薬師岳も見える ↓
 

カシバードで確認 ↓

ここから黒部五郎岳も薬師岳も見えていたことは、家に帰ってから写真を拡大して分かったことです。
現地では薬師岳と黒部五郎岳が一つの山体になって見えました。



両側がハイマツの道 ↓

この山行中で一番ハイマツの密度が濃かった場所を歩いていきます。



刀利天 ↓

刀利天とは仏教の世界で須弥山の頂上にある世界のことを指すそうで、帝釈天が住む天だそうです。
いにしえ人は森林限界から上の別天地に身を置いて、そういう信仰心も沸き起こって来たのではないでしょうか。



常念岳方面 ↓


カシバードで確認 ↓

常念岳方面をズームしてみます。
あまり特徴がないのでやや分かりづらさがあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/10日 体育の日:随分涼し... | トップ | 10/07日 黒沢口から歩く木曽... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2016-10-11 07:58:41
木曽御嶽山に登られたのですね。とても良いお天気のようで素晴らしい眺めです。
多摩ニュータウンの住人様へ (ぶちょうほう)
2016-10-11 08:08:36
多摩ニュータウンの住人様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
今回は天候に恵まれて、雨男の小生としては嬉しい誤算でした。
花はありませんでしたが、眺望が良かったので、高山帯の風景を堪能できました。
八ヶ岳から (ぴー)
2016-10-11 18:26:57
こんにちは
この日は本当に良い天気でしたね!
ぴーは天狗 硫黄岳あたりを登っていました。
御嶽がとっても綺麗に見えていました!!
展望 (こりん)
2016-10-11 18:27:48
こんにちは
山並みの展望が凄いですね。
実際に目で見ればもっと素晴らしいのでしょうね。
本当に良い日に登りました。
山が多くてカシミールがないと山名がわかりません。
比べては地図片手に見ています。
ぴーちゃん様へ (ぶちょうほう)
2016-10-11 19:53:10
ぴーちゃん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
7日は良い天気でしたね。こちらからも八ヶ岳方面は良く見えていましたので、そちらからもきっと良く見えたことでしょうね。
同じ日にこりん様も木曽御嶽を近くの山から写していますが、とても良い写真でした。

いまから50年以上前、学生のころ、硫黄岳・赤岳・権現岳を歩いたことがありましたが、ちょうど10月10日だったような気がしました。
山上の稜線から眺めた山麓・山体の黄葉はそれは美しいものでしたね。
こりん様へ (ぶちょうほう)
2016-10-11 20:01:02
こりん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
花がすべて終わっていまい、紅葉も”はかばかしく”はなかったのでで、頼みの綱は山岳景観だけになっています。

そんなことですので、今回は山の写真をたくさん撮りましたが、すべてにおいて証拠写真的な撮り方に終始しました。
もっとも芸術的センスは貧しすぎますので、無理に肩ひじを張る必要もない訳です。

この高さまで上がってきて、天気が良くて、見晴らしに恵まれていることに対して、無上の喜びを感じています。

カシバードのCGで描画したものを縮小して取り込んだ時に山名表示が見づらくなり、その点を申し訳なく思っています。

写真の山体に山の名前を書き込んだ方が良かったですね。反省材料になりました。
山岳展望 (山ちゃん)
2016-10-12 09:40:03
ぶちょうほうさん、こんにちは!
標高が上がるにつれて、展望が広がっていきますね。何よりも、夏に日帰りをした赤石岳が見えているのが懐かしいです。
6日が台風一過でしたが、7日の方が好天だったようですね。こんな日に山を歩いてないとダメですね。
山ちゃん様へ (ぶちょうほう)
2016-10-12 10:34:34
山ちゃん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
ここでは女人堂から上は遮るものが無くなり、登るにつれて、景色が変化していきますので、興味深かったです。
特に富士山の出現の仕方がお待たせ気味で、面白いですね。

ところで御身の赤石岳登行は凄いことでしたね。

台風一過の天気は7日の方が良かったのでしたか、小生はてっきり6日の方が良かったに違いないと思い込んでいて、一日遅かったと残念がっていたくらいなのです。
ですから天気を当てたのはマグレです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。