ぶちろぐ

わたしによるわたしの飼育日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おばちゃん、ありがとう

2016-12-28 23:35:44 | 単なる日記
喪中はがきを出しましたが、最後の一枚で気づきました。

名前、印刷してなかった・・・




しょっく~~~。


このハガキを受け取られた方、わ・た・し です。
済みません・・。




7月の末だったと思いますが、「大阪のおばちゃん」の具合が大層悪い、と連絡を受け
それから毎週末大阪に行きました。

伯母は、私の最良の相談相手でした。
観察眼がとても鋭い人でした。
そして、いつも人の都合を優先していました。
オーストラリア、カナダ、イタリア旅行に連れて行ってくれました。
イタリアで、「最後の晩餐」を一緒に見たのは本当に良い思い出になりました。
その後、テレビで最後の晩餐が出るたびに
「わたしら、これ、見たでねぇ~!」
と二人で思い出に浸っていました。

人生の節目節目で、実の親のようによくしれくれ、
それでいて、それをひけらかしたり恩着せがましく言うことはみじんも有りませんでした。

大人になった私が、よっしゃ、そろそろ恩返ししちゃろ!と
なんでも持っている(ように見える)伯母に
「おばちゃん、なんかほしいもんない?なんかたべたいもんとか?」
と聞くと
「別にないわ。
 あんたら(私と従姉弟たち)が仲良うしてくれたら、それでええわ」

そういう無私の人でした。


とても悲しかったですが、最後に伯母と病室でしたが二人きりで過ごす時間を与えてもらい
話もいっぱいしました。



このハガキを見た大阪のおばちゃんは
「あんた、賢い子やのに、そないなアホなこともすんねんな~」
とかなんとか言っていることでしょう。
(注 伯母は土佐人ですが、大阪暮らしが長く、自分が話す言葉は大阪弁です)

8月に亡くなったあと、伯母のことをブログに書こう、書こうと思いながら4か月が経ちました。
アホな間違いをして、やって、今年も終わる今、やっと書くことができました。


おばちゃん、ありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おおつごもり茶会 | トップ | 同窓飲み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL