家族を見つけたい猫ちゃん

保護猫達の家族を探します。
地域猫活動、TNRした猫達、保護猫、我が家猫も紹介します。

大動脈弁狭窄と診断されて・・・

2016年12月20日 | 日記

「餌をやっていたら子猫を産んでしまって・・どうにかしたい」と言う相談は多いです。

今回も、厳しい近所からの苦情を受けて悩んだ方からの相談でした。

ご飯の時間が早朝6時ということで、5時半から待機。黒白猫ちゃんを捕獲し病院に連れて行きました。捕獲と言っても、手でキャリーケースに押し込んだだけですが・・・

手術前の検査で、心電図に異常。血液検査に異常。エコーに異常。

麻酔をかけずに中断。大動脈弁狭窄があることがわかりました。

避妊手術出来ず、出産もハイリスクとなります。

授乳をやめ、療法食にし、薬を飲むことで心臓以外は治ります。

とりあえず、期間をおかずの出産は危ないとのことなので、近寄るオス猫を手術することになりそうです。

授乳やめるので、保護した子猫は、我が家でシャ~、フ~、ペッ、プッと騒いでいます。

600gと小さい男の3兄弟です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域猫ネムちゃんの死 | トップ | 肺が一部潰れたコウちゃん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿